2009/12/05

フォコマートで学んだ事、、、

投稿者:ヴォアラ

_1000952
今日、ライカのフォコマート1Cカラーとライカのバロイが次のプリンターマンの所へ嫁ぎました。ココ何年も使用してなかったし、暗室は、数年前に息子の遊び部屋へ取られてしまい、2階の倉庫へ保管していました。暗室作業の為の色々な下準備で多くの事を学び、そのためには、環境を整えるのが、一番ぶれが少なくなり、しかし、ホコリの問題に悩まされた時は、静電気やそのための対策として霧吹きを行ってから行うとホコリも舞い上がらずにストレスが少なくなる事や、被写体が、浮き上がる瞬間の驚きなども体験出来て、ほんと楽しかったですが、デジタルの便利さに慣れると遠のいて行きましたが、デジタルの保存の問題で一瞬で消えたり、復旧の為に30万近くのコストをかけたりと色々学ばせてもらいました。

大事な写真は、フィルムの方が、良いかもしれないと思うこともあり、取りあえず撮影して消しての気軽なデジタル、プロは、消えたら困るので真剣勝負のデジタル、道具をどう使いこなすか、まだまだ私には、見えてきません。もうしばらく試行錯誤して行くと思います。コーヒーの魅力を写真でどう伝えるか?テーマの入り口にも到達していません。ボチボチ考えて行こうと思っています。

今度の嫁ぎ先の吉岡さんは、仕事場には、大型の伸ばし機械も勢揃いしており、貴重なモノを撮影して
次の時代に残して行く仕事をしてる方なので、フォコマートとしては、しゃわせだと思います。
道具は、使われてこそ本望。私は、次の準備の為に、暗室関連を調べてみると日本では、だんだんなくなってきていますが、海外では、まだまだ需要が有るようです。さて次の準備の為に、今回の収穫は、次のプラチナプリンターへ貢がれました。風貌は、ギターのアンプみたいな風貌です。楽しみです。


ご意見
コメントする