NEW WEB SITE OPEN !

ヴォアラ珈琲の新しいホームページができました。ヴォアラ珈琲が大切にしていることや取り組みをはじめ、珈琲豆の品質へのこだわり、各店舗のご紹介などを掲載しています。
珈琲をご愛飲いただいているみなさまに、より一層、珈琲の魅力や愉しみ方などをからお伝えできればと、「yom.VOILA(読むヴォアラ)」と第したWEBマガジンページを開設しました。 ぜひご覧ください。
※ブックマークしていただいている方は変更もお願いいたします。

[新サイトURL] → https://voila.jp

なお、オンラインショップのURLの変更はありません。引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

[オンラインショップサイトURL] → https://www.umaicoffee.jp

2004/06/29

1988 CAFE SHOZO

投稿者:ヴォアラ

P1030626.JPG今回の勉強会は、千葉で開催された。1988 CAFE SHOZOは、3年前から元、船井総研の岡村さんから見学するようにアドバイスを受けてたので機会があれば行こうと思っていた。http://www.shozo.co.jp/

黒磯へ着くとタクシーで10時オープンのNASU SHOZO CAFEに行く、途中、タクシーの運転手の方が夜になると仙台などからも若者がやってくると話しを聞いて、目的地へ到着、スタッフの愛想の良さ、行き届いた掃除、絞り込んだメニュー、照明とバックミュージックの上手さ、イメージカラー等実に、上手い、そして次は、11時オープンのお店へ移動、気になってた、隣の大家さんにご挨拶して、このような物件を貸す動機や、経緯のお話を聞く、これが実に参考になった。

そして目的のお店に行くと、ラマゾッコが、鎮座していた、ここの店長の奥さんが、アジア食堂籠(黒磯市上厚崎608-33)を運営してるとの事でお昼は、そこでと思ったら、本日は、定休日でした。最後に目的のお店は、2時からなので黒磯の町をブラブラしたらshozoのお店のパーツが、ストックされてるお店など外から見れて楽しかった。真鍮関連の住宅パーツも僕も好きで、25年ぐらい前集めていた、どこかに段ボール一箱ぐらい残っているはず、フランスでもそんなパーツの専門店を偶然見つけたら、日本の有名なインテリアデザイナーが、ごっそり買い物していた事を思い出す。

黒磯は、自家焙煎のお店が、他にもあるけど最近は、異業種の方が、覗いて楽しいので次の機会に行こうと思う、東京に戻り将来ヴォアラ珈琲が、目指す店、上野の うさぎや でどら焼きを購入して帰宅した、持ち帰りのみの販売である。次回は、両国の和菓子の越後屋の水よかんに挑戦しよう。その為に銀の薄いスプーンを準備しましょう。


ご意見
コメントする