NEW WEB SITE OPEN !

ヴォアラ珈琲の新しいホームページができました。ヴォアラ珈琲が大切にしていることや取り組みをはじめ、珈琲豆の品質へのこだわり、各店舗のご紹介などを掲載しています。
珈琲をご愛飲いただいているみなさまに、より一層、珈琲の魅力や愉しみ方などをからお伝えできればと、「yom.VOILA(読むヴォアラ)」と第したWEBマガジンページを開設しました。 ぜひご覧ください。
※ブックマークしていただいている方は変更もお願いいたします。

[新サイトURL] → https://voila.jp

なお、オンラインショップのURLの変更はありません。引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

[オンラインショップサイトURL] → https://www.umaicoffee.jp

2006/04/30

センスを磨き目標設定を天高く!

投稿者:ヴォアラ

Kasuga最近、目標設定を天高く?する事が大切な事だと感じています。自分の環境空間では、写真サイズは、六つ切りサイズか、サムホールサイズあれば事足りますが、大きなサイズの写真を、直接観察すると、色々な事を感じます。今回も時間を作って、春日さんの個展を見に行きました。私が毎年鹿児島美術館で行われる虹の会の写真展示用のモノクロのプリントをお願いしたり、大判撮影のデジタルプリント印刷を直接学んでいます。春日さんの作品を直接見ると、写真の中に吸い込まれて、その場に立ちすくんでいる錯覚を覚えます。

大きな作品が展示出来るギャラリーカフェ工房を具現化したくなり、自分も大きく伸ばしても鑑賞に耐える作品を撮影出来るように多くの失敗を経験したくなりました。まだまだ失敗不足です。


モノを観る尺度が、ホンノ少しレベルアップした気分です。
春日 広隆展
[存在と時間]
4/18(火)〜5/1  (月)10:00〜19:00(最終日は16:00まで)会期中無休
*2006年4月18日(火)ー5月1日(月)
新宿ニコンサロン:毎日午前10時〜午後7時(最終日は午後4時迄)
個展「存在と時間」、大判作品約30点

*2006年5月18日(木)ー5月23日(火)
大阪ニコンサロン:毎日午前10時〜午後6時
個展「存在と時間」、大判作品約30点
新宿ニコンサロン

<写真展内容>
砂漠地帯にひとり身を置いて自分と環境が対話を始めると、その背景にある精神の存在を感ずる。厳しい自然条件のなかで生きている動植物のみならず無機質の岩や砂や土までもが、悠久に流れる宇宙の生命活動の一部として呼吸している感覚が伝わってくるのである。作者は自然を深く見つめることにより得られるその感覚を「存在と時間」という切り口で長期にわたり追及している。
今回の作品展は2004年11月に銀座ニコンサロンで行われた作者の個展「大地のスピリット」とそのコンセプトを共有するもので、壮大でありながら繊細な自然の背後にある精神性を表現する目的から高精細な大判モノクロームプリントで構成している。大判モノクローム約30点。

<作者のプロフィール>
春日 広隆(カスガ ヒロタカ)
1946年長野県生まれ。カリフォルニア大学および大学院卒。長年にわたり日本IBMに勤務。米国滞在17年。ニューヨーク市、ラスベガス市、サンタフェ市および東京で個展を開催。現在伊豆高原にあるアトリエとサンタフェを往復して写真制作活動を行っている。また、ワークショップなどを開催してデジタル高品位モノクロームプリントの普及活動も行っている。日本写真作家協会会員、全米写真家協会(PPA)会員、ニューヨーク市SOHO Photo Gallery会員。
日本写真家協会JPS/2004展優秀賞。


ご意見
コメントする