NEW WEB SITE OPEN !

ヴォアラ珈琲の新しいホームページができました。ヴォアラ珈琲が大切にしていることや取り組みをはじめ、珈琲豆の品質へのこだわり、各店舗のご紹介などを掲載しています。
珈琲をご愛飲いただいているみなさまに、より一層、珈琲の魅力や愉しみ方などをからお伝えできればと、「yom.VOILA(読むヴォアラ)」と第したWEBマガジンページを開設しました。 ぜひご覧ください。
※ブックマークしていただいている方は変更もお願いいたします。

[新サイトURL] → https://voila.jp

なお、オンラインショップのURLの変更はありません。引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

[オンラインショップサイトURL] → https://www.umaicoffee.jp

2005/12/13

コーヒー多様性の祝祭

投稿者:ヴォアラ

P1100726この写真の右側のヴォチェンツォ・サンダィユ氏の「コーヒー多様性の祝祭」
を教科書にしたスペシャルティコーヒー基礎講座12月7日大阪で受講してきました。3回シリーズで開催されます。学生の頃は、講義は、睡眠薬か子守唄の秘密のノウハウが、あると実体験検証済みでしたが、今回の講義は、常日頃の疑問点や、興味のある事だらけの講義で、疑問点にも直ぐに、答えてくださり、実に解りやすい眠たくならない、講義でした。翻訳された、丸山さんや、監修の林先生に感謝します。珈琲の袋小路に迷い込んでいた私は、日本国内で手に入る本は、ほとんど入手(200冊以上)していますし、海外の本もオールアバウトコーヒー1928年を初め持っていますが、ここ最近のスペシャルティコーヒー関連の本では、素晴らしい内容です。
バリスタ関連の方もこのような、基礎を知ってるか知らないかでは、問題が起こった時の解決方法の考え方で大きく差が開くと思います。そういえば、世界のトップのバリスタ達は、カッピングのセミナーにも積極的に参加しています。今年の世界チャンピオンの指導者も世界チャンピオンになった翌年には、噂では、スペシャルティコーヒーのカッピングのトレーニングの重要性について話していました。ジャパン バリスタ チャンピオンシップ2006の審査員の山田さん(今日からKorean Barista Championshipの審査員でー10度の韓国へ旅立ちました。)もカッピングでも評価するので、意外と大事な事かもしれません。そんなわけで、12月2日は、緊急定休日にしてヴォアラコーヒーのスタッフ全員(バリスタ竹元、パテシィエるみ先生3人)で早朝朝5時に国分駅に集合して新幹線で北九州で行われた第 4 回目となるスペシャルティコーヒーの初級者向けカッピングセミナーに参加してきました。

追伸!「コーヒー多様性の祝祭」は、ヴォアラコーヒーでも販売予定です。20冊確保していますので欲しい方は、
連絡ください。
スペシャルティコーヒー基礎講座は、来年の1月から2月頃に今回参加出来なかった方へ最後?のチャンスとして
開催予定と聞いています。これを受講しないと2回目以降は、受講出来ません。ここからが、日本のスペシャルティコーヒーのスタートだと思います。そして来年の2月頃にSCAJの企画で、この講習会で学んだ事を実際に現地で確認出来るチャンスのニカラグアツァーも開催予定みたいです。今年も行きましたので是非来年も行きます。スタッフの竹元も行く予定ですが、九州バリスタ予選大会と重なりそうなので、現在魔法の練習中?
追伸2、しかし、現在、ボダムジャパンが、コーヒープレスの日本国内の在庫欠品中で、ご迷惑をおかけしていますが、スターバックスさんが、しっかり在庫を持っていますのでこちらでの購入を御勧めします。ヴォアラコーヒーも店頭での在庫のみとなりますので御訪ねください。ハリオさんの商品もフィルターのメッシュサイズ以外は、値値段、材質、金具強度など素晴らしいのですが、こちらも数がまとまらないとボダムサイズのメッシュのオプションは、出来ないそうです、試作が、ヴォアラコーヒーにやってきて検証しましたが、まったく同じでした、3年ぐらい前に、新潟へボダムのメッシュフィルターと同じものの見積もりを頼んだところ作れるそうですが、せっかくなら、世界から注文がくるような、おしゃれなデザイン、サイズ(出来ればボダムの500ccのずんぐりムックリ型が、検証結果が良かった)で制作したいですね。直火式のモカ(エスプレッソ)も検証結果も素晴らしいのでこれから、品揃えしたい商品です。


ご意見
コメントする