NEW WEB SITE OPEN !

ヴォアラ珈琲の新しいホームページができました。ヴォアラ珈琲が大切にしていることや取り組みをはじめ、珈琲豆の品質へのこだわり、各店舗のご紹介などを掲載しています。
珈琲をご愛飲いただいているみなさまに、より一層、珈琲の魅力や愉しみ方などをからお伝えできればと、「yom.VOILA(読むヴォアラ)」と第したWEBマガジンページを開設しました。 ぜひご覧ください。
※ブックマークしていただいている方は変更もお願いいたします。

[新サイトURL] → https://voila.jp

なお、オンラインショップのURLの変更はありません。引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

[オンラインショップサイトURL] → https://www.umaicoffee.jp

2012/04/27

ケニア、ルワンダにコーヒー・ビジネスミッションを派遣

投稿者:ヴォアラ

ジェトロのホームページに書いてありました。
ケニア、ルワンダにコーヒー・ビジネスミッションを派遣-コーヒー豆調達先の多角化を目指す-
ジェトロは、5月30日から6月7日に、東アフリカのコーヒー生産国であるケニアとルワンダを訪問するビジネスミッションを派遣することを決定し、参加企業の募集を4月23日より開始する。対象企業はコーヒーの輸入、焙煎、小売企業等。同ミッションでは、スペシャルティ・コーヒーと呼ばれる高品質豆の栽培農園や加工場を訪れ、コーヒーの生産工程を視察した後、現地輸出企業で試飲を行い、産地ごとの風味特性を体験する。

東アフリカは、コーヒーの栽培に適した地域として知られるが、本ミッションで訪問するケニアは、スペシャルティ・コーヒーの生産国として世界的に認知されている。またルワンダは、コーヒーの国際的品評会「Cup of Excellence」のアフリカ唯一の開催国であり、日本のコーヒー企業は品評会における受賞豆の多くをオークションで落札している。ジェトロでは、日本企業がミッションに参加し、生産国農園を視察することで、販売促進を行う際に付加価値となる生産地情報を得ると共に、生産者と実際に会うことで継続的な購入が促されると見込む。

日本企業によるコーヒー生豆の調達先は寡占化が進んでおり、2011年の日本への輸入量はコロンビアとブラジルの2ヵ国だけで約50%を占めている。こうした中、コーヒー専門商社や焙煎、小売企業の中には、幅広い産地のスペシャルティ・コーヒーを販売することによって差別化を図る動きがある。ジェトロでは、今回のミッション派遣によって、日本企業とアフリカの生産者・企業との商談を促し、コーヒーの供給先の多角化につなげることを目指す。


<ミッション概要>
1.派遣期間: 2012年5月30日(水曜)~6月7日(木曜)(9日間)
2.派遣国: ケニア共和国、ルワンダ共和国
3.募集対象: コーヒーの輸入、焙煎、卸・小売に携わる日本企業
4.募集期間: 2012年4月23日(月曜)~5月10日(木曜)
5.予定人数: 20~25名(随行員含む)
6.後援: 日本スペシャルティ・コーヒー協会
担当部課
ジェトロ途上国貿易開発課(担当:福山)
TEL:03-3582-5770ケニア、ルワンダにコーヒー・ビジネスミッションを派遣-コーヒー豆調達先の多角化を目指す-


ご意見
コメントする