« landed in Nicaragua | トップページ | day two »

2009年2月11日 (水)

day one in Jenetoga

ニカラグアでの一日目が無事終わりました。先ほど夜の食事から戻ってきました。

まず、ホテルを移動、目的地はジェネトーガと私は昨日書きましたが、スペイン語ではjeをジェと発音するのではなくヘノテイガが正しい読み方でした、失礼いたしました。ヘノテイガはニカラグアの45%のコーヒーが作られいる場所で、大きな湖をかこむとにかく大きなエリアみたいです。
 2時間かけて新しいホテルへとバスで向かい、道を走り出すと、思わず年々か前にケニアに行った時のことを思い出しました。暖かいけど風がふいていて本当に気持ちのいい温度で、湿度もそんなになく、夕方からはわりと冷え込んできて、とても過ごしやすい場所です。ずっと一本道を走り続けた2時間がすぎたころようやくヘノテイガの看板が見えてきた、その下には町がいきなり見えてきた。
Day11

Day13

無事ホテルに到着。町のど真ん中にある可愛らしいホテルで、過去にはここでカップ・オブ・エクセレンスが行われた場所でもある。

今日のスケジュールはヘノテイガでまだ小さな生産地のところにお邪魔しました、
今まで話でしか聞いたことがなかったコーヒー農園、チェリーetc、農園にむかいながら車の窓に顔をくっつけながら、キョロキョロ、ワクワク。
Day12
1時間ほどボコボコ道を走りようやく一カ所目の農園に付きました。
車を降りると現地の生産者達が私たちをむかえてくれた。そこで初めて私はOla!とあいさつを覚える。

ずっと食べて見たかったあの真っ赤なコーヒーチェリーが生まれて初めて目の前に現れた。思っていたよりも小さかった。
Day15
Day16

Day17

皮をむきツルツル、ニュルニュルとする果肉をそっと口の中に入れて初めての体験、想像していた以上に甘く、本当に砂糖を水で溶かした味にそっくりだった。
感動の瞬間でした。
Day19

いろんなことを教えてもらい、書きたいことは山ほどあるのですが、どこからはなせばいいか分からないほど私にとってはすべてが勉強になり、ようやく少しですが、このコーヒーチェーンを感じることができた気がする。
はじめにお邪魔した農園の方達はつい半年程前まではブラックマーケットでしか自分たちのコーヒーは売れていなく、自分たちのコーヒーの良さも分からないまま、飲んだことのないまま、コーヒーを作っていたのです。そして今回のツアーのオーガナイザーでもあるクラウディアさんと言う方がスペインのエイドとのオーガナイゼイションを立ち上げその助けで今は多くの生産者はブラックマーケットの為にではなくこの農園がもっているポテンシャルを少しづつ引き出しながら生産者達自身に本当に美味しいコーヒーは何なのかを学んでもらうプロジェクトも始まっています。

話が飛んでしまいますが、とにかく私たちバリスタ達、ロースター達、真剣にコーヒーの仕事にとりこんでいる人は、必ずコーヒー農園に来て、生産者の仕事も理解して、一杯のコーヒーになるまでのプロセスを自分で見て、体験しなければならないと改めて強く教えられました。カッピングはコーヒーの基本とも言われていますが、この基本はコーヒー仕事の中では言葉でもあり、どの国の人でも、カッピングさえできればコミュニケーションをとる事ができます。美味しいコーヒーを私たちは欲しいと思うばかりですが、私たちが美味しいと思うコーヒーはいったい何なのか、美味しいコーヒーとはなんなのか、それを一番理解してもらわないといけないのが実は生産者の人たちであって、本人達が自分のコーヒーを飲んで理解できないと話にはならない、ここですでにコミュニケーションがとれていないのです。上手く言葉にはできなくて申し訳ないのですが、この現実を今はクラウディアみたいな人たちが一生懸命いろんなプロジェクトを作りながら、生産者の人に伝えようとがんばっているのです。
私達はいつも美味しいコーヒーをお店で飲んでいるけど、飲める段階までにどれだけの事が行われていると思うと、いろんな事を心の中で感じます、、、、

私達バリスタ達はそのプロセスの代表としてお客様に提供する訳ですが、簡単に適当なことはできません。大きな責任があります。

書き始めるととまらなくなってしまうのでここらへんにしときますが(笑)
一日目はそこで行われる処理法法を見せていただき、ドライミル、日本ではセミ・ウォッシュドの方がよく聞かれているかもしれませんね、と、ウエットミル パルプド・ナチュナルの方法と2種類を見させていただきました。
Day121

Day120

Day119

本当に本当に楽しいアッという間の一日でした。

夜はレストランで生産者の方達と一緒に食事をしましたが、ごちそうばかり!!ついつい食べ過ぎてしまいましたが、こんなにいい環境の中ではお腹もよくすいてしまいます(笑)レストランではニカラグアの若者達がライブミュージックで場をにぎやかにしてくれました♬、最後は皆で音楽につられて踊ったり☆
久々にステップを踏んだかもしれません、、、、素直に、楽しかった。


気持ちよくリズムにのりながらその場でしか味わえない風にのり、コーヒーをとうして素晴らしい出会いが待っていた。

Day122


 

|

« landed in Nicaragua | トップページ | day two »

DancingBeans」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: day one in Jenetoga:

« landed in Nicaragua | トップページ | day two »