2012/04/24

ポートランドは、ドリップでの店頭でのカップ売りが目立ってました。

投稿者:ヴォアラ

_dsc3126_20
_dsc3333
今、アムトラック電車でシアトルへ向かっていますが、風景を楽しみ、電車の中で、無線LANでインターネットをしながらブログを書いてます。便利な世の中、、、

珈琲も機械任せからハンドドリップへ向かっているようです。残念だったのは、本日の珈琲などのポットサービスは、プレスで抽出してますが、お湯を注いで、3分から4分たった時に、上の粉を軽く撹拌して、アクを取って抽出したらもっと良くなる気がしました。

今、アメリカでは、プレスからハンドドリップの方へ向かってるようです。噂では、ポートランドは、シアトルより5年くらいすすんでるようですが、これもそこを引っ張るマイクロロースターの努力だと思います。今度のヴォアラのニュースレターは、書く事がたくさんありそうです。

このお店も知らなかったところですが、ハリオのドリップセットをお洒落に提案するツールの木製の台があり、意外と、販売してる珈琲カップも日本製だったりしました。

ハンドドリップ選手権も見てましたが、こちらは、まだまだ可能性があると思いました。審査員もカッピングスプーンでしっかり見てました。

素材が同じならミルの性能で差が出ると思います。井上 製作所のミルが最強でしょう。私も使った事がありますが、良いミルです。抽出性能も非常に良いので世界最強でしょう。

ハンドドリップも良いヒントを頂いたので日本に帰ったら検証してみます。これは、意外と簡単でプレスの良さとペーパーフィルターの便利性の合体かもしれません。そう考えると、意外とモカマスターは、便利な道具かも知れません。ボダムのコーヒーメーカーも良さそうでした。


ご意見
コメントする