ヴォアラ珈琲とは

2014/01/28

ヴォアラ珈琲ではスタッフを募集しています。

投稿者:ヴォアラ

霧島国分本店、鹿児島市内店で、スタッフ募集します。


【仕事の内容】店頭での接客、販売、エスプレッソマシンをつかったドリンクの作成と提供など業務全般


【勤務地】ヴォアラ珈琲の霧島国分本店か、鹿児島市内店舗 「ヴォアラ ドルフィンポート店」「ブティックコーヒー ヴォアラ店」「ヴォアラミニ谷山店」

【雇用形態】最初1ヶ月は試用期間としてアルバイト採用(時給700円)となります。試用期間後は再度面談の上決定いたします。

【賃金形態】アルバイト雇用は時給制です。能力・経験に応じますので面接の際に話し合いの上決定いたします。
【休日】週休1~2日。

応募をご希望される場合は、ご自身の履歴書に応募理由を添えて弊社までお送りください。

郵送の場合は以下住所まで、メールの場合は inouecoffee@nifty.com までお願いいたします。

〒899-4332
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
井ノ上珈琲有限会社 宛
履歴書を確認させていただき次第、こちらから面接の日程などお知らせさせていただきます。

ご質問がある場合は、お電話(0995-46-5183)か、メール(inouecoffee@nifty.com)までご連絡ください。

【追伸】
どちらの店舗でも終日を通して勤務出来る方を募集します。


2014/01/25

スタッフがニカラグア、コスタリカへ出発しました!

投稿者:ヴォアラ

ヴォアラ珈琲のバリスタ、川内夕奈が、ニカラグア、コスタリカのコーヒー農園を巡る旅へ出発しました!約2週間の長旅です。

Photo_2

初めてのコーヒー農園、どんなツアーになるかドキドキわくわく、楽しみです!
旅の様子はこちらのブログからどうぞ。
オーナー井ノ上は、30日に出発して、コスタリカから参加します!

2013/11/18

ドルフィンポート店臨時休業のお知らせ

投稿者:ヴォアラ

11月20日(水)は、ヴォアラミニ(谷山店)オープン準備の為、ドルフィンポート店を臨時休業とさせていただきます。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。尚、霧島国分本店も水曜日は定休日となっております。

ブティックコーヒー・ヴォアラ(東千石町)は、通常通り営業いたしますので、皆様のお越しをお待ちしております。

2013/11/13

霧島国分本店、鹿児島市内店でスタッフを募集いたします。

投稿者:ヴォアラ

霧島国分本店、鹿児島市内店で、スタッフ募集します。


【仕事の内容】店頭での接客、販売、エスプレッソマシンをつかったドリンクの作成と提供など業務全般


【勤務地】ヴォアラ珈琲の霧島国分本店か、鹿児島市内店舗 「ヴォアラ ドルフィンポート店」「ブティックコーヒー ヴォアラ店」「ヴォアラミニ谷山店(11月22日オープン予定)」(鹿児島市内予定)
 

【雇用形態】最初1ヶ月は試用期間としてアルバイト採用(時給700円)となります。試用期間後は再度面談の上決定いたします。

【賃金形態】アルバイト雇用は時給制です。能力・経験に応じますので面接の際に話し合いの上決定いたします。
【休日】週休1~2日。

応募をご希望される場合は、ご自身の履歴書に応募理由を添えて弊社までお送りください。

郵送の場合は以下住所まで、メールの場合は inouecoffee@nifty.com までお願いいたします。

〒899-4332
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
井ノ上珈琲有限会社 宛
履歴書を確認させていただき次第、こちらから面接の日程などお知らせさせていただきます。

ご質問がある場合は、お電話(0995-46-5183)か、メール(inouecoffee@nifty.com)までご連絡ください。

【追伸】
どちらの店舗でも終日を通して勤務出来る方を募集します。
そしてヴォアラ珈琲霧島国分本店では、朝の3~4時間(9時からお昼12時頃まで)の時間帯での発送業務のみの短時間アルバイトできる方も募集中です。


2013/10/06

少年団、サークル活動などの資金集めのお手伝いしています。

投稿者:ヴォアラ

ヴォアラ珈琲では、少年団、部活動、サークル活動の活動資金集めのお手伝いをしています。例えば、コーヒー豆や水だし珈琲を店頭の販売価格より低価格で提供いたします。そして、お客様にそのコーヒーを販売していただき、発生した利益を活動の資金に充てていただくというシステムです。おかげさまで、毎年たくさんの団体のお客様からご好評を得ております。学校バザーや学園祭などのシーズンなども、コーヒー豆販売で協力させていただいております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

特別な販売になりますので、いくつかの条件がございます。詳しい内容は、店頭、メール又はお電話でお問い合わせください。inouecoffee@nifty.com

2013/09/20

9月26日(木)ドルフィンポート店、臨時休業のお知らせです

投稿者:ヴォアラ

9月26日(木)は、スタッフ研修の為、ヴォアラ珈琲ドルフィンポート店は臨時休業させていただきます。お客様にはご不便をおかけしてしまい、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

尚、ヴォアラ珈琲国分本店、ブティックコーヒー・ヴォアラ(東千石町)は、通常通り営業致しますので、よろしくお願い申し上げます。


2013/07/10

7月の珈琲教室のご案内です

投稿者:ヴォアラ

7月のヴォアラ珈琲のコーヒー教室のご案内です。

梅雨も明け、いよいよ本格的な夏がやってきましたね!毎日暑い日が続きますが、ひんやり冷たいアイスコーヒーを飲んで、乗り切りましょう!おうちでも簡単にアイスコーヒーが作れます!お気軽にご参加ください。

ブティックコーヒー・ヴォアラ(天文館店)と、ドルフィンポート店の2店舗で、教室を開催しております。店舗のお間違いにお気をつけください。よろしくお願いいたします。

■ヴォアラ珈琲ドルフィンポート店のコーヒー教室

ドリップ編】7月15日(月・祝)

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5−4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

初級編】7月30日(火)

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5−4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

■ブティックコーヒー・ヴォアラのコーヒー教室

初級】7月19日(金

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ブティックコーヒー・ヴォアラ(天文館店)」
(鹿児島市東千石町2-2)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

器具お試し】7月25日(木

時間:午前9時30分~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ブティックコーヒー・ヴォアラ(天文館店)」
(鹿児島市東千石町2-2)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

事前予約をお願いします。参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@me.com
電話:099-239-4152(ヴォアラ・ドルフィンポート店)

電話:099-239-4151(ブティックコーヒー・ヴォアラ)


2013/06/12

6月のコーヒー教室のご案内です

投稿者:ヴォアラ

6月のヴォアラ珈琲のコーヒー教室のご案内です。

今月より、ブティックコーヒー・ヴォアラ(天文館店)と、ドルフィンポート店の2店舗で、教室をさせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。店舗のお間違いにお気をつけください。

■ヴォアラ珈琲ドルフィンポート店のコーヒー教室

初級編】6月18日(火)

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5−4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

■ブティックコーヒー・ヴォアラのコーヒー教室

初級】6月15日(土

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ブティックコーヒー・ヴォアラ(天文館店)」
(鹿児島市東千石町2-2)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

器具お試し】6月30日(日

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ブティックコーヒー・ヴォアラ(天文館店)」
(鹿児島市東千石町2-2)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

事前予約をお願いします。参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@me.com
電話:099-239-4152(ヴォアラ・ドルフィンポート店)

電話:099-239-4151(ブティックコーヒー・ヴォアラ)


2013/04/06

4月のコーヒー教室のご案内です

投稿者:ヴォアラ

4月のヴォアラ珈琲のコーヒー教室のご案内です。

■ヴォアラのコーヒー教室

初級編】4月13日(土)

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5−4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

ドリップ編】4月26日(金

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5-4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

事前予約をお願いします。参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@me.com
電話:099-239-4152(ヴォアラ・ドルフィンポート店)

【家庭で楽しむデザインカプチーノ教室】4月21日(日

4月21日(日)に、鹿児島イオンモール内の旭屋カルチャーで、デザインカプチーノの教室をいたします。

時間:午後1時30分~3時30分
場所:「イオンモール鹿児島2階」P有り
(鹿児島市東開町7)
受講料:¥1,575(税込)

お申し込みはこちらからお願いいたします。(ヴォアラ珈琲では承っておりませんので、直接旭屋カルチャーさん【TEL099-263-1646】までお願いします。)

お申し込み締め切りは4月18日(木)です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家庭でデザインカプチーノを楽しむ


2013/03/01

3月のコーヒー教室のご案内です

投稿者:ヴォアラ

少しづつ暖かくなってきましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか??

3月のヴォアラ珈琲のコーヒー教室のご案内です。

23日のカプチーノ教室はおかげさまで定員に達しましたので、閉め切らせていただきます。キャンセル待ちをご希望の方は、メールかお電話をください。

(その際には、お電話番号を記載してください。)

■ヴォアラのコーヒー教室

初級編】3月9日(土)

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5−4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

【ご家庭で楽しむカプチーノ教室】3月23日(土)

時間:午前9時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5−4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)

【参加者定員】5名

ドリップ編】3月30日(土

時間:午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)
場所:「ヴォアラ・ドルフィンポート店」P有り
(鹿児島市本港新町5-4)
受講料:¥2,000(税込/小さなおみやげ付)
【参加者定員】5名

事前予約をお願いします。参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@me.com
電話:099-239-4152(ヴォアラ・ドルフィンポート店)


2013/01/27

チームメイト2名が、海外の農園へ買い付けに行きました。

投稿者:ヴォアラ

Tumblr_mh7fh9gpox1qcyk5ao1_500

チームメイトの久保田と川井田は、ヒューストン、ニカラグア、コスタリカ、サンフランシスコへコーヒーの生豆の買い付けに行きました。帰宅は、2週間後ぐらいです。

珍道中の様子はこちらの下のリンク先をクリックしてご覧ください。


2012/12/12

霧島国分本店、鹿児島市内店でスタッフを募集します

投稿者:ヴォアラ

霧島国分本店、鹿児島市内店で、スタッフ募集します。


履歴書をお送りいただいた方で連絡しましたがつながらない方がいます、

【仕事の内容】店頭での接客、販売、エスプレッソマシンをつかったドリンクの作成と提供など業務全般
【勤務地】ヴォアラ珈琲の霧島国分本店か、鹿児島市内店舗 「ヴォアラ ドルフィンポート店」「ブティックコーヒー ヴォアラ店」(鹿児島市内予定)
 

【雇用形態】最初1ヶ月は試用期間としてアルバイト採用(時給700円)となります。試用期間後は再度面談の上決定いたします。

【賃金形態】アルバイト雇用は時給制です。能力・経験に応じますので面接の際に話し合いの上決定いたします。
【休日】週休1~2日。

応募をご希望される場合は、ご自身の履歴書に応募理由を添えて弊社までお送りください。

郵送の場合は以下住所まで、メールの場合は inouecoffee@nifty.com までお願いいたします。

〒899-4332
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
井ノ上珈琲有限会社 宛
履歴書を確認させていただき次第、こちらから面接の日程などお知らせさせていただきます。

ご質問がある場合は、お電話(0995-46-5183)か、メール(inouecoffee@nifty.com)までご連絡ください。

【追伸】
どちらの店舗でも終日を通して勤務出来る方を募集します。
そしてヴォアラ珈琲霧島国分本店では、夕方の3~4時間(16時または17時から20時頃まで)の2つの時間帯での短時間アルバイトできる方も募集中です。


2012/10/02

ニカラグアのセルヒオさん

投稿者:ヴォアラ

ニカラグアのセルヒオさんと、関根さんは、10月1日午後4時半頃、無事にヴォアラ珈琲ドルフィンポート店に到着されました。新幹線での鹿児島入りです。
 昨年もお二人は鹿児島にお越しいただきましたが、ドルフィンポート店は3ヶ月前にオープンしたばかりなので、こちらの店舗は初めてです。 早速本日のコーヒーの「エンバシー農園」(セルヒオさんの農園のコーヒー豆です)を飲んでいただきました。

Sergio1_2


そのあと、ブティックコーヒーヴォアラにも足を運んでいただき、霧島国分本店へ向かわれました。 お店を早く閉めて、国分本店にスタッフが集まり、7時からセルヒオさんにプレゼンをしていだだきました。内容は「セルヒオのコーヒーヒストリー」です。 セルヒオさんがお父様の農園のお手伝いをしていた頃から、本格的にコーヒー生産者の道を歩みだした経緯、美味しいコーヒーを作る為への挑戦や失敗、品評会入賞の壁など、とてもわかりやすくそして丁寧にお話してくださり、関根さんが訳して私たちに伝えてくださいました。 セルヒオさんの絶え間ない日々の努力を知り、私たちもがんばろう!と勇気をもらいました。

_dsc5064_2


その後はお楽しみの食事会です。ちゃんこ鍋を皆で囲みました。 セルヒオさんはお箸を上手に使って、お刺身も楽しんでいらっしゃいました。 (ニカラグアでは生の魚を食べることはまずないと思います。) 最後のおじやの時には、卵に火が通っているか心配されていました。 (ニカラグアでは生のたまごは絶対食べないそうです。) 日本に初めていらした時は、イカの塩辛を食べさせられて、オレンジジュースに入った芋虫を食べさせられたと、大騒ぎしたエピソードに、皆大笑いしました。 そんなこんなで楽しい時間はあっと言う間に過ぎていきました。

_dsc5070_2


セルヒオさん、関根さん、遠いところまで、お越しいただきありがとうございました。 
心を込めて作ってくださったコーヒーを、お客様にお伝えしていきます。 ヴォアラ珈琲 スタッフ一同


2012/07/04

新人向けエスプレッソセミナー

投稿者:ヴォアラ

1341367693175.jpg
本日は、ドルフィンポート店は、休みですが、新しく入ったチームメイトの為に、竹元バリスタが、特別講習会を行っています、ヴォアラコーヒー以外の方達にもセミナーを行って行きたいと思います、
興味のある方は、ご連絡ください。今回は、初級編ですが、次回は、ヴォアラチームのために中級セミナーを行いたいと思います。


2012/06/20

ドルフィンポート店6月20日水曜日オープン

投稿者:ヴォアラ

L1001147
L1001151

御陰さまで本日無事にオープンいたしました。
これからも末永くよろしくお願いします。ヴォアラ珈琲チーム一同


2012/06/16

ヴォアラのコーヒー教室ドリップ編とオープンカッピングお知らせ

投稿者:ヴォアラ

灰が降ったり肌寒かったりと、はっきりしないお天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
オープンカッピングでは、コーヒーそれぞれが持っている個性を実際に味わって体感していただく事で、新たな世界が広がります。自分の好きなコーヒーってこういうのなんだと、発見していただくチャンスです




【ドリップ編】6月23日(土)
【場所】午前10時~11時(少しオーバーすることもございます)

【場所】鹿児島市内店「VOILA ドルフィンポート店」鹿児島市本港新町5番4号
    ドルフィンポート内のファミリーマ−ト隣

【参加費】¥2,000(税込/小さなおみやげ付き/駐車場無料)
【参加者定員】5名

参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@me.com
【ご予約・お問い合わせ】099-239-4151(ブティックコーヒーヴォアラ鹿児島店)

■ヴォアラのオープンカッピング

【日時】2012年6月24日(日)午前9:30~午前11:00(約1時間半)

【場所】鹿児島市内店「VOILA ドルフィンポート店」鹿児島市本港新町5番4号
    ドルフィンポート内のファミリーマ−ト隣

【参加費】¥2,000(税込/小さなおみやげ付き/駐車場無料)
【参加者定員】5名

参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@me.com
【ご予約・お問い合わせ】099-239-4151(ブティックコーヒーヴォアラ鹿児島店)



【カッピングについて】

コーヒーに関わる私たちの仕事の基本とも言えるのが実は「カッピング」なんです。ワインの世界でいうところの「テイスティング」です。私たちはすべての焙煎において「カッピング」をして品質のチェックはもちろん、風味の確認をして、時には微調整や軌道修正をしてそれぞれのコーヒー豆のもっている可能性を最大限に引き出す努力をしています。日々カッピングをすることで自分たちが扱う商品=コーヒー豆をお客様が分かりやすくイメージできるように、その風味を表す言葉や表現を探しています。実際、カッピングはコーヒーの買付けから、豆の選択、焙煎、抽出、といった私たちの仕事全ての場面で重要な役割をもっています。

【オープンカッピングってどんなこと?】

私たちにとってはとっても真剣なカッピングですが、お客様に今回お試しいただく「カッピング」では、まずは基本を知っていただいて楽しんでいただきたいと思っています。
「いつもどのコーヒーにしようか迷ってしまう」
「どのコーヒーがどんな特徴があるのかいまいち分からない」
「お気に入りのコーヒーを見つけたい」
日頃お店でお買い物いただいているときにこんなことを感じられている方、「飲みくらべ」感覚で是非お気軽に参加してみてください。
これまで知らなかった風味の驚きと世界がひろがるかもしれません


2012/04/27

「 はじめてみよう!コーヒープレス 」

投稿者:ヴォアラ

今回、シアトル、ポートランドの各お店で、本日のコーヒーを飲んだときに一番感じたのは、プレスの入れ方にもう一工夫すれば良いのに、、、そうヴォアラコーヒーでお勧めしてる抽出方法、これならカフェプレスもまだまだ可能性があると思うのですが、ロサンゼルスでは、器具自体も見なくなってきました。今は、ハリオのペーパードリップが、花盛り、これからさらに紙自体の構造や素材の検証が進んで行くでしょう。

「 はじめてみよう!コーヒープレス 」


コーヒー本来の風味を簡単に楽しめるコーヒープレスと
おすすめの旬のコーヒー豆(250g)をセットにしました。

「 コーヒープレスのここがオススメ! 」

コーヒーには「コーヒーオイル」というそれぞれのコーヒーに独特の多様で素晴らしいアロマや風味を多く含んだ油性分があります。コーヒープレスの金属フィルターは、このコーヒーオイルを吸収しないでそのまま抽出してくれるので、それぞれのコーヒーのアロマと風味の違いがよりはっきりと楽しめます。


「 見ただけですぐ分かる! 」
かんたん おいしい
コーヒープレスでおいしいコーヒーの淹れ方ムービー公開中!

「 はじめてみよう!コーヒープレス 」


2012/02/02

2月のオープンカッピングのお知らせ

投稿者:ヴォアラ

2月のオープンカッピングのお知らせです。

先月からはじまったヴォアラのオープンカッピング(コーヒーのテイスティング/飲みくらべ)。お客様から大好評をいただいています。今月も2回の開催を予定しておりますので、是非お気軽にご参加ください。


■ヴォアラのオープンカッピング

【日時】2012年2月5日(日)午前9:30〜午前11:00(約1時間半)
    2012年2月12日(日)午前9:30〜午前11:00(約1時間半)

【場所】ヴォアラ珈琲鹿児島市内店「ブティックコーヒー・ヴォアラ」
    鹿児島市東千石町2-2
【参加費】¥2,000(おみやげ付き)
【参加者定員】5名

【講師】中摩うらら(2011年国際品評会COEホンデュラス参加/ヴォアラ珈琲ロースター・バリスタ・カッパー)

参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@nifty.com
電話:099-239-4151(ブティックコーヒー・ヴォアラ)


【カッピングについて】

コーヒーに関わる私たちの仕事の基本とも言えるのが実は「カッピング」なんです。ワインの世界でいうところの「テイスティング」です。私たちはすべての焙煎において「カッピング」をして品質のチェックはもちろん、風味の確認をして、時には微調整や軌道修正をしてそれぞれのコーヒー豆のもっている可能性を最大限に引き出す努力をしています。日々カッピングをすることで自分たちが扱う商品=コーヒー豆をお客様が分かりやすくイメージできるように、その風味を表す言葉や表現を探しています。実際、カッピングはコーヒーの買付けから、豆の選択、焙煎、抽出、といった私たちの仕事全ての場面で重要な役割をもっています。

【オープンカッピングってどんなこと?】

私たちにとってはとっても真剣なカッピングですが、お客様に今回お試しいただく「カッピング」では、まずは基本を知っていただいて楽しんでいただきたいと思っています。
「いつもどのコーヒーにしようか迷ってしまう」
「どのコーヒーがどんな特徴があるのかいまいち分からない」
「お気に入りのコーヒーを見つけたい」
日頃お店でお買い物いただいているときにこんなことを感じられている方、「飲みくらべ」感覚で是非お気軽に参加してみてください。
これまで知らなかった風味の驚きと世界がひろがるかもしれません。


2012/01/31

竹元の卒業式、、、、

投稿者:ヴォアラ

Takemoto本日は、竹元の卒業式でした。10年、、、次は、エスプレッソバーに挑戦、、、これからもヴォアラ珈琲と一緒に新しい事へ挑戦して行きます。来月は、中摩麗の卒業式、麗は、ニュージーランドのオークランドで新しい事へチャレンジです。ヴォアラのチームメイトは、寂しさ半分、嬉しさより責任感に目覚めてきています。これからのヴォアラ珈琲を引っ張って行かなければいけませんから、、、私は、これからもチームメイト一人一人の個性を磨きながら、コーヒーと関わり、楽しみながら人生を深く味わって行ける環境整備に精を出します、これからもよろしくお願いします。


2月からの営業時間変更のお知らせ

投稿者:ヴォアラ

ヴォアラ珈琲の路面店2店舗でこの2月より営業時間の変更があります。

ヴァオラ珈琲霧島国分本店は、来月2月より営業時間を毎日「午前10時〜午後6時30分」に変更させていただきます。これまでより「1時間遅い開店」「30分早い閉店」となります。現在たくさんいただいているご注文の発送業務と焙煎を午前中に集中しておこない、店頭でのお客様をしっかりとお迎えするため、ヴォアラの現在の身の丈にあったシステムを考えた結果です。何卒ご理解のほど宜しくお願いします。

また、ヴォアラ珈琲鹿児島市内店「ブティックコーヒー・ヴォアラ」はこれまで年中無休としてまいりましたが、来月2月より毎週水曜日を定休日とさせていただきます。週に1度のお休みを設けることで、これまでなかなか出来なかった店内のメンテナンスや、スタッフミーティング+勉強会をしたり、スタッフのじゅうぶんな休息を設けることでさらにパワーアップしてお客様をお迎えしたいと思っております。

この変更によりお客様にはご不便をおかけしてしまう場合があると思いますが、何卒ご理解のほどよろしくおねがいいたします。

2012年2月からの営業時間のお知らせ

【霧島国分本店】
営業時間: 10:00 AM ~ 6:30 PM
定休日:毎週 水曜日

【鹿児島市内店:ブティックコーヒー・ヴォアラ】
営業時間: 11:00 AM ~ 7:00 PM
定休日:毎週 水曜日


チームヴォアラ・スタッフ募集

投稿者:ヴォアラ

今回の募集は1月31日をもって締め切らせていただきました。
たくさんのご応募とお問い合わせまことにありがとうございます。
次回のスタッフ募集の際もこちらのブログやヴォアラ珈琲のツイッターなどでお知らせさせていただきます。その際はまたよろしくお願いいたします。

ヴォアラ珈琲霧島国分本店ではフルタイムスタッフを1名募集いたします。

ヴォアラ珈琲はロースター兼カッパーでもある経営者・井ノ上達也を中心に、スタッフを合わせ約10名程の少数精鋭のコーヒーのプロフェッショナル集団を目指している小さな会社です。

現在、2店舗ある実店舗とオンラインショップの全店舗において、おかげさまでたくさんのお客様にご利用いただき、日常の業務も増えて来ているため業務全般にわたってお手伝いしていただけるスタッフを募集します。

勤務地は霧島市国分にある本店になりますので、無理なく通勤していただける場所にお住まいの方がよろしいかと思います。
店頭での接客業務やバックヤードでの業務は営業時間全体にわたりますが、発送業務は午前中が中心となりますので、午前8~9時くらいからの勤務が可能な方を優先させていただきます。

今回の募集に関しては、コーヒー全般に関わる知識・技術は問いませんが、仕事柄コーヒーの基本的な知識・技術を求められる場面もありますので、コーヒーに関して学習意欲・向上心のある方を優先させていただきます。コーヒーの世界は現在も刻々と変化をしていますし、私たちヴォアラコーヒーでもスタッフ全員が常に勉強を続けていますので、自発的に知識や技術を高めたいと考えられている方にとってはよい環境であると思います。

応募を希望される方、またご質問のある方は、メールまたはお電話でご連絡ください。
メール: inouecoffee@nifty.com
お電話: 0995-46-5183

【追加情報】

1:雇用形態:最初数ヶ月は試用期間としてアルバイト採用となります。試用期間後は再度面談の上決定いたします。その際引き続きアルバイト雇用の場合でも、各種社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)となります。
2:賃金形態:アルバイト雇用は時給制です。能力・経験に応じますので面接の際に話し合いの上決定いたします。
3:休日:週休1〜2日。

応募をご希望される場合は、ご自身の履歴書に応募理由を添えて弊社までお送りください。
郵送の場合は以下住所まで、メールの場合は inouecoffee@nifty.com までお願いいたします。

〒899-4332
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
井ノ上珈琲有限会社 宛

履歴書を確認させていただき次第、こちらから面接の日程などお知らせさせていただきます。
よろしくおねがいいたします。


2012/01/29

竹元の卒業式

投稿者:ヴォアラ

1327835084393.jpg
今日は、竹元の卒業式です、これからは、ヴォアラ珈琲のエスプレッソ関連のセミナーは、竹元が、引き継ぎ担当します、ヴォアラは、豆屋としてこれからも驀進して行きます、


ヴォアラのカッピングセミナー

投稿者:ヴォアラ

1327798392050.jpg
今回で二回目のオープンカッピング


2012/01/22

ヴォアラのカッピングセミナー

投稿者:ヴォアラ

1327196277876.jpg
本日は、オープンカッピングデー


2012/01/19

2回目のオープン・カッピング(1/29)

投稿者:ヴォアラ

1/22(日)のオープン・カッピングはおかげさまであっという間に定員に達しましたので、2回目のお知らせです。2回目は翌週の同じ日曜日(1/29)に開催します。

ヴォアラ オープン・カッピングのお知らせ

【日時】1/29(日)午前9:30〜11:00(1時間半)
【場所】ヴォアラ珈琲鹿児島市内店「ブティックコーヒー・ヴォアラ」
    鹿児島市東千石町2-2
【参加費】¥2,000(おみやげ付き)
【講師】中摩うらら(2011年国際品評会COEホンデュラス参加/ヴォアラ珈琲ロースター・バリスタ・カッパー)
【参加者定員】5名

参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@nifty.com
電話:099-239-4151(ブティックコーヒー・ヴォアラ)


2012/01/14

はじめてのオープン・カッピングのお知らせ

投稿者:ヴォアラ

今月1月22日(日)、鹿児島市内店「ブティックコーヒー・ヴォアラ」にてヴォアラ初の試みとなる「オープン・カッピング」を開催します。
コーヒーに関わる私たちの仕事の基本とも言える「カッピング」。ワインの世界でいうところの「テイスティング」です。私たちはすべての焙煎において「カッピング」をして風味の確認をしたり、時には微調整や軌道修正をしたり、日々カッピングをすることで自分たちが扱う商品をお客様が分かりやすくイメージできるような言葉や表現を探したりしています。実際、カッピングはコーヒーの買付けから、豆の選択、焙煎、抽出、といった私たちの仕事全ての場面で重要な役割をもっています。

私たちにとってはとっても真剣なカッピングですが、お客様に今回お試しいただく「カッピング」では、まずは基本を知っていただいて楽しんでいただきたいと思っています。
「いつもどのコーヒーにしようか迷ってしまう」
「どのコーヒーがどんな特徴があるのかいまいち分からない」
「お気に入りのコーヒーを見つけたい」
日頃お店でお買い物いただいているときにこんなことを感じられている方、「飲みくらべ」感覚で是非お気軽に参加してみてください。
これまで知らなかった風味の驚きと世界がひろがるかもしれません。

第1回目のオープン・カッピンは以下の予定です。

【日時】2012年1月22日(日)午前9:30〜午前11:00(約1時間半)
【場所】ヴォアラ珈琲鹿児島市内店「ブティックコーヒー・ヴォアラ」
    鹿児島市東千石町2-2
【参加費】¥2,000(おみやげ付き)
【講師】中摩うらら(2011年国際品評会COEホンデュラス参加/ヴォアラ珈琲ロースター・バリスタ・カッパー)
【参加者定員】5名

参加をご希望の方はメールまたはお電話にてお知らせください。
メール:inouecoffee@nifty.com
電話:099-239-4151(ブティックコーヒー・ヴォアラ)


2011/12/16

焙煎とバリスタの大会で台湾へ

投稿者:ヴォアラ

1324019431440.jpg


2011/11/27

アフリカ、コーヒーの旅

投稿者:ヴォアラ

Afrc660

今年8月下旬、ヴォアラ珈琲の井ノ上達也は、自ら経営する自転車屋さんの新店舗オープン直前という忙しい時でしたが、合間をぬってアフリカの生産地を訪問する旅にでかけました。、、、、続きは、こちらをクリック
アフリカ、コーヒーの旅へ



2011/06/11

東京での中級カッピングセミナーです

投稿者:ヴォアラ

1307800459011.jpg
今日は、東京の中級カッピングセミナーのお手伝いに来ています。


2011/06/07

麗のホンジュラス報告会

投稿者:ヴォアラ

1307414434248.jpg


2011/06/05

ホンジュラスCOE品評会へ 今週のスケジュール

投稿者:ヴォアラ

Tumblr_llmcleo20b1qcyjw6o1_400
今週のスケジュール

Tumblr_llmcnn8dee1qcyjw6o1_400

ぎっしり。楽しみです。

Tumblr_llmjqyahly1qcyjw6o1_400

ジャッジがぼちぼち集まってきました。
ちょっと緊張します、、、

Tumblr_llnfwbtvyf1qcyjw6o1_400
Breakfast time:)


タンブラーの旅日記をこちらへ、、、ヒューストンへ到着

投稿者:ヴォアラ

Tumblr_llj6o7vteb1qcyjw6o1_400

今成田からです。 本日よりホンジュラスCOE品評会へ初国際審査員として参加してまいります。
急に決まったことなので心の準備もできてないまま背中を押されたかの様にいってきます笑
私か焙煎をし始めたころからCOEにいけるようになったらいいなぁと思っていまして、こんなにも早く実現できることに感謝です。
素晴らしいコーヒーと出会えるのがワクワクします。 頑張ってきます。
ホンジュラスに行くのも今回が初めてなので楽しみになってきました。
留守の間チームメイト、よろしくお願いします。
それでは、行ってきまーす

無事ヒューストンへ到着いたしました。こちらはらもう大分暑くなっています。 ホンジュラスはすでに30度はこえています。 今夜はヒューストンに一泊して、明日ホンジュラスへ出発です。

Tumblr_lllzg1ns5h1qcyjw6o1_400

無事ホンジュラス、サン ペドロ スラに到着いたしました。
暑いです!


Tumblr_llmbqdifyz1qcyjw6o1_400


今回の滞在中のホテル。HOTEL Y SUITES CONPATL


本日よりホンジュラスCOE品評会へ初国際審査員として参加してまいりまsita.

投稿者:ヴォアラ

本日よりホンジュラスCOE品評会へ初国際審査員として参加してまいりまsita.

投稿者:ヴォアラ

本日よりホンジュラスCOE品評会へ初国際審査員として参加してまいりまsita.

投稿者:ヴォアラ

本日よりホンジュラスCOE品評会へ初国際審査員として参加してまいりまsita.

投稿者:ヴォアラ

本日よりホンジュラスCOE品評会へ初国際審査員として参加してまいりまsita.

投稿者:ヴォアラ

2011/05/27

DancingBeansは、ホンジュラスへ

投稿者:ヴォアラ

チームメイトの中摩麗は、ホンジュラスで開催されてる品評会へ行ってます。カリブ海を前に金槌を手に?ウランちゃんの楽しそうな様子、、、今回の国際審査員は、一番したのリンクを張っておきます。
このメンバーです。世界各国から参加しています。

Ulala01
DancingBeans←ココをクリック中摩麗の旅日記

International jury←国際審査員メンバーは、ココをクリック


2011/05/21

今日からホンジュラスへ

投稿者:ヴォアラ

1305931425359.jpg
今日からホンジュラスへ行ってきます。
私は、名古屋に


2011/05/03

ヴォアラコーヒーオープン?

投稿者:ヴォアラ

Voila1984

1984年に、オープンしたヴォアラコーヒーです。整理してたら出てきましたその頃から珈琲豆専門店で電話番号も4151です、善い珈琲ですですね。売り場面積2坪で焙煎室1坪


2011/04/24

コーヒー教室の様子

投稿者:ヴォアラ

1303623727777.jpg


2011/04/23

明日は13時30分より珈琲教室をさせていただきます。

投稿者:ヴォアラ

明日は鹿児島イオン内の産経学園さんカルチャースクールにて、13時30分より珈琲教室をさせていただきます。

テーマは、
『家庭で手軽に美味しくコーヒーをいれるコツ』です。

ちょっとしたコツを知っていると、

驚くほど、簡単に、コーヒーをいれることができます。

そのコツをわかりやすく、丁寧に解説させていただきます。

 

ぜひ、この機会にご参加ください。

場所は、
旭屋カルチャースクエア イオン鹿児島店

住所
〒891-0115鹿児島県鹿児島市東開町7イオン鹿児島SC2階
TEL0992631646
FAX0992603888

参加には、事前の予約が必要ですので、お電話にてお願い致します。

ヴォアラ珈琲の コーヒー教室


2011/04/16

銀座の教室は、

投稿者:ヴォアラ

1302940805442.jpg


2011/04/01

Ulala Goes To Guatemalaウララのグァテマラコーヒーダイアリー

投稿者:ヴォアラ

Ulalagtml00_2
日本に帰ってきてあっという間に一週間がたつところです。早いですね。
無事鹿児島に帰り着きスタッフの顔を見てホッとしています。やっぱり鹿児島はなんか落ち着く場所です、不思議な感覚です。
帰ってきてからすでに忙しい日々です。今回行かせていただきました農園ツアーのお話も少しづつアップしていきたいと思いながらあっという間に一週間がたってしましました(汗)
今日からこそ!
さて、振り返ってみましょう、、、、まずは。グアテマ1日目。
DAY ONE
グアテマラには夜遅くヒューストンから到着しました。夜だったのであまり風景は分かりませんでしたが、思っていたよりも大きな空港で、気温もそこまで高くなくとてもとかいな町でした。
空港には翌日からホストを担当していただきましたフェデコカグア社のヘラルドさんがむかえにきてくださっていました。
とりあえずその夜は空港の近くのホテルへ宿泊して次の日からが本格的なツアーの始まりでした。

翌日朝早くヘラルドさんがホテルまで迎えにきてくださり、ヘラルドさんがつとめているフェデコカグアの事務所に移動。
Ulalagtml01
フェデコカグア社

フェデコカグア社とは、コーヒー豆のエクスポーターの会社です。生産者一人一人が個人のコーヒーというよりかは地域ごとにコーヒー豆をグループ分けして、そのエリアでとれる特徴のコーヒーを上手に一緒に輸出しているそうです。この会社はフェアートレードやオーガニックの認証などを扱う多くのコーヒーにとられていました。

ここのドライミルにもいきましたが、とても立派なもので、会社全体がとても効率よく、オーガナイズされている会社だなという印象でした。
まだまだ続きがありますので是非、下をクリック↓

Ulalagtml04
ドライミル


Ulalagtml05


Ulalagtml06


Ulalagtml07


Ulalagtml02


Ulalagtml03
ニュークロップ

私たちがドライミルを見に行っている間ヘラルドさんは自分の自宅の方へ戻って私たちのお昼ご飯の準備をしに帰っていきました。この日はなんとヘラルドさん家族がウェルカムランチパーティーを開いてくださったのです♪
美味しいお肉をヘラルドさん自身が焼いてくださり、またすてきな奥さんの手料理もたっぷり!全部本当に美味しかったです!
素晴らしい大きなお家にもびっくりでしたがヘラルドさんのおもてなしのごちそうには本当に驚きました。嬉しかったです。すてきなご家族にもお会いでき嬉しかったです。

Ulalagtml08


Ulalagtml09

ヘラルドさん、にっこり。

こんな感じで素晴らしいツアーのスタートとなり、とてもワクワクでした。
夕方には次はアンティグアと言う場所へ移動し、ここで二日間滞在しました。
アンティグア地方とは私たちも今まで数多く買い付けてきたコーヒー豆が作られていたエリアもあり、ここを今回たずねることができるという事でとても楽しみにしていました。
車で走る事30分、今までとても賑やかなトカイの町からいきなり町の風景が全く変わり、古い歴史を感じるような、とっても素敵なアンティグアに着いて、、言葉では上手く表現できませんが、本当に奇麗なところでした。
ホテルにも無事着いて、美味しいご飯を食べて、あっという間に一日目が終わってしまいました。
DAY TWOに続く...
ヴォアラnoグァテマラ
中摩麗のグァテマラコーヒーダイアリー←こちらをクリック


2011/03/31

ここは、おとなを磨く場所でデビュー?おとな塾?

投稿者:ヴォアラ

もうすぐ、ヴォアラ珈琲が、東京の銀座でコーヒー教室を行います。申し込みが必要です。
ヴォアラ珈琲の美味しいコーヒー教室 2011年4月17日日曜日 AM10:30〜12:00
美味しさには、種も仕掛けも ございます。家庭で、簡単に 美味しいコーヒーを淹れるコ ツを、丁寧にお伝え致します。
講師は、バリスタ&ローストマスターの中摩麗が担当します。
詳しい事は、画像の下のリンク先をクリックもしくは、下記載の電話番号へお問い合わせください。
Otona_3

銀座おとな塾の沿革
産経学園は昭和30年(1955年)3月12日、東京・大手町の産経会館に誕生しました。
当初の名称は「東京婦人会館」。戦前、日本で最初の「婦人のための教養クラブ」として活躍していた「東京婦人会館」を戦後の新しい時代の要求に応える、新しい女性のためのクラブ組織として開設したのが最初です。
戦前の「東京婦人会館」は昭和13年に、小林一三の発案で東京・有楽町の日劇5階に開設して、各種講演会、技芸教授教室、旅行会、各種相談室などの活動を戦渦が厳しくなる昭和18年まで続けました。その活動の中心となったのは、村岡花子、吉岡弥生、吉屋信子、市川房枝、など女性文化人でした。
その同じ人たちが中心になり、戦前の経験を生かし、産経新聞社が協力して、昭和30年(1955年)に新しく「東京婦人会館」がスタートしました。その活動の中で最も大きかったのが「技芸教授教室」です。
近代ビルの中で一流の講師に直接、安い月謝で多方面の「技芸」が学べるということは、当時としては画期的なことでした。
夜間部も設定することにより、働く女性にも歓迎され、開設1年で、各教室はほぼ満員となりました。
そこで、この「教室」部門を正式に「産経学園」として独立させ、男性も迎え入れることにしました。
それからは、性別、年齢、資格などいっさい制限のない自由な教室「産経学園」の運営となったわけです。
以来、「伝統ある生涯学習の広場」として関東、関西にネットワークを広げて行きました。

詳しい事は、下記載のリンク先をクリック↓
入会・受講のご案内
パンフレット
銀座おとな塾Twitter
銀座おとな塾←詳しい事は今すぐクリック!



2011/03/12

ヴォアラ珈琲より

投稿者:ヴォアラ

ヴォアラ珈琲のチームメイト一同、今回の地震の被害状況をテレビで知り、心配でなりません。
ヴォアラ珈琲で出来ること、助けになる事がございましたら、お知らせください。

珈琲一杯で皆様へ活力のお手伝いが出来るのなら、お届けしたい気持ちでいっぱいです。
災害地で、ボランティアでお手伝いされてる方で、珈琲を淹れてあげるられる方がいましたら、ヴォアラ珈琲からお送りします。

現在も配送システムなど大幅に遅れてるため希望の日時にお届けする事は、厳しい状況ですがお知らせください。抽出方法もお湯さえ湧かす事が出来れば簡易な道具で可能です。

暖かい珈琲をお届けしたい気持ちでいっぱいです。 

ヴォアラ珈琲の背丈に見合った数しかお送りできませんが、精一杯の気持ちです。

今ヴォアラ珈琲が出来る事は、目の前の珈琲と向き合って、淡々とこの素材の魅力を表現出来るよう、珈琲生産地の農家の方々の努力を無駄にせぬよう、地球の恵みに感謝しながら珈琲と向きあっていきます。
被災地のみなさまのご無事をお祈りしています。  
井ノ上達也 ヴォアラ珈琲チーム一同


2010/10/17

今,ヒューストンです、

投稿者:ヴォアラ

0DEFC305-AB2B-49E7-91EE-C3935F0D3F88
今回のシルビオレィチェセレクションから
この農園と出逢いました、皆さんに紹介できる事を嬉しく思います。ありがとう。
サンジューダス農園


2010/09/29

中摩麗バリスタから応援してくださった皆様へ、、、

投稿者:ヴォアラ

P1070126

すっかり鹿児島に戻ってきていつもの生活に戻りました。

チームメイトの顔を見てホットしたせいか力が少し抜け始めています。

ジャパンバリスタ大会も無事終了いたしました。感謝なことに今年は準優勝と選ばれました。

2位というポジションは戦う選手としてはとても悔しいポジションとも思われる2位ですが、私にとっては2位になったということよりも去年の自分をこえることができ、また今年も無事大きなミスもなく体も良いコンディションでウララワールド?で気持ちよくプレゼンテーションをできたことに大きな喜びを感じています。そしてそのプレゼンテーションを数多くの方に喜んでいただけたという声があり、それが何よりもうれしいことでした。

今年は実は大会にでるつもりはなく、申込日も過ぎてしまっていた為東京でしかスペースがなく急遽東京で出ることになったことから決勝までの期間があっという間にたってしまいました。

やはり日々コーヒーと向き合いチームメイトと一生懸命より美味しいを求めがんばっている思いが、また舞台でその思いを伝えたいと言う気持ちに自然と変わりました。

こういう大会に出る方は同じように思っているとおもいますが、大会に出るには多くのサポートがなければベストはつくす事はできないし、自分一人では何もできません。自分にできることはほんとわずかなことです。私が大会に出たいと思う気持ち、それだけの為に多くの方が動いてくれ、貴重な時間も使い、心が一つになり、最後の最後までベストを出し切る為の努力をしてくれたチームメイト。私は感謝な気持ちが伝えきれません。

優勝は無理でしたが、素直に今の自分では世界では優勝できないことも今回の大会で感じましたし、まだ代表的な存在は私には早すぎると感じました。まだまだテーマはたくさんあり、今からのヴォアラコーヒーがより楽しみになってきました。

バリスタとしてもまだまだやっとこれからだなと思います。ようやくスタートにたった気持ちです。いつも思うことは、私もヴォアラ珈琲も丁度いいペースで進められている気がします。

自分たちのカラーをしっかり持ちながら今後も日本だけではなく世界に通用するヴォアラ珈琲になりたいと思います。

感謝な気持ちを伝えたい方がいっぱいいますが一人一人の名前を書いていくと気が遠くなりますので笑、どうぞお許しください。

そして、いつも言い忘れますが、毎年毎年大会の為にボランティアーの方が全国からお手伝いにきてくれますが、今年も本当にありがとうございました!!また新しい出会いもあり、大変うれしく思います。またお会いできることを楽しみにしています♪


DancingBeans


2010/07/27

ホームページ関連担当のチームメイトが、、、、

投稿者:ヴォアラ

20100723_132350東京で初心者向きのカッピングセミナーが、開催される情報が入り、現在、新しくお店をオープンされる方にも直ぐに連絡して、銀行との打ち合わせもあったようですが、コチラは、その日以外でも困らないので緊急に予定変更してもらって、行くように指示を出し、ヴォアラで現在ホームページ関連や、その他の仕組みづくりに参加してもらってる、チームメイトも共通の話題でコミニケーション出来るベースを作るチャンスだったので航空券の手配をして、行ってもらいました。そして今日は、明日から珈琲の基本を学ぶセミナーが、特別なオプション付きで開催されるようで、こちらも私も参加したい様な内容ですが、今年最後との連絡でしたので3名のチームメイトが、代表で出かけました。

留守番組は、既にその内容のセミナー受講済みの竹元、中摩、大山、山元、井ノ上が留守番です。
早速、鎌田さんからは、今テーマの食堂用の冷製パスタ用フォークの写真が、届き、渋谷に出来た、NO.8 BEAR PONDでランチを、、、と情報が届きました。本日組3人は、午前中に近くのSTREAMER COFFEE COMPANYで、デザインカプチーノを頂いてるので夕方頃店舗を見に行くかもしれません。

そんな事を書いてると本日3人組は、御徒町で美味しいお鮨を頂いてると連絡があり、女性の魅力?お店の人からお腹がすいてたら好きなのをどうぞと追加で色々ごちそうになったそうです。2800円のセット以上で好印象だったようです。このお店は、私も好きなお店です。総合点がハナマル組です。
あさってから今度は、井ノ上、竹元、中摩が、東京へ旅立ちます。

さてナチュラル思考の鎌田組からは、簡単なレポートが、、、
昨日のカッピング・セミナー初級編、後ほどリポートにまとめますが、
とても有意義で楽しかったです。参加させていただき、改めてありがとうございます。

@@@さんのスペシャルティーコーヒーに関する説明のあと、
4種類(スペシャルティーコーヒー2つ+コマーシャル2つ)を順序を変えて2回、カッピングしました。
1回目、1つのコマーシャルをスペシャルティと間違え、@@@さんの説明により、
酸の強さに引っ張られて高得点を付けたことがわかり、2回目では無事そこを修正して違いを判断することができました。

熱い時には分かりにくいものも、冷めてくるとクリーンカップや甘さなどの違いがはっきりしてくるという感覚を体験できたのも、初心者の自分にとってはとても楽しかったです。

スペシャルティーコーヒーの特徴であるいろんなものを思わせるフレーバープロファイルをどう表現するのか、
消費者の共感を得るためにどう表現するのかなど、カッピングの時のとても有意義な視点ができました。

安定した基準になりうる採点の技術をはやく身に付けられるようになりたいです。

懇親会でも@@@さんや@@さんはじめ、いろんな方とおはなしできて楽しかったです。

かまだ


2010/06/30

7月のコーヒー教室のご案内

投稿者:ヴォアラ

7月3日 土曜日 
初級編 
内容は・・・
家庭で簡単に美味しいコーヒーをいれるコツ

少し知ってだけで、こんなにも、簡単に美味しくコーヒーは
はいるのか〜という、ちょっとしたコツをお伝えします。

1時間 2,000円(税込)
時間は午前10時から11時まで
場所は、ブティックコーヒーヴォアラ(ヴォアラ珈琲 鹿児島店)

受講ご希望の方は、予め予約が必要です。
どうぞ、お気軽にお問いあわせください。
電話 099-239-4151
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月11日 日曜日
ハンドドリップ編
内容は・・・
ドリップコーヒーとは
ドリップのコツ
ドリッパーの形状による、味わいの違い
ペーパーフィルターと金属フィルターの違い
などなど

少し、違いで味わいは、こんなにも変わるのかという実験を
家庭では、なかなかできませんが、お店だからこそできる体験です。
少し、マニアックに?コーヒーをいれてみたい方に。

1時間 2,000円(税込)
時間は午前10時から11時まで
場所は、ブティックコーヒーヴォアラ(ヴォアラ珈琲 鹿児島店)

受講ご希望の方は、予め予約が必要です。
どうぞ、お気軽にお問いあわせください。
電話 099-239-4151
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月18日 日曜日
アイスコーヒー編 夏季限定


内容は・・・

家庭で、簡単に美味しくアイスコーヒーを作るコツ
色々なアイスコーヒーの作り方
水出しアイスコーヒーの作り方
などなど

1時間 2,000円(税込)


時間は午前10時から11時まで

場所は、ブティックコーヒーヴォアラ(ヴォアラ珈琲 鹿児島店)

受講ご希望の方は、予め予約が必要です。

どうぞ、お気軽にお問いあわせください。

電話 099-239-4151

Photo_2


2010/06/25

八王子リトリートレポート竹元俊一、、、

投稿者:ヴォアラ

20100623_12934_2

八王子リトリート 2010年6月20日
6月7日から10日まで、東京は八王子のセミナーハウスという山奥の中で、全国のコーヒー屋さんが集まり、焙煎の事を集中的にセミナーやチームごとに分かれての、ベストロースト賞などを競いあいながらも、お互いに情報交換しつつ、勉強をしていく勉強会(合宿)に参加させていただきました。

去年も参加させていただいたので、今回で2回目の参加となります。

去年は、初めての参加で、毎日が精一杯の中で過ぎ去っていきましたが、今年は、去年の経験を活かして、少しテーマを持って参加してきました。

それは、焙煎機の違いでどこまで、同じコーヒーでも味の違いがでるのか、また、それの違いや、良し悪しを、他の方々や先輩方の意見をききつつ、カッピングレベルで判断して、さらにカッピングレベルの向上にも努める事。

3泊4日というスケジュールの中、今年は山の中にあるセミナーハウスで行われましたので
東京とは、いっても、歩いてはコンビニにもいけない様な所にあり、完全に合宿状態となりました。

そんな山奥の中で、全国のコーヒー屋さんが、朝から晩までコーヒーを焙いて、コーヒーを飲んで、コーヒーを語ってという毎日に、自分もまったく、違和感無く、進んでる様子を、フっと客観的に見た時に不思議な気分な3泊4日となりました。

さて、テーマを持ちつつ、コーヒーを焙いて、コーヒーを飲んでみると、自分の予想以上に
同じ生豆でも味わいや、表現の違い、特徴の出方が違う事にビックリしました。
やはり、コーヒーはかなり複雑な飲み物である事を、ますます実感します。

時間や、焙いた感覚が非常に良くても、飲んでみると、おもった程よくなく、逆にテスト焙煎くらいの意気込みで焙いた物が非常によかったりと、わからないものです。

ただ、今回感じた事は、コーヒーの生豆のクオリティがいくら良くても、焙煎によって、その特徴を
存分に出せたり、逆に閉じ込めたりしてしまう事は、多々あるという事です。

そして、生豆のクオリティを引き出す為には、焙煎の論理的な感覚と、生豆から聞こえてくる合図、(焙煎中の匂いなど)をリンクさせて焙煎するスキル、+、焙煎機の構造に伴うカロリーの当たり方や抜け方を察知する理解と理論と観察力だと感じました。←ここが今回の収穫分です。


今回、リトリートでは、ベストロースト賞ともう一つ、アレンジアイスコーヒー賞がありました。私達のチームも、もちろんダブルでの受賞を狙って、毎日、議論と焙煎とカッピングの繰り返しでした。

また、アレンジアイスコーヒーは、僕の得意な分野でもあったので、自由にやらせてもらい、
焙きあがったコーヒーと直感的に感じた味わいとを、素直にあわせた物を、つくらせてもらいました。

3泊4日ものコーヒー漬けの毎日は、こんな毎日の連続で、夜はコーヒーの変わりにお酒を飲みつつ、話題はコーヒーの話ばかり。
結果はといいますと、アレンジアイスコーヒー部門は私達のチームと他に2チーム、合計3チームが絵に書いたシナリオのように同票で同率1位、仕方が無いので、ローストマスターズの運営の方々の投票も入り、最後の最後で1票足らずに2位という結果でしたが、今までのリトリートにはない、大きな盛り上がりとなり、非常に楽しい、イベントでした。
結果は惜しくも2位でしたが、とても盛り上がり、自分でも大興奮でした。
そのコーヒー漬けの合間に、いきなり始まった。キモダメシの様子!!!!!!!!!!!!!!!最終日にはキャンプファイヤーも
そして、なんと、ベストロースト賞は、私達のチームの豆が1位に輝き、
終わってみると、内容も結果も非常に満足と納得のいく3泊4日となりました。

この、経験と感じた事を、お店の皆にも、一緒に共感、伝えていければとおもいます。

また、留守中,お店は、忙しく大変だったとおもいますが、お留守番をしてもらったチームメイトのみんなにも、お礼を申し上げます。ありがとうございます。 竹元 俊一


2010/06/24

第3回ローストマスターズリトリート大山桜子レポート、、、

投稿者:ヴォアラ

20100623_12117


Roast master’s retreat 2010 第3回ローストマスターズリトリート
team: tomar cafe Sakurako Oyama
ローストマスターズに参加して

Roast masters
今回初めてローストマスターズに参加させていただきました。まずはじめにこのような素晴らしく、めったにない機会に恵まれたこと、参加させていただいたことに感謝します。ありがとうございます。
今回特筆すべきことは、やはり参加者のコーヒーに対する熱意です。3日間を通して、全国から集まったロースター達と語り合う機会がありましたが、みんなの熱さに圧倒されました。

焙煎とアレンジ
今回は二つのテーマがありました。ボリビアの焙煎とアイスコーヒーのアレンジを競うこと。私はまだ本焙煎はしたことがなかったので、なるべく参加者の皆様の焙煎へ対する考え方、焙煎の仕方、コーヒーに対する考え方等々を知りたい、取り入れたいと思っていました。

第一日目は夕方集合してチーム振り分け、そしてチーム名を銘々決めました。ブラジルの名前にあやかって、トマカフェ(tomar cafeコーヒーを飲む)になりました。

第2日目はコーヒーオイルが焙煎後にどう形成されていくか、興味深い顕微鏡単位の写真を見せてもらいました。顕微鏡で見るコーヒーオイルはきらきらしていて、とてもきれいだったのが印象的です。その後はカッピング。

3つのサンプルの中にひとつ、ハイコマーシャルの豆があり、けっこう惑わされました・・・何かを掴もうと必死です。

もっと点数に誤差の無いよう、経験、練習を積まなくては・・・と自分のどこが弱いのか少し掴めた気がします。午後からはDiedrich, Petrontini, Probatの焙煎機の使い方を教わりながら、実際に焙煎をしてみました。

そこで、なんと!私も初めて焙煎をさせていただきました。その焙煎機はDiedrich。排気のこと、ガス圧のこと、頭が一杯で説明を聞きながら、お手伝いしてもらいながら、何とかという感じでした。

初めての焙煎はとてもドキドキ。未踏の領域が多すぎて、でもとてもすがすがしい集中力を注ぐことができて、そして実はとても胸が高鳴っていました。

初めての焙煎、それはとても心躍る瞬間でした。さて、その後は実際に翌日提出しなくてはならない勝負豆の焙煎、そしてアレンジアイスコーヒー用のことを考えながら皆で焙煎をして、カップをとって・・・アイスコーヒー用はケニアがとても良さそうです。

初焙煎をしたDiedrichを実際に使っていらっしゃる方がいらしたので、どういうふうに排気を設定しているとか、どのタイミングでガス圧を上げて行くのか、そしてその時の温度は、など学ばせていただきました。

その後は夕食をチームで取り、どんな豆に仕上げたいか、重要なミーテジングをしました。昨年の話を聞くと、とても深い焙煎もあったみたいですが、今年はそうでもなくて、足並みが揃っているそうです。

どんなコーヒーがロースター達に好まれつつあるのか、垣間みることができました。2ハゼ手前程度の深すぎない、明るめの焙煎度合い。どの状態が豆の個性を引き出してくれるのか。これはとても興味深いことです。明日の焙煎のためにも復習をしました。

第3日目はアイスコーヒー用のアレンジの食材を仕入れに行きました。あれやこれや買って、予算オーバーしましたが・・・。今日が勝負豆の提出期限なのでみんな真剣です。ひたすら焙煎。焙煎機待ちの間もひたすらサンプルで焙煎。

私は昨日学んだ焙煎の仕方を参考にしながら、豆の気持ちになるべく合わせながら、またDiedrichで焙煎をしてみました。昨日より、上手くいきましたが、まだまだ発達していないところが多すぎました。

チーム内で勝負豆をカップして決めて提出、その後全員でそれをカッピング、そして点数を提出しました。これで勝負豆は一段落です。アイスコーヒーの準備などもした後、いよいよ明日が最終日。童心に帰りキャンプファイヤーや肝試し(?)で盛り上がったのでした。


第4日目は朝からアイスコーヒーのアレンジへ没頭しました。ケニアのアイスコーヒー(プレスで前日いれていた)にごく少量のパイナップル、すっきりさせるために少しのソーダ水、食感のタピオカをいれました。とても爽やかな一品。

こんなアレンジアイスコーヒーなら飲んでもいいなあと自負しましたが、接戦の結果、第2位でした。でもさらに、奇跡は続き、自分たちの勝負豆も本当に小数点の接戦にて2位を獲得しました。一番だと思った豆が自分たちのだと思ったのですが・・・


焙煎を通してみえてくるもの
まだ焙煎については学び始めたばかりの私にとっては、今回のローストマスターズの参加は、先輩方から学ぶいい機会でした。ロースター同士も意見を交流し合ったり、コーヒーについて考えるとてもいい刺激でした。

ひとつ、特筆すべきことは、みんな寝ても覚めてもコーヒーのことしか話していない、ということ。ちょっと普通では信じられないかもしれませんが、要はコーヒーに取り付かれてしまったのだと思います。そして確実に自分もその中に浸りつつあるのです...

今回色々な方の焙煎の仕方、クセなどを知りましたが、ひとつの種類の豆を焙煎をするのに100通りのアプローチの仕方があるのだとしたら、ベストは豆はどう焙煎されたら気持ちがいいのか、豆の気持ちになって選ぶこと、それが大事なのではと思いました。そのためにはやはり100の方法も知っておかなくては・・・

そしてカップの先には何があるのか?焙煎だけでなく、コーヒーを通して何がこれからできるのだろうという可能性についても期待をし始めるきっかけにもなりました。

まだ自分のコーヒージャーニーは始まったばかりです。これからももっと突き詰めていきたいと感じ、刺激を受けた4日間でした。本当にありがとうございました。大山桜子


2010/06/23

エルサルバドルCOE 2010 レポート中摩麗、、、

投稿者:ヴォアラ

20100623_10937

エルサルバドルCOE 2010 Ulala nakama 
May 1 ~ 9 2010(Alicante Hotel - Ataco Apaneca)
1.INTRO 初めに、、、
今回初めてのカップ・オブ・エクセレンス品評会に参加させていただき、このような素晴らしい体験をこんなにも早く 経験できた事に大変大きな喜びを感じています。
前から行ってみたかったCOE、、、、楽しかったです。

このようなチャンスを、井ノ上さん そしてヴォアラ珈琲に、感謝します。ありがとうございました。
私がコーヒーの仕事をはじめてからまだ4年目ですが、こんなにも いろんな経験をできたことは本当に感謝としか思えません。

COEは、正直まだまだ経験が浅いので自信がありませんでしたが、緊張の中、挑戦した後は、やはりいろんな事を教えられ、多くの事を学ぶことが出来、今後に、結ばれて行くと強く感じました。

私達の仕事は、世界に向けて世界中の人と繋がっていることも今回11カ国の国際審査員に出会って感じました。

みんな それぞれの国で美味しいコーヒーを探し、目指している事は一緒。そんな方々とお話ができた事も今回、私に大きな喜び そして自分の仕事に新たな楽しみが見えることが出来ました。

生産国に来ると私も含めてみんなの心がリセットする気がします。
フォーカスがコーヒーそのものにはっきりとピントが合うような、、、 素晴らしいテロワールと生産者の努力がコーヒーの舞台の元となり、私達にその美味しさの結果を届けてくれ、それを私達が世界に広げて行く、、、コーヒーがこんなにも世界を動かしていることは本当にすごい事です。

COEは、生産者、バイヤー、ロースター、コーヒーに携わる方々と透明性のある関係を守りながら、それぞれの生産国を代表する素晴らしいコーヒーを紹介し、また生産者の方々を応援する素晴らしいものだと思います。

応援してくれる人々がいるから生産者も心強くコーヒー作りに頑張るし、目指すハードルが高くなり、素晴らしい物が生まれるので、これは本当に素晴らしい縁だと想います。

ヴォアラ珈琲を通して、私はその一部である事を普段の忙しい仕事の中で忘れがちになることがあります、だからこんな場で違う目線からコーヒーを見れることができることは本当にありがたいことです。

去年はじめて生産国に行かせてもらった時、ニカラグアで一緒になったメルカンタのホセが私に「一緒にエルサルバドルのCOEに行こうよ!」と、さりげなく言ってくれた一言に、今は感謝しています。

ABOUT COE
カップ・オブ・エクセレンスについて
はじめてのカップ・オブ・エクセレンス。
はじめてのエルサルバドル。はじめての体験ばかりに私も心の準備もないまま今回はオブザーバーとして参加させていただきました。

オブザーバーとは、品評会で審査員と一緒にカッピングをして同じことを行いますが、スコアーは品評会にはプラスされません。

エルサルバドルのCOEは今回で8回目となりました、当時はまだ生産国として全く知られていなかった国がこのCOEが始まった事によって、生産者の意識が変わり、当時考えられないほどの変化が見えると皆さんが言っていました。

エルサルバドルは他の生産国と比べてものすごく小さな国なので、量よりもコーヒーの質にこだわる大切を感じ、その努力の結果、今は素晴らしいコーヒーがとれる場所として注目を浴びています。

品評会はエルサルバドルのアパネカと言う地域にあるアリカンテ・ホテルで行われました。
日本、アメリカ、ノルウェー、スエーデン、イギリス、オーストラリア、韓国、エルサルバドル、ドイツ、ニカラグア、南アフリカと合計11カ国の国際審査員が今回の品評会に参加していました。

大きい会社から小さな豆売り店をしている方々で、いろんなカルチャーをバックにしたカッピングはとても面白い風景でした。

やはり、普段食べている物や、気候の違いや、いろんな事が違うとカッピングも同じカップの中から感じる物が違い、皆さんの表現するフレーバーがとっても面白かったです。

しかし、美味しいと思う物は意見があうところが不思議、、、。

始めはバラバラな意見からはじまりましたが、味の擦り合わせをしたり、ディスカッションをする事によってみんなの意見が上手くまとまり、面白かったです。

これがプロのカッパーなんだな、と勉強になりました、ぶれないカッピングが素晴らしかったです。

カップ・オブ・エクセレンスに選ばれてきたコーヒーは全てまず国内予選を合格しなければいけません、私達が来る前にすでにこの国内予選が行われておりました。今回は約140個のコーヒーが予選で選考され、COEには47生産者のコーヒーが選ばれました。

国内予選の審査員はカップ・オブ・エクセレンスのヘッドジャッジの一人シェリー・ジョーンズが育ててきたエルサルバドルのカッパー達が審査を行い、エルサルバドルを代表する可能性を持つコーヒーを選びます。

一日目はまず、カリブレーションのカッピングを3セッション行いました。これは今回どのようなコーヒーが集まってきているかの確認も含めて、その全体的なレベルを皆でディスカッションしながら、大きく点数がバラ付かないようにカッピングで確認をとっていきます。

初日はとても緊張しました。普段カッピングをしていますが、今までは、焙煎のプロセスを見るカッピングを集中的にしていましたので、「質」を見る実力には正直自身がありませんでした。素晴らしいコーヒーを前にして上手くその良さを表現できるかとても心配しました。

朝現地の朝ご飯を食べ、カッピングルームに入り、1ラウンドのファーストセッションがいよいよ始まり、賑やかなカッパー達もカッピングが始まったら真剣モードに切り替えます。部屋は一瞬にして静かになり集中モードです。

8種類のカップが前にずらりと並び、まず、ドライ、クラスト、ブレーク。いよいよカッピングが始まりました。

今回私は、プラム、オレンジ、フローラル、いちじく、ネクタリン、マンゴーの様なフレーバーが多くのカップから感じました。好みで好き嫌いがあっても全部美味しい。全体的な高いレベルに驚きました。

初日は、私が最近カッピングをする時のやり方で、酸の質を細かく見て行く方法でやってみました。
始まってからアッと言う間に40分がすぎ、ディスカッションルームへ、、、
なんとかブレは無く、次のセッションはもっとリラックスしながらカップがとれました。
お昼過ぎには2セッション、3セッションとアッと言う間に初日のカリブレーションが終わりました。

明日からの本番に向けて午後からはリラックスタイム。マッサージをする人もいれば、町に出たり、ぼーっとする人も。私は時差がひどくてよく寝てました(笑)

二日目、いよいよ本番の一日目、8カップづつ3セッションに分けてカップをとります。

今までのカッピングの経験の中でいちばん難しいテーブルでした。国際審査員のカッパー達もけっこう苦労していました。

なぜなら、エルサルバドルは先ほども言った様に量よりも質に一生懸命頑張ってきた国ですので、COEに選ばれてくるコーヒーは全体的にレベルが高いコーヒーが集まっているのです。

ブラジルとか、ニカラグアとかはまだCOEでも差がはっきりしているからまだやりやすいとあるカッパーが言っていました。

はじめてからエルサルバドルはハードルが高かったかな、と後から知った私はとにかく必死でした(笑)

初日のカリブレーションでは酸の質を集中的に見て、全体の質を見て行く方法ですすんでいましたが、この方法だけではこのレベルになると逆に難しくなったので、途中でやり方を変えました。

丁寧に一つ一つの項目も同時に見る方法に切り替えました。

ちょっとした違い程分かりずらい。分からなくなり、途中で焦ってくる自分にパニックになりそうでした(笑)しかしこんなにも楽しいカッピングははじめてでした。

1セッションが終わり、ディスカッションルームへ、まず79点以下の点数を付けた人から手をあけげていき、次に80〜83、84〜86、87〜90、90〜94、95点以上とカッパー達のスコアを集めて、平均の点数を出します。そのスコアの順位がCOEの順位となります。

こうしてあっという間に2セッション目、3セッションめと無事終わり。一日が終わりました。

午後はまた気分転換の為に近くのコーヒー農園や、精製処理するミルなどに連れて行ってもらったり、楽しい時間を過ごしました。

夜はホテルで食事、品評会の間はできるだけ味の濃い物は少なめに、豆、野菜、お肉がメインに用意されていました。個人的には美味しく頂ける物ばかりで良かったです。

さて、二日目は同じく3セッション行い、午後には終わりました。こうして点数を付けてしぼっていくことによって最終日に行うトップ10のコーヒーが選ばれて行くのですが、とっていくカップのほとんどが点数が高く付けられ、なかなかしぼられない為カッパー達は何回もお同じコーヒーをカップとらないといけなくて、大変厳しい審査でした。

さて、三日目はファイナルの前日。一日中カッピングです。しかも8種類が9種類に増えて、5セッションも行いました。

皆さんの集中力に尊敬します。その後ろには結果を待っている生産者がいる訳ですし、皆さん真剣です。

楽しい緊張感でした。
さすがに一日もカッピングをした後は皆さん疲れたようで、それぞれ静かにリラックスタイムでした。私も今回エルサルバドルではよく寝ました。

しかし、休憩時間でいろんなカッパー達とコーヒーの話をしたり、散歩に行ったり、写真をとったり、とても充実した毎日でアッと言うに一週間が過ぎてしまいました。おかげさまで体の体調もよくなり、エルサルバドルの良い機構に体も元気をもらいました。正直まだ帰って来たくなかったです(笑)

いよいよ最終日となり、トップ10のカップが選ばれ、午前中10カップ全てを1セッションでカッピングを行いました。この中から優勝するコーヒーはどれなんだろう?、プルデンシャルアワードをもらうコーヒーはいくつ出てくるのであろう?(90点以上のコーヒー)そんなことを考えるとさすがに どきどきとしましたが、あまり考えるとカップをとれなくなるので、リラックスして楽しむことを意識しました。

こんなにも素晴らしいコーヒーを同時にカップできることはまずないことですし。エルサルバドルを代表するコーヒーを飲めるなんて本当にラッキーです。

最終日は1時間半かけて無事終了。全部、美味しかった!!!!!!!!!!!!!!
その分順位を付ける事は本当に難しかったです、最後の一分まで時間をかけながら最終スコアを付けて行きました。

何回も迷いながら最後は素直に自分が美味しいと思うコーヒーを選び、今年のエルサルバドルのCOEも無事終了いたしました。

楽しかったです。
自分の実力はまだまだだと感じましたが、自分が上手くとれない項目、カッピングをする時どのような流れで進むのが自分にとってはやりやすいのか、いろいろと気づかされました。

これからもっとカッピングを頑張って、安定するカッパーを目指して、次はカップ・オブ・エクセレンスの国際審査員を目指したいを思います。

ABOUT El Salvador  エルサルバドルについて

エルサルバドルでは6ヶ所の地方でコーヒーの生産が行われていますが、
今回私達はエルサルバドルのAhuachapanという地方のアパネカと言う場所に滞在していました。

ここから車で1時間ぐらいところにSanta Anaというエリアがありまして、ここがエルサルバドルの中でも一番美味しいコーヒーがとれるエリアとして有名な場所です、今回のカップ・オブ・エクセレンスを優勝したフィンカ・スイサもこのエリアの農園で、今までのCOEを優勝した農園、8回の中7回はこのサンタ・アナのエリアからの農園です。
ここは火山に囲まれているエリアで灰に含まれているミネラルがたっぷり土壌に含まれていますが、その影響も大きいと言われています。

場所にもよりますが、標高500m〜2,300m以上超えるところもありコーヒーには最高なテロアールに恵まれている場所です。

エルサルバドルはブルボン種がメインに収穫され、次にパカマラが多く収穫できます。
パカマラとかマラゴジッペ、パカスはすべてここエルサルバドルから生まれた新しいバラエティー(品種)です。



2010/06/21

先々週は、福岡へ、、、、

投稿者:ヴォアラ

Kawaidakubo


スタッフの久保田と川井田は、永嶋サトシ氏が講師のPhotoshopCS5のセミナーへ休みの日に福岡まで行きました。
プロカメラマンへ混じって一生懸命勉強して来たようです。女性は、二人だけ?二人とも元の職場で仕事でバリバリ使ってたので理解度はあり、今度のバージョンは良さそうなので買っても良いかもと言ってました。

帰りは、天神へ出て夕食を済ませて帰る予定が、バスの時間が余無くて軽く済ます予定で入ったお店が、うどんすきの専門店だったらしくて、座ったとたんに小鉢が出て来て、メニューを見て気がついたみたいです。帰る事も出来ず、バスの時間も気になって
早そうなメニューを選んだそうですが、、、、帰りに、次回は、うどんすきを食べて行ってくださいねと言われたそうです。次回は、知り合いのお鮨屋さんへ招待しましょう。ご苦労さん!
今度は、ウェブ関係が得意でMacにいたスタッフが、、、
第36回九州電塾セミナーレポート


2010/06/20

定休日の早朝から勉強会、、、

投稿者:ヴォアラ

_1050365先週の国分の定休日の早朝8時から自主参加型のアドビのイラストレターの講習会を鹿児島店で行いました。結局東京の中級のカッピングセミナーへ今回参加で居なかったモッチン以外は、全員参加となりました。講師は、某デザイン会社を退社したボンボリさんです。ボンボリさんは、早朝4時から起きて今日の為の準備をしたそうです。

そんなこんなで相変わらず色々な事にスタッフ一丸となって挑戦しております。


2010/05/02

エルサルヴァドールへ到着しました、、、

投稿者:ヴォアラ

今回は、先週アメリカへ行ってきたばっかりで、時差も忘れて、飛行機に飛び乗りました。
前回のアナハイム往復で、ビデオが見れなかったので今回は、3本も見れました。機内食を食べないで到着したら、ヒューストン空港のお気に入りのシーフードレストランで次の乗り継ぎ時間までゆっくり食事しました。サーモンとカニの乗ったチャーハンみたいな食べ物です。ココのは、何を食べてもはずれがありません。そして、1階のコーヒーショップのお菓子のショーケースをノゾクと手頃な値段のお菓子が並んでいました。このぐらいのプライスなら日常の小腹の空いたときのおやつになりますけど、、、色々な大人の事情でむずかしいですね。

Img_1393_2


Img_1395



2010/04/04

BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの鹿児島案内を見てくる方が多い

投稿者:ヴォアラ

51liettl6vl_ss500_
最近、この本を読んでお店に来店されるお客様が増えています。私もホームページでしっかり報告してなかった事に気がついて紹介します。地元の方も知らない情報が満載です。

ヴォアラ珈琲の記事も載ってますし、何故だか1959年生まれの方が3人、各4ページにわたり掲載されています。
BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの鹿児島案内

内容紹介
2008年初夏にはじめて訪れて以来、いつの間にかぼくの鹿児島訪問は2年弱で10回を超えていました。 この度、自分なりに書きためてきた鹿児島についての文章と写真、鹿児島の楽しさを教えてくれた仲間たちが あらたに挙げてくれた鹿児島のよかもの、ぼくと同じように鹿児島好きになったフォトグラファー平野太呂が 撮影した写真などを集めて、『ぼくの鹿児島案内』という本を作りました。 豊かすぎてうらやましくなる鹿児島の魅力が、より多くの人に伝わればと願っています。

著者について
岡本 仁(おかもと ひとし) 1954年北海道生まれ。マガジンハウスにて「BRUTUS」「relax」「ku:nel」等の 雑誌編集に携わったのち、2009年ランドスケーププロダクツ入社。 新プロジェクト「BE A GOOD NEIGHBOR」を担当している。 著書に『今日の買い物』『続 今日の買い物』(ともにプチグラパブリッシング)がある。 またマガジンハウス在籍中に手がけた雑誌図版については、 「東京の編集」(編・著:菅付雅信 / ピエ・ブックス)において詳細が掲載されている。



2010/04/02

スペシャルティコーヒー実践講座第1回目受講へ東京へ、、、

投稿者:ヴォアラ

Img_0438先週は、ヴォアラのスタッフ3人衆は、東京へスペシャルティコーヒー実践講座第1回目受講の為に前日入りして、ワタルの関根部長さんへお願いして会社訪問をしてきました。3人とも前職は、カメラマン、企画会社デザイナー、経理職なので珈琲の会社は、興味津々で訪問して来たようです。最初は、かなり緊張してたようですが、エプロン姿で部長さんが出迎えてくださったのでホットしたようです。

ヴォアラ珈琲のスタッフ8人は、全員スペシャルティコーヒー実践講座を受講してる事になり、珈琲生産地に行って珈琲の実を食べたスタッフは、井ノ上、竹元、中摩、大山と4人ですので、半数が珈琲生産地体験スタッフです。



2010/01/09

独自輸入の為に自主検査もして珈琲の安全.安心もお届けします。

投稿者:ヴォアラ

現在の所、エチオピアとブラジルとインドネシアからの珈琲の生豆の輸入は、様々な検査を行わなければなりません。ヴォアラ珈琲は、独自に輸入している為に全て自費で行う為にこの経費も大変です、万が一問題が起こればその経費以外にその珈琲を処分する為の経費もかかります。生産国によっては検査報告の書類があれば検査項目が減ることもありますが、それでも様々なリスクとお金がかかります。


送り返す場合もその分の運送代金など多くのリスクもかかります。先日もエチオピアの生豆を分けてもらえないか問い合わせがありましたが、そのような理由でお断りさせていただきました。リスクを一緒にならそのような問い合わせに答える事も検討しようかと思っていますが、、、


さて昨年末に輸入した生豆の一部が、製品検査の対象に日本へ到着する4日前になってしまい、調べるとインスタント珈琲や低価格の珈琲などの原材料に問題があったみたいなので祈る気持ちで検査を受けた所問題なしでした。


その珈琲は、インドネシアの珈琲です。そして次の輸入の準備で前もって日本の検査機関へお願いして各生産国に合わせた検査を行い輸入の準備に入ります。


今回は、年末に検査依頼を出して年明けに検査報告が送られてきて、こちらのエチオピアもBHC,クロルデン、ペプタクロン、DDT検出されず、ブラジルもピラクロストロビン、ジクロルボス、ナレド等検出せずで来ましたので輸入の準備に入ります。


これも検査項目で料金がかかりますので本数が少ないとその分原価が上がって行きます。
当然輸出業者も、事故の場合のリスクをどちらが取るかで価格などに影響してくるので原価が変わってきます。


日本エコテック株式会社


2009/11/27

毎月、ミーティングの後は、、、

投稿者:ヴォアラ

Img_1106毎月、国分店と鹿児島店は、集まってミーティングを行っています。スタッフと日頃の問題点などもこの機会に話し合い、解決方法を皆で話し合って進行して行きます。終わった後は、地元のちゃんこ霧島で、これから寒い冬に向かって貯蓄食いです。



2009/11/22

お知らせ

投稿者:ヴォアラ

毎度毎度、ギリギリのお知らせですが、11/23(月)はミーティングの為、国分本店は6時まで、鹿児島店は5時迄の営業とさせていただきます。
お客さまには、大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒、よろしくおねがいいたいします。


2009/10/19

新しくスタッフが、、、、

投稿者:ヴォアラ

_1000601


_1000606


_1000612


_1000609



2009/10/17

今回も色々な方との出会いが、、、

投稿者:ヴォアラ

20091017_204512今回、予選の時の審査員ジャッジで、一緒だった韓国のChoi Seong Illさんです。Choiさんとは、同じ抽出のカップを審査したこともあり、味のすり合わせ等一緒に出来て、多くの事を感じることが出来て、良かったです。後で調べてみるとChoi さんは、WBCのセンサリージャッジでした。日本では、名古屋のボンタイン珈琲の加藤さんが、日本では、ただ一人のWBCセンサリジャッジです。たしか、毎年、試験があり、今年よくても来年なれるとは限らない、難しい試験です。日本人も英語の出来るバリスタの方は積極的に試験を受けて日本の珈琲のレベルをもっともっと底上げ出来ればと思います。

WBC judges for 2009



JUDGES
All judges for the annual WBC go through an intensive certification workshop where they have to pass to qualify as a Certified WBC Judge. Judges have to have experience from regional or national events before participating at the World level.
Here is a list of our certified WBC judges for 2009.
20091017_210129
さて明日は、『世界基準を体感しよう!コーヒーの素晴らしさを共有しよう!』
猛烈な勢いで進化を遂げているWBCからWBCの全てを知る
Mr.Matts Johansson氏と Mr.Justin Metcalf氏を講師に。WBCの方向性、コーヒーの 素晴らしさの探究の道、バリスタの将来像など、凄まじい 変化の波に乗るヒントが満載のセミナーが東京で行われ、中摩麗ともう一人間に合えば参加予定です。お手伝い先のカフェのスタッフも2名参加します。

New Zealand Coffee Roasters


2009/10/16

鹿児島限定ですが、、、竹元バリスタが出ます。

投稿者:ヴォアラ

Siranami
本日10月12日月曜日、午後の11時10分より、報道ステーションの後に『匠に乾杯』という番組で紹介されます。
鹿児島限定ですが、ひょっとしたらインターネット期間限定で見れるかもしれません。

マックユーザーは、紹介するプラグインをインストールすると見れるかもしれません。
個人の責任でインストールしてください。
MIMEタイプに対応するプラグインとは?
試聴用の曲はWindows Media形式のようです。


ここで紹介されているFlip4Macをインストールすれば、聴けるようになります。Flip4Macは、QuicktimeでWindows Media形式を再生できるようにするプラグインです。

Flip4Mac WMV Beta Download
珈琲の匠
次回の放送では「ヴォアラ珈琲」のコーヒーの匠をご紹介します。

過去4回の動画をご覧頂けますKKB
20091017_71736



2009/10/07

台風なので制作してみました、、、、

投稿者:ヴォアラ

2009/09/17

珈琲器具のレンタルやってます。

投稿者:ヴォアラ

ヴォアラ珈琲では、コーヒーミル、コーヒーメーカーや保温ポット等のレンタルを行っております。
もちろん珈琲豆はヴォアラ珈琲を使ってくださいね (笑)

秋の気持ちの良い季節に、学校の文化祭やバザー、グループの集まりで
毎年大好評です。

秋は、特にレンタルが混み合う季節ですので、早めのご予約を
おススメいたします。

詳しくは、
メール inouecoffee@nifty.com 又は
電話 0995-46-5183 
担当 山元、久保田までお問い合わせください。

お待ちしております。


Img_0991_2



2009/07/29

Coffeehunter Field trip to the Dominican Republic - A Short Film

投稿者:ヴォアラ

ここをクリックでドミニカ研修旅行


今年の春に、ドミニカへ行った桜子バリスタのビデオがMercantaのホームページにアップされていましたので紹介します。Ooyama

ここをクリックでドミニカ研修旅行



2009/07/11

中近東文化センターで標交紀「もか」コーヒーコレクション展

投稿者:ヴォアラ

Tatsuya
今日事務所の場所が、隣へ移動したので整理をしてたら懐かしい写真が出てきました。1986年にスイスのフェラーリコーヒー豆専門店へ行ったときの写真です。
鹿児島市内の東郵便局の裏の石蔵で、おそらく世界で一番小さく、短期間3ヶ月だけの珈琲豆売り専門店を開店させました。
売り場面積2坪焙煎室1坪のお店です。どこかに写真があると思うので出てきたら紹介します。
焙煎の迷路に入り、3ヶ月でお店を閉めて初めて海外へ焙煎の秘密のアッコちゃんを求めて旅立ちました。最初にフランス、イタリア、チューリッヒの旅でした。その時の情報元は、吉祥寺「もか」のマスター標さんの本『咖啡の旅』1冊でした。そして怖い物知らずの私は、フェラリー氏の前でネルドリップによるデミタスコーヒーを抽出して間接的に氷で冷やして乳脂肪36パーセントの生クリームを浮かべた冷たい飲み物を提供しました。懐かしい思い出です。


中近東文化センターで故人 標交紀(しめぎゆきとし)「もか」コーヒーコレクション展がスタートしています。私も是非見に行きたいと思っています。ヴォアラ珈琲は、布ドリップの良さは、十分体験していますが、布の賞味期限の見極めが一般の方でもプロでも難しいと思います。経験では、20回ぐらいの使用で交換しないと十分な良さを十分発揮できないと思っております。故人標さんは、何時でもパーフェクトでした。家庭なら現在ハリオを検証して販売の準備に入っております。ハンドドリップもコーヒーを楽しむ良さがある事に,最近気がつきアメリカなどもハンドドリップブームの様です。しかし美味しく飲む条件は、香りのカプセルを飲む直前に挽く事です。
Mocha1

中近東文化センター
フェラリー氏と再会



2009/07/04

THE WALL STEEET JOURNAL. で放映中かな、、、

投稿者:ヴォアラ

先月イギリスのMercanta(イギリスの珈琲を取り扱う商社)へヴォアラ珈琲の使用する素材の生豆を決める為に良い素材が集まるベストのタイミングに合わせて行ってきました。その時テレビ局の取材が行われその時の様子がご覧になれます。イギリス国内の同業者でも仕事が忙しくそのようなチャンスに訪れないのに、遠い日本からヴォアラ珈琲は、来たことに、ヴォアラ珈琲の情熱が伝わればと思っております。


2009/06/28

環境未来館にてコーヒー教室を開催中、、、

投稿者:ヴォアラ

_1030306鹿児島市の環境未来館のLOHASな休日というイベントでの珈琲教室の一日目が終わりました。今回のテーマも家庭で簡単においしいコーヒーの楽しみ方とコーヒー生産地での環境のお話をさせていただきました。最後までコーヒーは、香りのカプセルなので飲む直前に挽いてくださいとお願いしました。1時間で少しでもコーヒーの香りのメッセージが、伝わればと思っております。予定人数をオーバーしましたが、ヴォアラのお客さんも多数参加してくださり、お手伝いしていただきありがとうございます。
6月28日(日)15:30〜1時間程度ご予約/お問い合せはTEL:099-806-6666
0627_a4_smalljpg

H0201
緊急参加で6月28日(日曜日)10時~16時 (雨天決行)DWELLにて人気の「Sunday Organic Market」を開催いたします。ヴォアラ珈琲のお客様が、エスプレッソマシーンを持ち込んでアットホームバリスタを行います。なんとこの方は、日本チャンピオン2回優勝者の竹元のアドバイザーでもあります陰の実力者ですが何をアドバイスしているのかは謎です、、、
詳しくは、こちらのブログもどうぞ、、、、


なお先日のイギリス訪問のレポートは、スタッフのブログへ書いてありますのでこちらもどうぞ!

昨日は、ブティックヴォアラへ火野正平さんがエスプレッソ飲みに来たみたいですね。映画のロケかもしれませんね、、、

かごしま環境未来館
dancingbeans
鈴の音抽出所



2009/06/22

ロンドン探訪中、、、その6

投稿者:ヴォアラ

_1030102_2


_1030100


_1030192_2



ロンドン探訪中、、、その5

投稿者:ヴォアラ

_1030053_3



2009/05/27

毎月1回は、全員集合のミーティングです

投稿者:ヴォアラ

P1020608
お店が2店舗になると中々全員が集まって話し合う機会が無いのでお店を早めに閉めてミーティングします。今回は、鹿児島店で集合して、サンプルのカッピングをしながら要点だけ打ち合わせしました。本当は、もう一人秘蔵っ子がいるのですが、明日の講義が早かったので今回は欠席しました。終わった後は、今回は、伊敷ニュータウンのピッツェリ リミニさんへ滑り込んで皆で楽しく会食しました。
今月は、決算なので最後の追い込みで幾つかの大人買いをする予定です。

P1020611

もう一つ、先日嬉しいことがあり、ヴォアラコーヒーのお手伝い先が、国分方面へ出来そうです。
今回は、エスプレッソマシーンも本格的なマシーンが設置される予定でヴォアラコーヒーで本格的なトレーニングも行う予定です。
P1020607



2009/03/12

不景気に負けるな!繁盛のコツ教えます

投稿者:ヴォアラ

News3jpg先日KKB鹿児島の美人アナウンサー樺山さんから取材の問い合わせがあり、商売の秘訣は?とありましたが、まだまだ波瀾万丈のトラー&エラーの連続で試行錯誤中の私は、どうしよかと思いましたが、喜んで取材をお受けしました。チーームメイトに感謝しながら商売しております。

放送は、放送は3月13日(金)のKKBスーパーJチャンネル内で、時間帯は18時30分以降です。笑ってやってください。今日の主要ニュース動画を下の方へスライドすると見れるかもしれません。
KKB鹿児島県内ニュース繁盛企画



2009/03/08

この記事の紹介も忘れてました、、、ウララです、、、

投稿者:ヴォアラ

Ulala
先日、日本スペシャルティ協会から昨年の大会のDVDが送られてきました。昨年の出来事だったんですね。来週から麗さんは、ニュージーランドへリフレッシュ休暇で帰ります。よりいっそうパワフルになって帰って来るのを楽しみにしときましょう。


2008/12/16

ブラジルのカッピングセミナー

投稿者:ヴォアラ

Img_0280_2中々ブログまでたどり着けませんが、、、、
今回のカッピングセミナーは、12月のお店の忙しい時期でしたが、来年からの仕組み作りの事もあり、竹元、中摩、井ノ上3名で参加させていただきました。シルビオ氏とは、この間コロンビアのカップオブエクセレンスの審査会で彼がヘッドジャッジでした。その数ヶ月前は、デンマークのカフェで隣同士になり、その数ヶ月前は、アメリカの何処かでも?一緒になり、その数ヶ月前は、ビッグサイトでも一緒になり、と年4回ぐらい会ってるとなんだか親しみをおぼえております。ハィ!
おまけに竹元がブラジルブースでは、エスプレッソマシーンの所でバリスタをやってましたので、ブラジルとは、なんか深いご縁を感じます。
Img_0282前日は、竹元と中摩は、お手伝いで、私は、カッピング三昧で次の日は、私は、お手伝いをしながら、お昼のお弁当を近くの東京タワーの隣の公園でそれいけトミーさんと頂ながら焙煎機械の話などをしておりました。留守中は、スタッフの友達などを総動員でお手伝いいただき、中には、東京からお手伝いに来て下さった元スタッフもいます。そんなこんなで今日は、チームメイト募集中で候補者の女性のご主人が、おめでたになり、お手伝い出来なくなりましたと、報告にいらっしゃり、うれしいお知らせを頂きました。さて、困っておりますのは、ヴォアラコーヒーでございます。お手伝いして下さる方募集中です。
Img_1278

追伸、チームメイトの中摩麗は、来年、セントラルアメリカ方面に行く事が決まり、生産地の状況など、食べ物の事や、虫の事、シャワーの事や、ホテル?の事などや聞いてきておりますが、珈琲が穫れるとこは、ジャングルだと答えておきました。
ライオンがウロウロしてるから食べられる前に食べるようにアドバイスすべきか悩むとこです、ライオンキングの衣装を持って行いくのも一案かもと、、、
Img_1277


2008/10/28

今回の中摩麗選手の大会の動画が見つかりました!!!

投稿者:ヴォアラ

_dsc4747さて今回の中摩麗選手の大会の模様は、初めて観ると舞台の中で演じるバリスタの生き様みたいなモノを感じます。桑木ヘッドジャッジの真剣な眼差しが印象的でした。
小さな種の可能性を感じます、、、今回の審査員のテーブルセットのランチョンマットは、お姉さんの作品です。下の妹リンダと日本バリスタ選手大会をクリックすると動画が観れます。お姉さんへは、ヴォアラコーヒーのかっこいい系のホームページのサイトも制作してもらったのですが、更新出来ずに未だに迷惑かけています。早くやらなきゃ!

妹リンダと日本バリスタ選手大会


2008/10/13

マークさんの心意気に感謝します。

投稿者:ヴォアラ

Img_0910_5
Img_0935今回は、予定オーバーオーバーでカゴシマ滞在していただきました。お陰様で、コンピューター関連以外は、大まかな組み立てから分解迄細かいレベルで理解出来ました。良い機械は、意外と構造は単純だと思いました。もっとも歯車の組み合わせで回転して動く、機械ですから、自転車整備士としては、理解出来ましたが、コンピュータの制御関連は、今回は、航空便で2回も山梨から送ってもらいましたが、今後は、サンフランシスコからメンテしてもらえるので安心です。

すでに試験的に、機械の慣らし運転の為に200kg以上が、畑の肥料になりました。もったいない事ですが、これのお陰で今迄の機械のクセや、考え方の修正や、とらわれている概念を切り替えることができました。

大会前に焙煎人の中摩選手には、ご迷惑をかけましたが、サポートでブティックの桜子選手も通訳に入ってくれたので助かりました。

食事もお昼は、ヴォアラ珈琲の酵素玄米とみそ汁だったり、回転鮨や居酒屋や、中華や、イタリアンだったり、毎日てんてこ舞の日々でした。

帰る直前にさやこさんが、お抹茶をたててくれたり、精一杯おもてなしさせていただきました。
空港前のお茶屋さんでお土産の日本茶も購入出来て飛行機でサンフランシスコへ旅立ちました。
追伸、桜島の海の横の温泉では、潜ったり、遊泳禁止の海に飛び込もうとしたり、茶目っ気たっぷりの
元フライフィシングガイドの通勤にMTBで通ってるマークさんでした。

さて竹元も中摩選手のシグネチャーのお手伝いで仕込みの雑用を行っておりますが、これもここ迄くるのに、ニュージーランドの方からアドバイスをいただいたり、指宿や種子島など飛び回りました。私達パシリは、明日から東京です。

Img_0943
Img_0950


2008/07/25

第29回霧島国際音楽祭2008にて

投稿者:ヴォアラ

_dsc4129_2今年もやって来ました。第29回霧島国際音楽祭2008のビッフェパーティでのコーヒーの提供です。
毎年、この日の食事が楽しみで参加していますが、今年も色々な美味しそうな食事がならんでいます。
パーティが始まってから30分したら交代交代で食事をゲットして、楽しみますが、その時間頃からヴォアラコーナーは、忙しくなりますのでバタバタと交代して楽しんでいます。


毎年、アイスコーヒーをやれば喜ばれる事は、わかっていても、暑い日の食事の終わりには、温かい珈琲の方がぴったりな気がしています。喉の乾きは、日中が暑い時は、アイスコーヒーかもしれませんが、食事の後は、ホットコーヒーの方が、良さそうな、、、
_dsc4144そして火曜日の定休日は、スタッフ全員参加の焼き肉でした。ヴォアラ珈琲から30分で到着して、知り合いのお肉屋さんへお肉を頼んでいたので取りに行き、霧島の国民休暇村でコンロを借りて行いました。雨を心配しながら、雨対策も考えた場所を選んで楽しく過ごしました、
下の方から川のせせらぎの音が聞こえたので、行って川の中へ入ると我慢出来ない、ブラジル好きのチェリーが洋服のまま飛び込み、続いて私も、、、そして次に、さわこも洋服のまま飛び込み、我慢出来ずにスカートのウララも洋服のまま飛び込み皆さん、後の事も考えず、楽しそうに泳いでいました。

_dsc4157そんな楽しい焼き肉もチェリーがブラジルの塩で下処理し、ブラジルから伝授された手作りソースと、ピリ辛系の怪しい手作りスパイスでの満足な一日でした。どこでも焼き肉屋が出来るように道具を揃えて、テーブルと椅子をヴォアラ号へ準備しとこうか思うほど簡単に楽しめた一日でした。道具を揃えるのは、結構好きで何を選ぶかも大好きなんです。だからあまり使わない道具は結構コレクションしてたりして、、、必要な時に出てこないんです。
_dsc4158


2008/06/23

世界の頂点は、なかなか、、、、

投稿者:ヴォアラ

L1000548今回の世界大会は、楽しかった。正直、世界のレベルの高さがわかり、、正直、世界で戦う為の最低限の準備がようやく判った気がしました。完全に世界チャンピオンを手に入れられるポジションにつける準備が整った感じです。まず、大事なグラインダー関係のサポートが、日本のDCSの佐野さん、そして、乗りの良い望月さん。色々な困難もこの二人に任せれば解決出来る事を確信しました。この場を借りてお礼申し上げます。
今回のグラインダーは、現地仕様を準備していただきましたが、その他の電気関係でトラブルがありましたが、この二人のお陰で解決出来、助かりました。

他にも多くの方に助けられましたが、丸山珈琲の阪本ヘッドコーチーには、アメリカ、北欧で学んだノウハウを惜しみなく提供していただき、感謝しています。

バリスタ委員会の永田さんも練習会場の手配や、ちょっとした息抜的な会話にも助けられました。
上野さんの、井崎さんに挑戦したような親父ギャグ、鈴木さん素早いサポート本当にありがとうございます。

今回は、残念な結果でしたが、学んだ事は多くて、なんか得した気持ちでいっぱいな敗北でした。
ありがとうございます。

L1000560DCS


2008/05/23

決算月だから忘年会?

投稿者:ヴォアラ

_0017519さて、今年も決算の月がやってきました。棚卸しや、書類などの提出などバタバタしてます。
日にちに余裕がないので、一人のスタッフは、京都へ旅行に行きましたが、これが人生の見納めではないので、とりあえず、新しいスタッフも来た事ですし、食事会をしました。

場所は、中央駅の隣のギュザの王将の隣のベトナム料理のお店です。値段も良心的で超特急で料理を出してもらったら食べるのに一生懸命で、肝心にミーティングも行わず、天文館をブラブラして、都会ぶってクラブで踊りたいと私が騒いだので月曜日に開いてるクラブなどもなく、最後は、文化通りの元銀行員の女性の方がソムリエのワインバーで締めくくりましたが、カウンターだったのでここでも決起集会的なかけ声が出来ずに、大人しく電車で帰宅しました。
_0017521


2008/02/11

託児所が,建っていた、、、

投稿者:ヴォアラ

_dsc1282
今回の一番の目的は、これを見に来る事だった。モンテシオン農園の売り上げの一部を貯金して昨年末に珈琲の味方塾からプレゼントした結果がこんな素敵な事になっていました。お客様が、お買い上げになったモンテシオンの売り上げの一部が自動的に貯金される仕組みを、POSレジに仕組みを作り、積み立てたお金を寄付して実現化しました。

他にも託児所での食事が2食出ますし、歯や目の定期検診や、健康診断などや、学習の為の教科書類や、教師の方の給料なども支払われます。そしてこの方達の管理してる農園は,レインフォレストアライアンスの認証を取っており、その内容は、生物多様性の保全と継続可能性の面でより良い商慣行を採用する事により、生態系と、その中にすむ人々や野生生物を守ることです。それに参加する珈琲農園主は、環境、野生生物、労働者、地域社会を守るための厳しい基準をみたしています。
_0016014
_dsc1307


2008/01/23

大山桜子から仲間達へ

投稿者:ヴォアラ

_dsc0669みんなへ
今度は本番できれいなハートを描いて、伝えたく再度チャレンジしたいと思います!
JBCに参加して
08年1月21日
大山桜子

 まず始めに、今回の大会に向けてチームメイトの多大なるご指導と助けをいただきました。大変感謝しています。ありがとうございます。

 今回JBCチャンピオンシップに初参加しました。振り返る10分間はとても短く感じました。永遠に続く様な一瞬であって欲しいけど、あっという間に終わってしまいました。始まる前にはとても緊張していたけれど、始まってしまえば冷静に自分をみつめることができずに何をしているのかよく見えていなかったのです。しかしながら大勢の人の見守る中、プレゼンテーションするということは自分の中でも意外にも楽しめたことに驚いています。
今回は自分のなかでテーマを設けていました。それは「コーヒーへの感謝」と「楽しむ」ということです。それがプレゼンテーションで伝われば良かったと思っていますが10分間を冷静に振り返ることができませんし、伝えるということはとても難しいことですね。
会場では当日は約20名の選手が来ていました。初出場の人もいたし、前回出た人もいました。みんなそれぞれ思いを込めてきていました。緊張するのはみんな同じだけれど、ピリピリしていなくて良かったと思います(自分が感じなかっただけかもしれないけど・・・)。
_dsc0673

 出場して競技を終えると、自分に何が足りないのかよくわかりました。そしてジャッジの結果を貰うことによってもっと明確になると思います。私はもっとルールについても研究すべきだったし、出場する選手についてももっと知らなくてはいけません。研究不足でした。
 そしてコーヒーについて。今回は急遽、使用する豆を変えました。10分のリハーサルでメッシュ調整しかできず、それも満足いく結果を得られなかったのでメッシュ調整のすばやさ、正確さ、そして結果的にはエスプレッソについてもっと研究すべきだと感じました。コーヒーの良さを引き出すのがバリスタなら、私はとてもぶしつけだったと思います。その点は思い返すととてもプロでなかったと思います。そう強く感じます。
_dsc0683

 「一貫性のある」ドーシング量についてもジャッジも述べていたけれど、練習不足、研究不足を感じました。そしてすべての道はカップをとるということにもつながる気がしました。

 今回の自分のプレゼンテーションには一貫性がなかったと思います。曖昧な部分があったと思うし、本当にコーヒー農園の人への感謝を伝えられたかどうかというとNoだと思います。普段の取り組み方からが足りないと思います。他の人の10分間を見て、とてもいいお手本になりました。もっと明確なプレゼンテーションを次回は心がけたいです。
_dsc0687

技術面に関してもまだまだでした。とにかく自分の足りないものがわかり、そして足らなすぎたということがわかり、とても勉強になりました。

ハートを伝えるということは大切です。つじつまの合う、なおかつ自分がコーヒーに対して大切に思っていることを元気よく次回は伝えたいです。

 Again, 最後に練習につきあってくれ、応援してくれたチームメイト、オーナーに感謝します。ありがとうございました!

_dsc0729_2このようなレポートを書けるバリスタがいる事をヴォアラコーヒーのオーナーとして素直に誇りに思いますし、既に10月の大会に向けて練習に入ったバリスタも居ますので応援して行きたいと思います。
断りも無く掲載して、また怒られるだろうな、、、、

他にも今回20日に参加されたバリスタ達の写真を平等に撮影してますので、出場された方は、ご自身の写真貼付で連絡下さるとメール添付かパスワード付きでダウンロード出来るようにしたいと思います。ご連絡下さい。

井ノ上 達也のアドレスはinouecoffee@mac.comまで


2008/01/21

大山桜子満点の笑顔、、、

投稿者:ヴォアラ

_dsc0733
本日は、大山桜子の国内予選の大会が、東京で行われました。見ていて、実に清々しい時間を共有して楽しめました。結果も大事ですが、このような一瞬を体験出来、こんな笑顔を見れた事をともに、素直に、喜びたいと思います。ありがとうございます。


しかし今回の丸山珈琲の中原バリスタのプレゼンテーションの素晴らしかった事、同じ珈琲の味方塾、同じ、同業者として、素直に、中原バリスタに拍手を送ります。

スペシャルティーコーヒーの携わり、ビジネスとして、成り立たないと、生産者を喜ばして、継続してて、良い品質レベルの時、買い付け出来ません。善い関係では、長続きしません。

_dsc0297

そのためには、自社の素晴らしさを、今回は、審査員ですが、お客様に、いかに自社の素晴らしさを伝えるかと言う事は、大事な事です、コーヒーの素晴らしさだけなら、某社のコピーライターに脚本を考えてもらえばいい事です。自分の体験した事を、自分の言葉でしゃべるから感動が伝染するのです。

桜子のプレゼンも、ブラジルに実際行って、コーヒー農園で働いたりして体験してるので、目に見えな清々しい、風が会場を通りぬけました。演出もチームメイトの協力で素敵な小道具が作成されていました。

なんか、私が目覚めてしまいました。選手で出るのでは、ありません、、、、燃えて来た、、火がついた、、、と言うのも前触れとして、前日に福岡でセミナーがあり、実に目から鱗の講習会で、確実に数年先の事を感じる怪しい難しい話だらけのお話でした。相変わらずヴォアラ語ですみません。怪しいセミナーでは,ありません。現実的な実践セミナーですが、内容は、エプソンのカタログの写真は、カメラで撮影した写真でなく、キャドから起こし、画像処理した、作品だと言う話、デジタルカメラが無くなるかもしれない怪しい話でした。時代は、倍数以上で変化して行ってます。

久しぶりに、自分が体験、検証した事しか話さない、難しい、理解出来ないセミナーでしたが、実に面白いセミナーでした。素材が違うと、検証方法も、結果も違う、結果が違うから素材が違うではなく、人種?が、違うから結果が違い、その為の技術は,違う為に、表面的な事を真似しても結果が違うのは当然だと言う難しいお話でした。

虹は、何色?7色?から始まったセミナーでしたが、外国では、6色だったり5色だったり、目から鱗で、先生も子供に教える時は、責任を持たないと嘘つきになりますが、実際、見る機会があれば素直に検証しましょう。これもフリーメ@ソンの仕業らしい?けどしっかり、バリスタは、世界一素晴らしいコーヒーの伝道師になれるチャンスのある職業だと思った瞬間でした。

_dsc0658


2007/12/16

大川での勉強会

投稿者:ヴォアラ

_0015450先日は、家具の大川で珈琲の味方塾の勉強会でした。今回も盛り上がりました。

私は、火曜日に東京でカッピングセミナー中級を受講する為にそれまで放浪の旅に出る予定で、博多駅で電話すると出ないので検索すると、、、

植田正治写真美術館では、平成19年12月1日(土)~平成20年2月29日(金)まで冬季休館
危うく日本海側をうろつく放浪の旅になる所を急遽あるモノを探すたびに切り替え東京へ行く事にしました。現在の問題点である、生豆の一時的な保管の方法を解決する為に行かねばと思い、現在、羽田空港のビザカードルームで下調べをしています。


コーヒー教室から

投稿者:ヴォアラ

_dsc0165_2先日は、コーヒー教室で朝から竹元と2人で出かけてコーヒー教室を行いました。初めて行く地域は、町並みも新鮮で、この辺の地域の人は、どのような処で、食事をしたり、休みを過ごしたりしてるのか気になったり、会社では、オフィスコーヒーを飲んでるのか気になったり、しましたが、しっかり会社でも飲んでるようです。コーヒーメーカーをレンタルしてもらって、飲んでる会社も多くて、代償としてしっかり、高い金額でコーヒー豆を購入してるようです。グラム当たりの金額が判りにくい価格提供設定なので比べられないのでしょう。

毎回コーヒー教室を行って、色々偉そうにコーヒーのお話をしていますが、実は、台本無しで今の旬のテーマで行い、話しながら辻褄合わせを行いながらハラハラドキドキしながら一番伝えたい事をお話ししており、助手の竹元もドキドキしながら前回と少し話す内容が違ってきてる事を感じていますが、私自身も一番勉強になってるのが、このようなコーヒー教室です。

_dsc0169


2007/12/05

竹炭を炭埋してさらにパワーアップ

投稿者:ヴォアラ

P1130917スタッフのお昼に酵素玄米を炊いて食事したり、コーヒー生豆を洗浄する水をエバピアの3連活性炭フィルターを通して、さらに、アメリカ製のウォーターボスの軟水機を使用してコンピューター制御で100リッターごとに、岩塩で内部を洗浄して、さらに、少し怪しい?ディレカの直列2本つなぎで、敷地全体の水を活性化したりして今の現状で少しでも良いと思われるものは、率先して実行しています。

今度は、隣の敷地を購入して、今まで、駐車場問題でご迷惑をかけてた事を解決して、ふと思いついて、以前から炭を敷地に炭埋する事は、写真家の北原教隆先生も実践してイヤシロチの話も聞いたり、船井総研の藤崎さんからも地軸の話し等聞いていたので、そろそろ実践する時期が来たのかと思っていたら、毎週水曜日に、お店にやってくる創生水を仕込み水でパンを焼いてる森園さんから、牧園の丸野組の丸野さんが、最近面白い事を実践してると聞いて、すぐに連絡して、敷地に4カ所炭埋してもらう事にしました。

今回は、日本の熊本産の4年モノの竹を1400度で仕上げて完全に炭素化した特別の竹炭だけを、丸野さんへお任せして、炭埋しました。かなりの量の炭を秘密のノウハウで炭埋してもらい、なんだか良い気分です。

しかし、性格が疑り深い性格なので、失敗しても取り返しのつかない事へはこの年齢になると挑戦しませんが、しっかり情報収集と、実践者から色々な話を聞いたりして、最後は、自分で決めて導入しています。良くない時は、導入過程で妨害が入ったり、試されたりしますが、意外と、困った事は起こりません。

次の展開の為にマイナスイオン測定器が、欲しくなりましたが、これも調べれば調べるほど怪しい機械です、そんな所が好きだったりします。ハィ!多分買うでしょうね。

今日は、もう一つ、怪しい、体のバランスをとるセミナーにも竹元と遅刻しながら参加してきました。
これも怪しいけど、現象で結果が出るから面白く、鹿児島より東京方面で活躍してる有名な先生です。

夜は、また鹿児島市内に戻って、最近ホメオパシーを調べてる写真家の先生のセミナーでした。
なんか行ったり来たりの一日でしたが、鹿児島店のチームメイトの桜さんが、ブラジルへ2週間行ってるので帰ってくるまで大忙しです。

嬉ししい事に鹿児島店は、11月は、400kg超える販売量になり、本店と合わせると27、000kg相当の生豆が消費され、香りのカプセルとなり旅立ちました。
P1130930


2007/11/16

ボリビアのオークション4位落札

投稿者:ヴォアラ

Bo1107l4_2明け方の5時前にオークションが終わりました。お楽しみに!
今度からウララさんに訳してもらいましょう。2007ボリビアカップオブエクセレンス

Lot#: 4 Nicolas Carrasco - Colipampa
Farm: Colipampa
Farmer: Nicolas Carrasco
Rank: 4
City: II Sección Irupana
Region: Sud-Yungas
Country: Bolivia
Farm Size: 3.00 Hectares
Coffee growing area: 2.00 Hectares
Altitude: 1954 masl
Certification: Organic
Variety: Criollo (70%), Catuai (30%)
Processing System: Centralized at the CORACA
Lot Size: 13 bags
International Jury Score: 90.38
Cupping Number #: SUR-003
Jury Descriptions: milk chocolate (13), dark chocolate (13), plum (11), brown sugar (10), stone fruit (10), red apple (10), thick buttery mouth feel (9), cherry (9), honeysuckle (8), sugar cane (8), vanilla (7), floral (7), cocoa (6), improved as it cooled (6), pineapple(5), black pepper (5), macadamia (5), lemon (4), molasses (4), blackberry (4), strawberry (4), pecan (4), raspberry (4), cranberry (4), nutty (3), cantaloupe (1)
Please Note: If a number appears in brackets next to a description it indicates the number of jurors that agreed with that particular decription.


2007/10/19

山形屋でガス展開催中です。

投稿者:ヴォアラ

_0015191昨日ニューヨーク経由で帰宅して、本日は、鹿児島の山形屋デパートで開催中の2007年ガス展の催しでお昼の3時から1時間のコーヒー教室を開催中です。集客力の良さに主催社側のイベント担当者もホクホクで喜んでいただけました。

会場の鹿児島に向かう途中で、リーダーの竹元に、今日は、僕は、横で見てるから好きにやってね!とブティックで車から降りて、助手の桜子さんを車に乗せて、私は、そのまま、ブティックで下車、竹元は、不吉な予感を感じながら、時間が無いので、そのまま会場へ、、、、

私は、焙煎データーを真面目に、保存する為に、キーエンスに電話したり、他に無いかと検索すると、やりたい事が出来そうなブツを発見、速攻で注文、、、(キーエンスでは、ありません)楽しみだ!!!

そうしてると、約束の時間まで5分、、、自転車でえっこらさっさと、会場へジャスト3時に到着すると、やっぱりアクシデント発生、、、この場をどうこなすか竹元店長!観察しながら無事スタート、、、お客さんへ今回は、家庭で簡単に、美味しいコーヒーを楽しむかを提案して、お宝探偵団並みの、古いコーヒーと新しいコーヒーの見分け方、
膨らむコーヒーは、新鮮、焙煎ほやほやなだけで、美味しさは別もの、いい加減は、匙加減が決めて!本番に強い失敗しないコーヒーの抽出から修正方法まで、素材の味(ブラック)は、そのままで楽しむか、自分の好みに、調味料(お砂糖、ミルク)で味付けして楽しむのがコーヒー愛飲家!、

私は、朝食のコーヒーは、簡単便利のブラウンコーヒーメーカーにメリタのアロマホール仕様のペーパーフィルター派、午後の贅沢な休息は、ちょっと濃いめにカフェプレス、夕焼けを眺めながらは、アルコールランプのハリオの一人用サイフォン、、、、と自分の楽しみ方を紹介、

いつの間に、竹元のマイクを奪いイノウエ節でお話してしまいました。
明日は、今日の反省も含めて、3時から開催されます、山形屋6階の日本ガス主催の催し会場です。

受付は、当日受付のみです、宜しくおねがいします。

おまけの写真は、ボストンで朝食をマクドナルド?、ダンキンドーナッ?で歩いているとほとんどが、ダンキンのコーヒーを持って歩いてるので買ってみると、これが結構いける、、、既にお砂糖ミルクで調理済みだけど不味くない、、、

恐るべし、最近の王手戦略?消費者をよく観察してる、、、_0015180
キーエンス


2007/10/08

特定商取引法に基づく表示(通信販売)

投稿者:ヴォアラ
販売業者の名称 井ノ上珈琲有限会社 <ヴォアラ珈琲 国分本店>
運営統括責任者 代表取締役 井ノ上 達也
郵便番号 899-4332
所在地 鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
電話番号 0995-46-5183 (フリーダイアル 0120-86-4151)
FAX 0995-46-5190 (フリーダイアル 0120-4151-89)
e-mail inouecoffee@nifty.com
商品代金以外の料金 消費税、送料
不良品 良品と交換もしくはご希望により代金返還
引渡時期 通常、注文確認後2〜3日以内
お支払方法 コンビニエンス、代金引換(クロネコヤマト)
お支払い期限 商品到着後10日以内
返品期限 商品到着後3日以内
返品送料 不良品、欠品等の場合は弊社負担 お客様のご都合による返品ははお客様のご負担
送料・代引き手数料について 3,000円(税抜)以上 送料・代引き手数料 無料
3,000円(税抜)以下 日本国内送料350円/代引き手数料150円

2007/09/13

鹿児島国際交流センターで、、、

投稿者:ヴォアラ

Img_16329月11日の火曜日は、KTS開発さんの企画で、鹿児島市内の国際交流センターで珈琲教室でした。時間が1時間30分で、今までで一番短い講習時間でしたが、受講者の皆さんも、積極的に、質問等あり、私自身、ヴォアラチームメイト達も、色々な事を考えるきっかけになり、今後の参考になる、楽しいひと時でした。

人数が、多く、2回に分けての開催でしたが、1セッション25人前後のグループで2グループの方達に参加してもらいました。

いつも思うのですが、講習会を開催すると、まだまだスペシャルティコーヒーが、成長過程にあるので、従来の考え方と違うので参加されてる方も驚きや、発見、疑問点などもあり、その辺の事もふまえて、今後も続けて行きたいと思います。

店舗でのカッピング参加型体験ツァー的な事も初めて行きたい、今日この頃です。
先日は、高見橋のアレッシーの商品をメインに置いてる、インテリアショップに行きましたが、次は、ギャラリー&ヴォアラコーヒーみたいな、豆売りとギャラリーの様な店舗をやってみたくなりました。

次の店舗は、先日、某所で見かけた、カフェプレス?の自動抽出マシーンを使った店舗も面白いかと思っています。ビヤガーデンの世界もセルフ化が、進んで、日本の星崎さんも面白い機械を開発してるのですね?
久しぶりのヴォアラ語ですが、ビールサーバーも工夫するとカフェプレス半自動化マシーンになりますね。
日本の技術なら面白いモノが出来そうです。

次回、ここにその機械の全貌を掲載予定、、、お楽しみに、、、



2007/06/30

はしもっちゃんが産休で本日まで

投稿者:ヴォアラ

_dsc0237今月までがんばってもらいましたが、狭い店内では、あっちぶつかり、こっちぶつかりで大変なので来月からお休みです。
旦那さんの竹元さんは、本日は、鹿児島店だったのでwebカメラで参加してもらいました。

鹿児島店の桜子さんは、今日は、早退で参加出来ず、元スタバは、風邪でダウンでした。。。

_dsc0257


2007/06/27

コスタリカCOE3位落札

投稿者:ヴォアラ

Cr07l3_2先日は、コスタリカのカップ・オブ・エクセレンス・オークションでした。と言うのも早く紹介しないと,明日は、エルサルバドル共和国のオークションが行われます。
コスタリカのオークションは、夜中の午前3時前に終わりました。今回は3位のHelsar de Zarceroです。
岩井珈琲の岩井さんと、丸山珈琲の丸山さんが、国際審査員で参加して、品定めを行い、今回の落札へ繋がりました。
International Jury Score: 91.37
Jury Descriptions: crisp complex fruit acidity (24), sweet floral (15), jasmine aroma (10), caramel toffee (15) snappy creamy mouth feel (13), sweet round mouthfeel (12), juicy (13), blackberry (10), dark chocolate finish (12), complete (8), subtle coffee (3)


2007 Costa Rica Cup of Excellence Auction Results


2007/06/15

本日、グァテマラCOE4位落札

投稿者:ヴォアラ

Gt06l202本日は、グァテマラのオークションでした。今回の落札農園は、味方塾焙煎では、1位より評価が良かったし、なんか、深いご縁を感じる小規模生産者のようで、今回は、他にも色々な、裏話や、エピソードも含めて良い買い物が出来たと思っています。そのことは、また、別の機会に、ご縁をありがとうございます。

2007 Guatemala Cup of Excellence Auction Results


2007/06/08

ニカラグアCOE3位落札!

投稿者:ヴォアラ

Ni0607l3_3日本へ帰って来たのは、6月6日でしたが、この日に鹿児島へ帰宅予定でしたが、8日に今後の仕事の上で大事な打ち合わせが入り、急遽東京に残る事にしました。本来なら鹿児島に帰り、次の日に大川のアダチコーヒーにアメリカからプロバットのメンテナンスに来てるドリルマンに会いに行く予定でしたが、、、そして、夜中に、ニカラグアのオークションがあり、味方塾焙煎で評価の良かった3位を落札しました。いつも何が起こっても、しっかり流れの本流を掴む努力をしております。ハィ!!
Villa Fontana - Daniel Matute López

Variety: Caturra
Processing System: Washed and sun dried
Lot Size: 14 bags
International Jury Score: 90.76
Winning Bidder: Maruyama Coffee for Mikatajuku group, Yokoi Coffee and Orsir Coffee
Jury Descriptions: lively acidity (20), unique and complex (12), caramel (15), creamy (12, smooth mouthfeel (17, long aftertaste (10, rich and spicy, floral, cool and refreshing, dancing coffee, buttery, chocolate, coconut, strawberry, mango fruit, sugar cane citric notes, sweet dry fruit
Please Note: If a number appears in brackets next to a description it indicates the number of jurors that agreed with that particular decription.


ホンジュラス紀行

投稿者:ヴォアラ

_rim0013初めての生産地へ国際審査員として参加して来ました。ホンジュラスの素材は、カップオブエクセレンスで落札したり、一緒に通常品を購入して販売しておりましたが、実際生産地へ行くのは、初めてです。周りのグァテマラや、ニカラグアや、エルサルバドルは、行っていますが、真ん中のホンジュラスは、初めてです。治安も良さそうで、良さそうな所です。分別ゴミのシステムも今回の会場は、日本より進んでいるかもしれません。001_0059


2007/05/27

Hondurasに出かけています。

投稿者:ヴォアラ

移動の為に現在、ヒューストンです、相変わらず宿泊料の高い、マリオットホテルから書いています。Hondurasは、日本では、あまり聞かない珈琲生産地ですが、魅力的な珈琲生産地としてしられています。

コロンビアで一緒だったキャピタルコーヒーの栗田さんへ、ケーキ導入時の苦労話など聞きながら浜松の羽田さんや四国の荒川さんと夕食を一緒に過ごしました。
今回の参加メンバーは、下記載に書いてあります。
International jury members for the 2007 Honduras Cup of Excellence competition

写真は、東京駅から成田に向かう時に時間があったので改札を出て直ぐに新しい丸の内オアゾ(oazo)の中にあった上海厨房 石庫門 です。厨房から聞こえる中国語?を効果的に効かせた隠し味のある四川セットを食べましたが、昨年の竹元のエスプレッソのドリンクに使用した、爽やかな香辛料をたっぷり効かせた汗の出る食事でした。乗り継ぎの時は、成田の第一ターミナルの中華料理もお勧めです。
石庫門
_rim0054_1


2007/05/16

天文館店の照明器具について、、、

投稿者:ヴォアラ

Lymilan2今回の新店舗は、この照明器具との出会いで動き出しました。何気なく見てた雑誌の紹介記事で直感でブティックコーヒーヴォアラにぴったり!

そして今回の店舗デザインも、バウハウスの加治木さんへ、この照明器具を使用してコーヒーの豆屋をやりたいから後は、おまかせねと伝えてお願いしました。

さて色々な方からお問い合わせを頂いております「カラヴァジオ」、先日は、東京の八丁堀のカフェメイプルの関口さんからも新店舗で使用したいと問い合わせを頂きましたのでご紹介します。

CARAVAGGIO

セシリエ・マンズ。1972 年デンマーク生まれ。The Danish Design Schoolで家具に関する全ての履修課程を修了。卒業後のヘルシンキ留学において機能性への探求心は一層深まることになる。1998 年コペンハーゲンに自身のスタジオを設立。FREDERICIAより発表された「MIKADO 」で2004年に「Danish Design Award」を受賞する。

 「Everything is possible」彼女の信条とするこの言葉のように、その前向きな信念は多くの職人達や芸術家に囲まれて育った彼女の生活環境のなかで培われたものだと言える。詩的センスに満ち、アイデアの本質を明確にしたミニマルなデザインは高い評価を受けている。

 セシリエ・マンズのデザインする「カラヴァジオ」はシンプルで流れるようなラインを持つペンダントライトです。デザインの過程で多くの曲線が描かれましたが、採用されたラインは女性らしいフォルムを意識したものでした。緩やかに絞られたスチールシェードに取り付くホルダー部分は、ダイキャストにアルミ合金のステーを組み合わせ、仕上げをマットクロームメッキでコーティングしています。シェード表面の艶やかなエナメルハイグロス塗装は深みのある美しい色合いをもっています。この深いシェードの上部に光源を設定し、内面をマットホワイト塗装とすることで高いポジションに吊す状況でもノングレアな仕様になっています。そして上部の開放部から漏れる光は、美しいグレーとレッドのメッシュ加工されたコードの表情を引き立てます。柔らかいイメージでありながら高度な技術とバランスをもつ「カラヴァジオ」は、職人気質のデザイン姿勢を貫くセシリエ・マンズの個性溢れるペンダントライトです。

LIGHTYEARS® A/S 日本発売元:有限会社リン インクープ
E-MAIL : info@lynnbelys.com

LynnBELYS illumination / Lynn Inkoop.LTD HEAD OFFICE
2F-SIVATO,1-1-1 ALATO,CHUOH-KU, 810-0062 FUKUOKA JAPAN

TEL +81(0)92 725 8400 FAX +81(0)92 725 8499
LIGHTYEARS
リン インクープ


2007/05/07

毎年の楽しみ、、、

投稿者:ヴォアラ

Dsc_0109アメリカ・スペシャルティコーヒー協会のコンフェレンスが、閉店して、向かいのビヤホールへ行くと、あこがれのスタンプタウンのオーナーからビールをごちそうになってしまいました。海外の人たちや、若い人は、入れ墨をファッション感覚で入れてるそうです。けして怖い人ではありません。カフェメイプルの関口さんも少し引いてますが、大丈夫です。

Dsc_0110そして夕食は、日本料理店で鮨とうどんを食べました、今回は、昨年イタリアのトリエステでお世話になった方や、ブラジル農園主の方々と一緒でした。毎年行っても展示会なので数回行くと見飽きる人もいますが、このような常日頃会えない、世界中の生産者や、輸入業者や、コーヒー関連の方とお互い、今を活き活きと生きてる確認ノ為にも来年も行かなきゃねと思っています。

stumptowncoffee


2007/04/25

関口さんが、タオル持参で温泉へ、、、

投稿者:ヴォアラ

_0012816先週は、コーヒーの味方塾のメンバーが、二人もブティックコーヒーヴォアラに遊びに来ました。味方塾の母は、新幹線トンボ帰りで真っ赤なバラの花束を持って、愛の告白?かと、後で思いましたが、開店祝いでご来店のようでした。そして、表題の関口さんは、八丁堀の珈琲屋めいぷるの関口さん、

今回、松戸で新店舗を計画中との事だったので、タオル持参で遊びに来たらと誘ったら、三日後には、鹿児島空港へ到着でした。最後の日は、お約束の岩戸温泉でゆっくりして、頂き、次回は、ロングビーチだねと別れました。

ブティックコーヒーヴォアラは、改装工事中に、パナマ、コスタリカ、コロンビアと出かける事が多くて、立ち会ったのは四日間だけでしたが、かなり拘って出来上がりました、これも、バウハウスの加治木さんの御陰です、その辺の紹介も今度いたします。

写真は、前回のブティックコーヒーヴォアラと違って豆瓶を卒業して、パッケージ展示です。
瓶の重さが3500グラムで中身が1500グラムの合計5kg、 働くスタッフは、キン肉マン予備軍になり、お客様の評判は良くないですが、チームメイトの体の事を最優先して決定させていただきました。

今度は、Tシャツを現在デザイン中です。豆袋もパッケージを変更予定で、来月勉強にロサンゼルスへ行ってきます。

あ!焙煎機械も見てきます。予約しないように気を付けてきます。
あ!衝動買いでシネッソを購入しないようにこちらも気を付けます。
ア!途中でポートランドへ行ったりもしません。

予言してしまった、、、


2007/04/13

本日、KTSのまる特のツボに出演

投稿者:ヴォアラ

Tsubo本日2007年4月13日、KTSテレビの毎週金曜日 14:05〜15:30 まる特のツボに竹元バリスタが、登場予定です、

最近コーヒーにこだわる人が増えています。入れ方次第でプロの味も夢ではないと言われます。そこで、美味しいコーヒーの入れ方をプロに聞く!さらにこだわりの珈琲店なども紹介します。

まる特のツボ


2007コロンビアCOEオークション2位落札

投稿者:ヴォアラ

_0012012
写真は、今回から国際審査員として、参加させていただいた、2007コロンビアで開催されたカップオブエクセレンスの表彰式です。今現在は,夜中の3時ですが,オークションは,まだまだ続きます、
今回は、何位を落札するのか今は秘密ですが、先ほど終わりました、今回は2位を落札しました。

Co0407l2_2

2007 Colombia First Harvest Auction

カップオブエクセレンス<COE>については、続きをお読みください、

カップオブエクセレンスTMを勝取るコーヒーは、グリーンコーヒーの国際エキスパートのグループによって、その国の特定の年の最高のコーヒーとして選ばれてきました。


カップオブエクセレンスのコーヒーは何が特別なのか?
素晴らしい品質のコーヒーは極く稀にしかありません。称号を勝ち取るコーヒーは、栽培される地域の固有の特徴を備えていますが、総てが職人芸の手造りによりユニークな特徴が高められるのです。更に完全に熟したチェリーだけを注意深く摘み取る事により、際立つ高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つようになります。


どのようにしてコーヒーが選び出されるのか?
生産国の国中からコーヒーの生産者は、一年に一回開催される三段階のコンペティションにサンプルを出品します。コンペティションに参画するロットは、第一段階はスペシャルティコーヒーの最低品質基準に達しているかの確認のフルイに掛けられます。フルイにかけられコーヒーは、国内審査員による「目隠しテスト」でトップ・グループの選び出し、そして最終的に、3日間に亘るコンペティションを経て、国際審査委員が「最高の中の最高のコーヒー」に対し、「カップオブエクセレンスTM」の称号を授与します。


誰がカップオブエクセレンスの審査員に選ばれるのか?
カップオブエクセレンスの国際審査員は唯一招聘によってのみ選定されるのです。多数の国々および、当該開催国からのコーヒー味覚審査のエキスパートで構成されています。コンペティションのそれぞれの国際状況を勘案して、通常は広範囲に亘る経験豊かな24人が選出されす。国際審査員は米国、欧州、日本、カナダ、オーストラリア、ブラジル、グアテマラ、ニカラグアから選抜されます。国際審査員の共通要素は卓越した品質審査技量と、素晴らしいコーヒーを愛し評価できる事です。


いくつのコーヒーが称号を授与されるのか?
格式の高い名誉ある称号を与えられるコーヒーのロット数は、参画・出品されたコーヒーの品質のレベル次第で決まります。条件を満たす品質基準は非常に厳しいので、ほんの一握りのコーヒーが名誉を勝ち得るのです。


称号を勝ち得たコーヒーはどのようにして販売されるのか?
これらの賞賛されるコーヒーは、コーヒー輸入会社やロースターに対し公開国際インターネットオークションを通じて販売されます。最高価格を提示した者が、コンペティションに出品された当該ロットの全量を買い取ります。


カップオブエクセレンス受賞のコーヒーを誰が買うのか?
世界のトップクラスのコーヒーが持つ、複雑で奥行きのある風味の徳性を評価できる鋭敏な味覚を持つ世界中のコーヒー愛好家がこれらのコーヒーを買い求め風味を楽しみます。これらのカップオブエクセレンスコーヒーを買うロースターは、顧客に最高の品質のコーヒーを提供したいからなのです。


この称号は生産者にとってどんな重要なことなのか?
称号を勝ち得た生産者は品質向上にひたむきな努力家であると認知される事になり、自らが鼓舞されます。その生産者は国内表彰儀式で、格式ある栄誉を受けるだけでなく、オークションにおける記録的な高価格は、高価格に値しそれを希求する生産者の手取りとなります。更に、その生産者は市場で認知されます。栄誉を受けた農園は、又往々にして周辺地域は、訪問者と取引の引き合いを受ける事が期待されます。カップオブエクセレンスTMの称号を継続して勝ち取るコーヒーは、ワインのグランクリュウに極めて似た高い地位の評価を得る事になると思われます。

称号を勝ち得たコーヒーは何を目印に確認できるか?
カップオブエクセレンスTMのロゴを麻袋や店頭で探して下さい。称号を勝ち得たコーヒーの総てはカップオブエクセレンスの登録商標をつけて販売されます。カップオブエクセレンスの称号を勝ち得たコーヒーが市場に出回る迄に、数ヶ月掛ける事を知っていただいて、コンペティションを開催する特定の生産国と開催年を探して下さい。もしコーヒーにカップオブエクセレンスTMのロゴが入っていなければ、そのコーヒーはコンペティションの勝者ではありません。称号を勝ち獲った農園で生産される総てのコーヒーがカップオブエクセレンスの称号コーヒーという訳ではありません。生産者は往々にして少量のコーヒーをコンペティションに出品し、残りは別途に売却します。

誰がカップオブエクセレンスを創設・開始したのか?
品質向上に熱心なブラジル生産者グループが、彼らの最高のコーヒーが認知され称号を与えられる為の方策としてコンペティションをスタートさせました。現在ではこのカップオブエクセレンスのプログラムはボリビア、ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドル、コロンビア、ホンジュラス、にも共有され、これらの国の生産者は類稀な高品質コーヒーを生産しています。このプログラムにより創造された強調体制はコーヒー生産者にとって新しいのものであり、今後他の生産国に伝播拡大されると思われます。


2007/02/28

25カ所の生産農家のカッピング

投稿者:ヴォアラ

_0011682本日からスタートしました。午前中に3ラウンド終了して、ランチを終えて、先ほど農家ツアーから帰宅しました。この後、夜のディナーです。では、シャワーでも浴びて、さっぱりして行きますか、、、
追伸、今回は、400数カ所の生産農家から勝ち残った50カ所の生産農家のコーヒーを選びます。
お楽しみに、、、、


2007/02/27

カップオブエクセレンス前日の味の擦り合わせ

投稿者:ヴォアラ

_0011650

本日は、味の擦り合わせです。今,午前中の予定が済んで、今から午後のセッションです。
では、行ってきます。




_0011649


2007/02/13

収穫者の笑顔で判断?

投稿者:ヴォアラ

Dsc_0129_1美人だから撮影したのではないのですが、今回コスタリカへ来て、感じた事は、量をたくさん作ることより、良いものを制限を設けて、計画的に生産している農家の多い事を感じたと思ったら、そんな所だけを、厳選して農園巡りしていた事に、気がつきました。

日常の物差しが、特殊な尺度でルール化されてる事を感じました、
そして、そのような所を経営されてる方は、おしゃれです。そして働いてる人たちも、善い笑顔と誇りのバッチを謙虚につけてる感じがしました。

お互いが、無理せず、謙虚に、軌道修正を行いながら成長してる様子や、将来もっと成長する事をビシバシ、感じる一日目でした。

成長する為に、人生があるなんて素敵です。
お金儲けだけなら、自分の欲しいものを金額に直して眺めてみると、たいそうな金額でも自分の人生を左右してる金額だと思うとがっかりします。

人生充実して、慌てず、転ばす、成長して行きたいと思う今日この頃でした。
笑顔が素敵ですね、この女性、、、きっと、善いコーヒーが出来ますし、これからも成長して行く農園です、


2007/02/03

国分西小学校で珈琲教室

投稿者:ヴォアラ

_0010888今回は、出かける前に、お客様が大勢いらっしゃり、ギリギリ3分前に到着、無事午前10時にスタートしました。
その日は、味方塾の決済が午前中でこちらも、大急ぎで回覧板お電話で無事支払いに間に合い、なんともバタバタでした。大事な写真撮影が出来ず、今回は、反省しております。質問されたお客様へは、数が足らなかったので急遽、陶器製のメジャーカッププレゼントや、クイズで正解者へは、ミルプレゼント等、今回は、アクシデントの御陰で、大盤振る舞いの珈琲教室でした。ありがとうございます。

写真は、福岡の手の間で行われていた、山本源太さんの作品展です。今回の大会で使用予定の花器が、私の好みでなかったので、悪いとは思ったけど、急遽購入して、竹元へ渡した、20年前行った、山本さんの工房は、八女郡星野村にあり、山口長男の作品が、飾ってあったのが印象的でした。私も山口長男は、好きで8点ほどコレクションしています。今回のバリスタ選手権では、竹元が山本さんの涙壷に桃の花を生けておもてなししたと報告をうけております。
手の間
源太窯


2006/08/10

ラテアートエキシビジョン無事終了

投稿者:ヴォアラ

P1120212無事に終了しました。今回も収穫の多いイベントでした。エスプレッソマシーンが、普段使い慣れないマシーンだったので苦労したみたいですが、僕の隣りのバリスタの横山さんは、どんなマシーンでも平均点以上で出来るのが、バリスタだからね!と言ってました。そして、司会者が、竹元さんは、どんな絵を描くのが得意ですかと尋ねてたので、僕が、以前横山さんから、バリスタ志願者が、絵の書き方を教えてください!と尋ねて来るけど、僕は、絵描きじゃないからねと言ってたのが印象的だったので、竹元にもそう言ったらとサインを送ったけど、生意気に思われそうだったのか、上手に答えていました。

相変わらず生意気なのは、私ですが、本日は、以前からお約束してたお家でバリスタの女性が、ヴォアラ珈琲で購入したエスプレッソマシーンとミルを持って来てもらって練習会を行いました。
さて結果は、、、
P1120216


2006/07/28

東京国際フォーラムにに出展!

投稿者:ヴォアラ

Dsc_0029_1
この度、8月7日(月)〜8月9日(水)
東京国際フォーラム(有楽町の駅の横のビックカメラ隣)で開催される日本スペシャルティコーヒー協会
ワールドスペシャルティコーヒーコンファレンス2006に出展することになりました。

「珈琲の味方塾」
に関心がある方はもとより珈琲が大好きな方は、是非、ご来場下さい。「珈琲の味方塾」のブースには、
試飲の珈琲もご用意してみなさまのご来場をお待ちしています!!2006年、日本一に輝いた、日々成長中の竹元のカプチーノも飲めますよ!

私も3日間居ますので、自転車の事や、海のフライフィシングの事や、ライカやアルパの事や、
朝ドラの純情きらりの事以外の珈琲のお話をしましょう。

今度は、食事の為に自転車を持って行きますか?


2006/07/15

グアテマラCOE3位落札

投稿者:ヴォアラ

Dsc_0043グアテマラの品評会落札は、久しぶりでした。

今回は、3位の農園を落札いたしました。私は、グァテマラで行われた品評会へオブザーバーで参加させて頂きましたが、現地でカッピングした評価と見比べても、先日行われた珈琲の味方塾で焙煎した同じ農園の素材の方が、評価点数が高くなりました。

以前から感じていましたが、焙煎方法でこんなに違うとびっくりしますね。

国際審査員の方は、その辺も体験上予測して評価されるのでしょう。流石です。

まだまだ体験不足ですね。

グァテマラCOE
International Jury Score: 90.45
Cupping Number #: 445
Jury Descriptions: dark fruit (5), winy (7), walnut (2), spice (1), plum (2), syrupy (3), lemon grass (2), toffee-caramel (13), chocolate (9), muted fruit (3), complex (13), exotic (7), clean (22), very balanced (20), lively acidity (13)


2006/06/30

エルサルバドルCOE落札しました。

投稿者:ヴォアラ

Coerosters本日は、エルサルバドルのカップ・オブ・エクセレンス・オークションです。すでに買い付けが順調に行われてる生産地ですが、まだまだこれからレベルアップしていける可能性がある所です。お楽しみに、、、、さて落札の結果は、90点以上のコーヒーを落札しています。SCAAの評価点と違い、COEの評価で90点以上ですから、楽しみです。最近、評価の点数の事で問い合わせがありますが、ヴォアラコーヒーが、表示する時は,COEでの評価点数です。この評価方式を考案した、ジョージハゥエル氏は、天才だと思います。どちらも、これからますます楽しみな可能性を秘めた落札した農園ですのでお楽しみに。


2006/06/15

ホンジュラス1位3位セット2年連続落札です。

投稿者:ヴォアラ

Coe今回のオークションを迎える日は、インターネット回線のブロバイダー変更日だったので朝6時からネットワーク関連の変更箇所の下準備等バタバタして約束の9時を迎えました。プリンターや、ドットプリンターや、FAXなどもぶら下がっているのでIPアドレスなどの変更もあり、緊張しながら夕方までお店へ閉じこもり結局、ブロバイダーと言うかNTTさんの手違いで全て最初からやり直しになり、急遽元の設定に戻しましたが、繋がらない、、、、僕の一日は、検証で終わり、オークションを迎えました。明日は営業日だし、レジは、ネットワークで繋がってるし、送りの印字もネットワーク経由、、、で一番忙しい水曜日を迎える事に、、、ホンジュラスのオークションのコーヒーは、珈琲の味方塾の岐阜の七福珈琲の山田さんが、2年連続審査員で参加してるので情報はありますし、任せて安心ですが、結果は見事1位と3位をゲット!
到着が楽しみですね、ホンジュラスは、何と3年連続1位を落札しています。それだけ魅力的な生産地です。お楽しみに、、、
ホンジュラスオークション結果


パナマのオークション落札

投稿者:ヴォアラ

Scap2006福岡のハニーコーヒーの井崎先輩(年上だからね)が、パナマまで珍道中で審査員を兼ねて出かけて行ったので色々な情報を元に、今回のオークション参加でした。色々ありましたが、パナマは、通常品の買付も順調にいってますし、今後さらにレベルアップする事が予測出来ますので楽しみな生産地であります。味方塾として無事15位のロットを落札出来ました。1位は、最近人気の品種の芸者?ゲイシャですが、この値段は、ちょっと凄すぎですね。
今回、シカゴへ寄った時に,1位を落札したインテリジェンシャでこのコーヒーをカッピングしましたが、フムフム確かに魅力的なコーヒーですけどね。生産量も手間もかかりますが、今後の方向性を見守って行きましょう。パナマは、これからですね。。。
パナマオークション結果


2006/06/08

自給自足に登場

投稿者:ヴォアラ

Cover_vol14特集
田舎のカフェのつくり方
栃木県鹿沼市・アンリロ 「幸せを運ぶフレンチベジタリアン」
埼玉県幸手市・cafe bagel 「子どもと母の笑顔を求めて」
島根県大田市・ドマカフェギャラリー 「今も昔も人の集まる土間の家」
群馬県桐生市・伊東屋珈琲 「織物の町の古民家コーヒー店」
田舎のカフェをつくるために
温々を訪ねて
KUSA.喫茶を訪ねて
こんな田舎のカフェはいかがでしょう?
古い街道沿いの町に家具屋&カフェができるまで
5年かけて築き上げたレンガの家

先ほど焙煎機械の事で伊東さんへ電話したら、プロバットのL12(12kg)が見つかりましたと報告を受けました。
だいぶ前に私がディードリッヒ用にプレゼントしたホワィティのガスコックを今度のプロバットへ取り付けようと思って見積もりを取ったら1個が、2万円以上してびっくりしました!、、だってあれは、特注で通常は、ガスコックは、90度で全開ですが、8回転で全開ですからストレスなく微調整出来ます。回しすぎる事が無いですし、調整で小指でもクルクル回せます。さて、マニア自慢はこのぐらいにして、今回は、今の時流的雑誌に伊東さんのお店が載ってました。伊東さんは、黒磯のSHOZOの大ファンで私も以前船井総研の珈琲チームだった岡村さんに紹介されて見学に行きました。SHOZOさんもヴォアラ珈琲へ遊びに来てプジョーの自転車を購入して帰られましたが、雰囲気のある店作りは、流石ですね。伊東さんのお店も中々エネルギシュ溢れる、情熱を感じる店舗に仕上がっています。
先月の柴田書店のカフェの雑誌には、北海道横井珈琲さんが登場してました。


2006/06/02

グァテマラカップオブエクセレンス参加者の記念写真

投稿者:ヴォアラ

Dsc_0116_1 今回、行われたグアテマラの品評会へ参加された世界中の方々です。憧れのお店の焙煎人や、初代WBC世界バリスタ選手権のチャンピオンや、オーナーの方々と焙煎機械の事や、お店の事や、販売方法などお話出来ました。もっとも私は、英語が出来ないので、単語を並べたり、手真似をしたり、絵を書いたり、通訳に入ってもらったりですけどね。音楽の話でもお互いのプレーヤーを交換してお互いの音楽を楽しんだりして午後を過ごしました。


2006/05/26

グァテマラへ行ってきます。

投稿者:ヴォアラ

P1110769本日からグァテマラで行われるカップオブエクセレンスの品評会へオブザーバーとして参加してきます。グァテマラは、初めてなのでドキドキしています。
本当の理由は、久しぶりに一人で行動して乗り継ぎ、目的地へ行かないといけません。
この写真の方は、スイスのチューリッヒから電車で10分ぐらい行ったデティコンに在るコーヒー豆屋のフェラーリーカフェのオーナーです。私が、1986年?1984年?に鹿児島市内の東郵便局の裏で3坪の石倉作りの珈琲豆屋をオープン(当時としては、珍しいコーヒー豆専門店でした。品揃えもグルメコーヒーだけです。価格も100g500円から800円ぐらいでした。)しました。当時は、焙煎も上手くいったり、失敗したりの連続の毎日でした。ハンドピックも当たり前、布ドリップも勘違い自信ありで、お店で入魂の1杯を提供していました。当時も200円で飲めました。席数は、アンテークの白木の長椅子に、着物の帯を敷いて、毎日、野の花を生けてました。李朝の小机をテーブルに、提供してました。焙煎室の壁は、煙の状態がわかるようにつや消しの黒い壁にして、照明器具も500wのレフランプ消費期限数時間を使用して毎日、朝、6時から10時まで焙煎して、お店を開けて、夕方の7時までの営業でした。音楽は、エリックサティーや、グールドのバッハや、環境音楽を流していました。壁面には、松山さんに借りた、山口長男の油絵や、プリミティブアートのガーナ共和国のアシャンテ族の人形や、ブリキのおもちゃ等を飾っていました。そんなお店も3ヶ月で閉めて、2週間後には、フランス、チューリッヒ、イタリア等の焙煎の秘密を探りに旅に出た時に、出逢った将来のお手本になる環境経営(理想的な環境(自然に囲まれ、週2日焙煎、翌日発送でお店を運営)されてたフェラーリー氏です。と書いた所で飛行機が欠航です。どうなる事やら珍道中、、、ですが、27日に成田を飛び立てるようです。相変わらずツイています。何故なら、丸山さんや、浅野さんは、27日の早朝到着予定が遅れて夜に到着、私は、26日は、一人でグアテマラで一日を過ごさなければ行けなかったのですが同じ頃に到着ですかね。今回のチケットは、変更が出来なくて困っていましたが、天が味方してくれましたが、鹿児島からの飛行機がまだ未定です。


2006/04/24

世界大会に向けてトレーニング

投稿者:ヴォアラ

P1110617先週は、東京で、今回の世界選手権へ向けてトレーニングが行われました。20名ほどの参加者で、アドバイスを頂き、多くのヒントを頂きました。ありがとうございます。

今回は、ミルクのフォーミングの件で、ミルクピッチヤーを青山のアレッシーに買い物に行き、350ccと500ccを購入して検証しました。

大会に向けて、日々トレーニングを行ってますが、現在の仕上がりは、78点ぐらいです。
ヴォアラ珈琲のミッションは、ホームページのバーナーにも書かれてるように、
<Voila 大切にしたい、一粒一粒の個性と存在能力>と言いますが、珈琲を仕事としてがんばってる仲間が自分の個性を伸ばして、センスを磨き、人間として成長して行くプロセスを応援出来る職場環境を提供出来るお店でありたいと最近、感じています。

私なんか失敗だらけで将来が楽しみな一人かもしれません。がんばりやのチームメイトに囲まれて幸福なヴォアラ珈琲です。


2006/04/10

ブレンドの隠し味の農園です。

投稿者:ヴォアラ

P1110469パナマの農園主ご夫婦です、ヴォアラ珈琲のブレンドで活躍する生産地です。


2006/04/06

スタッフが、ホームページに載りたいと暴動、、、

投稿者:ヴォアラ

P1110331ヴォアラコーヒーのバリスタ3人娘達です。最近嬉しい事が連続して起こっています。バイトをすると次から次にお目出度になってしまうのです。左の橋本さん以外は、結婚してるので問題ないのですが、出来る範囲で働く女性を応援したいと思います。


2006/02/16

現場で品質向上策の提案!

投稿者:ヴォアラ

DSC_0213生産地へ行って、現場をみて、もっと旨くなる方法は?他の生産現場で成功した事例などをお話しして、それをする事で何が良くなるか、何故必要かを、しっこくお話しして、直接生産農家の方へリクエストします。当然、手間がかかればコストが、かかりますのでその辺も継続的に行えるように打ち合わせします。

そして、生産現場の労働者の子供の教育費の事なども情報として入手出来ました。自分たちに出来る事、出来ない事などを整理して、継続的にヴォアラコーヒーで何が出来るかを考えました。援助出来る可能性のある生産地のコーヒー豆を、毎月最初の1袋500gの売り上げ金額1年間貯蓄して寄付出来ないかヴォアラコーヒーの仲間と話し合って決めようと思いました。継続が喜びになる仕組みを構築します。(500g1,200円の10ヶ月で一人の子供の教育費を賄えるそうです。)確実に、手に持った珈琲カップの液体から生産地の大地に育まれた種子が繋がってる事を確認した、今回の研修でした。


2006/02/13

実践味方塾軍団?グループ?

投稿者:ヴォアラ

DSC_0032今日は、スペシャルティコーヒーを販売してるお店の標語に、登場してくる言葉<種からカップまで>の目的検証の為と今後の品質向上策を話し合う為に、生産現場へ行きました。生産者からプレゼントされたポロシャツには、味方塾グループと刺繍されていました。実践組で現場に出かけた仲間と日本で用事等で参加出来なかった仲間の為にしっかり現場を観て、カッピングして来ました。
これからも、さらに美味しくなる可能性を沢山秘めた環境と設備の向上策をレベルアップしていける事を確信しました。楽しみです。

さて、帰宅したら、新店舗の準備や、鹿児島市内でのコーヒー教室などの準備に入ります。

現在使用していない、整備済のマルケニッヒのコーヒーミル(定価45万)を中古で15万ぐらいで売却予定です。
興味のある方は、直接御電話してください。正規輸入品(ラッキーコーヒー)ですので後のメンテナンス等でも心配要りません。なお個人売買として、現状渡しの保証無しで、この価格設定にしてありますので、お店に来店されて納得されましたら購入してください。(現在店舗では、豆売り用は、マッザーのミルを2台、エスプレッソ用は、
マッザーのコニカルミルを3台使用しています。)


2006/02/12

秘密の生産地?

投稿者:ヴォアラ

DSC_0116エルサルバドールの農園は、秘密にしたいほど魅力的な農園です。それをしっかり確認しました。
完熟実も、色がレッドパープルだけでは、駄目でした。葉っぱの茂った枝の実と葉っぱの無い枝の実では、糖度が全然違いました。(この事は、昨年のスペシャルティコーヒーのセミナーで習ったのですが、教科書とスライドの講習では、右から左へ抜けていく事が良くわかりました。体験検証主義で行動を起こさないとスペシャルティコーヒーは、理解出来ない事を確認しました。)
今回の旅も、色々な可能性を感じました。コーヒーに感謝します。そしてコーヒー愛飲家に感謝します。留守番役のスタッフと家族にも感謝します。では、明日も秘密にしたいほど魅力的な農園へ行ってきます。


2006/02/04

ジャパン・バリスタチャンピオンシップの審査員プログラム

投稿者:ヴォアラ

P11103032006年2月2日は、ジャパン・バリスタチャンピオンシップの審査員プログラムの感応面得点表の評価の研修を大阪で受講してきました。こちらも体験、検証、何故、何故でしつこく質問して理解出来るよう頑張ってきましたが、お手本を沢山体験して、味の擦り合わせと見た目の擦り合わせを沢山しないといけません。
次の日は、大阪予選で、実地研修でした、私の評価は加点されませんが、控え室で先輩達の評価を聞きながら軌道修正していきました。タイムキーパーの役割が来た時は、ドキドキしましたが無事役目をはたしました。次は、ニカラグアとエルサルバドル行きの準備でドタバタですが、航空券とパスポートとカッピングスプーンだけは、忘れないようバックにつめました。


2006/01/27

国分中学体験学習

投稿者:ヴォアラ

DSC_0003今年の体験学習の生徒達です。御陰さまで毎年、行っています。今年も素敵な笑顔が集まりました。ヴォアラコーヒーの業務内容や、仕入れの素材は、直接生産者と打ち合わせをして、毎年、品質向上策を検討している事などを、お話ししました。一人では、出来ないけど、個性の強い小さな力と知恵を集めて行動すると、面白い事が起こりますよ!とお話ししました。そして素材の話や、焙煎などを見学してもらいました。計算が判りやすいように、昨年の12月は、20日営業で換算すると1日に100kgの珈琲豆が旅立ちました。1杯分を10グラム使用すると1日に10,000杯のヴォアラ珈琲が飲まれてる計算になりますね。その1杯のコーヒーカップの液体には、多くの生産者の家族や子供達が繋がってると思うと、適正価格でコーヒーを販売してる事を誇りに思いますとお話ししました。お客様も珈琲を飲めるお店の要望が多いのですが、もう少し、生産者とのパイプをしっかりしたものにしてから挑戦したいと思います。
まずは、珈琲愛飲家と一緒にガブガブ飲んで、沢山販売して、お互いが御陰さまでと言える善い関係を構築したいと思います。ところで、写真を撮るときにピースをする意味が判りませんが、恥ずかしいのでこれが照れ隠しかな?と思う一日でした。



2005/12/13

コーヒー多様性の祝祭

投稿者:ヴォアラ

P1100726この写真の右側のヴォチェンツォ・サンダィユ氏の「コーヒー多様性の祝祭」
を教科書にしたスペシャルティコーヒー基礎講座12月7日大阪で受講してきました。3回シリーズで開催されます。学生の頃は、講義は、睡眠薬か子守唄の秘密のノウハウが、あると実体験検証済みでしたが、今回の講義は、常日頃の疑問点や、興味のある事だらけの講義で、疑問点にも直ぐに、答えてくださり、実に解りやすい眠たくならない、講義でした。翻訳された、丸山さんや、監修の林先生に感謝します。珈琲の袋小路に迷い込んでいた私は、日本国内で手に入る本は、ほとんど入手(200冊以上)していますし、海外の本もオールアバウトコーヒー1928年を初め持っていますが、ここ最近のスペシャルティコーヒー関連の本では、素晴らしい内容です。
バリスタ関連の方もこのような、基礎を知ってるか知らないかでは、問題が起こった時の解決方法の考え方で大きく差が開くと思います。そういえば、世界のトップのバリスタ達は、カッピングのセミナーにも積極的に参加しています。今年の世界チャンピオンの指導者も世界チャンピオンになった翌年には、噂では、スペシャルティコーヒーのカッピングのトレーニングの重要性について話していました。ジャパン バリスタ チャンピオンシップ2006の審査員の山田さん(今日からKorean Barista Championshipの審査員でー10度の韓国へ旅立ちました。)もカッピングでも評価するので、意外と大事な事かもしれません。そんなわけで、12月2日は、緊急定休日にしてヴォアラコーヒーのスタッフ全員(バリスタ竹元、パテシィエるみ先生3人)で早朝朝5時に国分駅に集合して新幹線で北九州で行われた第 4 回目となるスペシャルティコーヒーの初級者向けカッピングセミナーに参加してきました。

追伸!「コーヒー多様性の祝祭」は、ヴォアラコーヒーでも販売予定です。20冊確保していますので欲しい方は、
連絡ください。
スペシャルティコーヒー基礎講座は、来年の1月から2月頃に今回参加出来なかった方へ最後?のチャンスとして
開催予定と聞いています。これを受講しないと2回目以降は、受講出来ません。ここからが、日本のスペシャルティコーヒーのスタートだと思います。そして来年の2月頃にSCAJの企画で、この講習会で学んだ事を実際に現地で確認出来るチャンスのニカラグアツァーも開催予定みたいです。今年も行きましたので是非来年も行きます。スタッフの竹元も行く予定ですが、九州バリスタ予選大会と重なりそうなので、現在魔法の練習中?
追伸2、しかし、現在、ボダムジャパンが、コーヒープレスの日本国内の在庫欠品中で、ご迷惑をおかけしていますが、スターバックスさんが、しっかり在庫を持っていますのでこちらでの購入を御勧めします。ヴォアラコーヒーも店頭での在庫のみとなりますので御訪ねください。ハリオさんの商品もフィルターのメッシュサイズ以外は、値値段、材質、金具強度など素晴らしいのですが、こちらも数がまとまらないとボダムサイズのメッシュのオプションは、出来ないそうです、試作が、ヴォアラコーヒーにやってきて検証しましたが、まったく同じでした、3年ぐらい前に、新潟へボダムのメッシュフィルターと同じものの見積もりを頼んだところ作れるそうですが、せっかくなら、世界から注文がくるような、おしゃれなデザイン、サイズ(出来ればボダムの500ccのずんぐりムックリ型が、検証結果が良かった)で制作したいですね。直火式のモカ(エスプレッソ)も検証結果も素晴らしいのでこれから、品揃えしたい商品です。


2005/12/04

エスプレッソの基本の根っ子は、ココです。

投稿者:ヴォアラ

shichifuku写真は、日本を代表する、WBCの国際審査員でブロバット感染者の岐阜の山田氏です。そして今回は、バリスタトレーナーとしても世界各国で活躍されてます、WBCのジャッジ・トレーナーでもあるオーストラリアのジャスティン・メトゥカルフ氏を講師にヴォアラチームの竹元が、東京で行われたセミナーを2005年11月30日に受講してきました。基本の見直し、常日頃の疑問点等を修正して、早速帰宅後、講習会でした。

常日頃、私たちの思考や行動は、基本の根っ子を理解し、そこから出発しないと違う方向へ行き結果、解決するのに随分無駄な体力を消費しますが、善いお手本に出会い、素直に軌道修正して
もう一度自分で検証すると大きく成長出来る事が多いと感じています。移動距離と成長は、正比例してるようですが、野生の直感を磨く事も大事なのでやはり自然の中で、遊ぶ事も大事ですね。

追伸
今頃の時期は、10年前なら、池田湖へセージのフライロッドの8番とフローティングラインとインターミディエットのモノフィララインとタイプ2とタイプ4を持って、フライも開聞岳用のエバ用のストリーマとクレージチャリー4番6番と池田湖用のサーモンフックの4番6番8番をもって日の出前には、湖畔にこっそり忍び足で隠れていました。


2005/10/16

SCAA認定カップ審査員試験合格は、新しいスタート地点

投稿者:ヴォアラ

P1100469本日、試験が終わりました。SCAA認定カップ審査員の試験に合格しましたが、試験は、謙虚さを学びます。 情報が少なく、現地でチームジャパンを結成して、毎晩、予習、復習しましたが、ディスコみたいな真っ赤な照明は、ドキドキします。試験中にも多くの事を解決する為に学習しながら調整しますが、最初の印象度が、大事な事を学びました。

今回もメンバーに恵まれた事に感謝します。ありがとうございます。



2005/10/12

ハンドピックは、難しいです。

投稿者:ヴォアラ

P1100364私もハンドピック歴何十年ですが、きちんと習ったことがありません。スペシャルティコーヒーを扱っているからと言って、知らないでは、すまされません。私も初めて知った事が沢山あります。基本のハンドピックの難しさを体験しました。
基本は、大事です、私も講習後残って復習しました。それでも慌てると評価を間違うので心配です。


2005/10/07

コロンビアのとびっきり2位8位落札しました

投稿者:ヴォアラ

joseyepes2_web
COE2位Jose´ Yepes - Balvanera
今回は、MOCCA brenneri (Oslo), Stumptown Coffee Roasters, Maruyama Coffee for Mikatajuku group.で上位狙いを決行しました。コロンビアの魅力を存分にお楽しみいただけます。
Jose´ Yepes - Balvanera (more info...)
Characteristics of the property
Characteristics of the coffee lot
Lot #: 2
Municipality: Chachagu¨i´
Department: Narino
Total area: 8 hectares
Coffee growing area: 7 hectares
Altitude: 1950 masl
Variety: Colombia (20%), Caturra (80%)
Processing system: Traditional wet milling process
Lot size: 15 bags
International Jury Score: 92.58 - Sample #:590
Jury Descriptions: tart blackberry, sweet candy, full, out-front, grapefruit, winey, citric, floral, apple, balanced, powerful, sweet fruit, plum, velvety, lush, tangerine, floral, citric, whiskey, subtle tea, red rose, sweet, clean, creamy, jasmine, chocolate, caramel, blueberry aroma, velvety, buttery, almond, sweet lemon notes, refined acidity, lasting aftertaste, gentle, citrus, fig effervescent

もう一つは、8位ですが、これも楽しみです。
octaviocardozo3_web
COE8位Octavio Cardozo Salinas - Pinares
Octavio Cardozo Salinas - Pinares (more info...)
Characteristics of the property
Characteristics of the coffee lot
Lot #: 8
Municipality: Neiva
Department: Huila
Total area: 92 hectares
Coffee growing area: 20 hectares
Altitude: 1750 masl
Variety: Caturra (100%)
Processing system: Ecological
Lot size: 18 bags
International Jury Score: 89.28 - Sample #:380
Jury Descriptions: honey, balanced, full, sweet, honeysuckle, melon, currants, pleasant, rich long body, bright acidity, green grapes, lasting aftertaste, chocolate, raisin, fruity aroma, strawberry, melon, musky, cantaloupe, clean, sweet, refreshing acidity, velvety body and mouthfeel, blueberry, chocolate


2005/10/06

Colombia (Second Harvest) 2005 Cup of Excellence(R) Competition

投稿者:ヴォアラ

Cup of Excellenceです。 今回は、どうなりますか?と言いつつも明後日には、アメリカへカッピングのトレーニングへ行きます。アメリカのシステムを実体験できるチャンスを得られた事に感謝します。
ヴォアラ珈琲のお客様、そして安心して出かける事が出来るのも優れた経営者感覚のチームメンバーの御陰です。

帰宅後は、11月22日(火曜日)開催決定の珈琲教室の準備(会場は、鹿児島市内のイリスの2階で開催します、詳しくはヴォアラ珈琲までお電話ください。定員24名ですが、出来れば少人数でやりたいと思っています。コーヒーカップ持参、エプロン持参でお願いします。開催時間はお昼1時から3時30分終了です。参加費1,000円(お土産付き)です。それまでに、現在準備中の綺麗さっぱり善い仕事を具現化します???
追伸、焼き菓子工房も始動開始に入りますし、エスプレッソマシーンを使用したカフェ開業セミナーも開始出来る準備に入ります、お楽しみに
追伸!参加費の1.000は、『クロネコ@ペイメント』では決済出来ませんので宜しくお願いします。井ノ上達也
Country-Column-copy_03


2005/09/04

ミストラル!

投稿者:ヴォアラ

P1100130今回の山形屋に逢わせてヴォアラ珈琲本店に新しいマシーンが来ました。世界に2台しか現在は、ありません。中身は、ラマゾッコの最新バージョンです。


2005/08/08

今回は、浜松で勉強会です、

投稿者:ヴォアラ

P1090592今回は、浜松で勉強会です。お店の名前は、コーヒー屋ポンポンです。ココには、井上製作所のローラミルがあります。これでネルドリップ、デミタスは、絶品だったそうですが、今は、家庭で珈琲販促センター浜松地区代表の為、今は、倉庫でお休みしてますが、売れてしまいました。家庭用ミルでは、。家庭用ミルでは、世界最高だと思います。100g5分ぐらいかかりますが、、、私も4年ぐらい前に霧島国際音楽祭で使いましたが、素晴らしい性能です。写真は、自慢のCB750とニッコリの羽田さんです。ここもヴォアラ珈琲が、お手伝いしてMacのポスレジが、導入されています。


2005/06/29

エルサルバドルのオークション

投稿者:ヴォアラ

Country-Column-copy_08本日は、エルサルバドルのオークションです。
無事3位落札したようです。お楽しみに、お楽しみに、
Variety: Bourbon
Processing system: Wet processing
Lot size: 16 bags
International Jury Score: 88.35
Jury Descriptions: pleasant, good quality, sweet, grape like, melon, fruity, almond aftertaste, solid acidity, sweet, long satisfying finish, excellent combination of acidity and flavor, peach, chocolate, flowery, black tea, currants, floral aroma, peach, chocolate flavor, sweet, balanced


2005/05/25

本日パナマオークション開催中

投稿者:ヴォアラ

pa2005
今日は、パナマのオークションです、
どうなる事やらお楽しみに!お楽しみに,と思っていたら4位を無事落札しました。
珈琲愛飲家の皆さん、お楽しみに、


2005/05/21

コスタリカオークション3位落札

投稿者:ヴォアラ

cosecha_de_oro_mark_lg昨晩は、コスタリカのインターネットオークション でした。
今回も珈琲の味方塾で3位を落札しました。
楽しみですね、今月から売り出し中のボリビアも残り少なくなりました。
まだ、体験されてない珈琲愛飲家の方は、是非体験してください。

追伸、お客様から問い合わせがありましたのでお知らせします。
ヴォアラ珈琲では、カフェプレス(コーヒープレス)の掃除方法など店頭でお伝えしておりますが、簡単な方法をお知らせします。

◎一番簡単な方法は、使用しないときは、金属フィルターを水の中に沈めて保存、
◎ヴォアラ珈琲で販売中のモンゴルの重曹で洗浄、
◎裏技は、ステンレスのフィルターなので火傷に気をつけてコンロで煙が出て消えるまで真っ赤に焼く、そして水の中に放り込み冷やして使用、
◎ヴォアラ珈琲では、予備のフィルターも常時店頭で販売しております。


2005/04/22

2005 Brazil Late Harvest Auction

投稿者:ヴォアラ

CoffeesOne-Logo本日は、ブラジルの 2005 Brazil Late Harvest Auctionです。昨年は、1位を落札したので最近の落札ぶりから駆け足リズムで今度は2位かもしれません。1、2、1、2。。。。でリズムに乗って2位を珈琲の味方塾で落札しました。



2005/03/31

本日コロンビアのオークション落札1位、3位、13位

投稿者:ヴォアラ

colombia.gif本気でやる気のある農園が、勝ち残ってくる
コロンビア・カップ・オブ・エクセレンス世界オークション!が本日開催されました。
無事、珈琲の味方塾で1位、3位、13位落札しました。ありがとうございます。

ヴォアラ珈琲応援倶楽部の皆様、お楽しみに!

コロンビアは、元々地理的条件に恵まれた所でしたが、生産性を最優先して味を見ないで品種改良への道を進んでしまったと10年ぐらい前にブラジルの農業研究所で、聞いた事がありました。
ですから、本気で品質向上策に挑戦してくるととんでもなく素晴らしい珈琲が、誕生します。
4年前にscaaの会場で試飲した、2ロットのコロンビアは、素晴らしかったので密かにこのチャンスを待ってました。 

<カップ・オブ・エクセレンス世界オークション!>

各農園の評価はこちらでごらんになれます。→<Winning Farm>


2005/03/19

シルヴィオ・レイテ氏によるカッピング(味の評価方法)のセミナー

投稿者:ヴォアラ

P1080024.jpgヴォアラ珈琲オーナー、井ノ上達也、 スタッフ 竹元俊一、井ノ上 雅子は、ブラジルNo1国際審査員の シルヴィオ・レイテ氏によるカッピング(味の評価方法)のセミナーに行ってきました。

前列は、今回のセミナーの手伝いをされてた国際審査員の、名古屋のボンタイン珈琲の加藤さんと軽井沢の丸山珈琲の丸山さんです。

このような会が日本で開催されるなんて10年前は、考えられませんでした。
私は、ずいぶん遠回りをしましたが、御陰で珈琲の本当の魅力や、繊細な飲み物だと最近また、再認識しました。

これからの若い人は、是非このようなチャンスを積極的に掴んでください。世界が変わります。

注出もペーパー、布、金属フィルター、などのフィルターを使用した入れ方もありますが、
最近、カッピングの時のやり方が、一番魅力が表現されてる様に思いました。

簡単な注出器具が、出来る可能性が十分ありますね、ガラスサーバーと粗めの金属メッシュ(茶こし)だけで十分かもしれません。


2005/03/12

懐に優しい、すし鉄で打ち上げ!

投稿者:ヴォアラ

P1070862.jpg今日は、カンブライアン氏と打ち合わせが終わり、これからも品質のレベルアップをしながら日本の方へサマンバイア農場コーヒーの素晴らしさを伝える事を約束しました。

ヴォアラ珈琲は、来年は、ようやくサマンバイアだけのエスプレッッソブレンドを
完成させ本格的に販売します。今年も販売しますが、もう少し検証します。
御待ちください。

今回の打ち上げは、軽井沢の鮨愛食人からアドバイスいただき、このお店を選びました。<自分への特別のご褒美は、神保町に素晴らしいお店があります。>

懐に優しく、ネタは、活、ワサビは、生山葵、技は、ぴか一、愛嬌有りのお店です。支払いまでドキドキしながら、楽しくいただきました。好みで食べても納得価格です。

築地の市場でも一通り3150円ぐらいで食べられますし、最近は、立ち食い専門でお腹いっぱい食べて2000円でおつりがくる所がありますが、これから家族では、ここですね。

そして、サマンバイア珈琲も特別高い値段でなくて毎日、懐に優しく飲める値段で提供していきたいと思いました。

すし鉄  日本橋3-3-12 tel03-3275-0717 です。東京大丸の8階にも入っています。


2004/11/19

Brazil Cup of Excellence® Auction

投稿者:ヴォアラ

COE-Logo.gif本日2004年11月19日夜中です。今年もブラジルのオークション の時期がやってきましたが、無事3年連続1位を落札いたしました。丸山珈琲の健太郎氏が99点を採点した珈琲だと聞いていましたので楽しみにしていました。今回も丸山氏の最終判断の正確さ、そして強運、そしてブラジル地区予選から審査に参加した、日本人として初めての?福岡のハニー珈琲の井崎さんの元気一杯の行動力にも感謝します。

このWinning Farm <oaquim José de Carvalho Dias - Fazenda Recreio>地域は、行った事があり、農園主は、かなりの高齢の方と聞いております。
今年は、この農園と関連のあるブラジルのナチュラル珈琲のチャンピオンコーヒーも落札体験(愛飲)いたしました。

そして今回も、落札した珈琲の応援も含めて、私達の大きな夢も含めて、生産者の将来へ向けての夢も含めて、そして今モニター前のあなたの応援の御陰で、まだまだこれからも珈琲は、素晴らしい可能性を発達させながら成長していきます。そしてヴォアラコーヒーも成長していきます。

私もこの素晴らしい珈琲を私のお店の応援クラブの皆様に体験(愛飲)してもらえる事に感謝いたしますし、私も世界1位の珈琲を焙煎出来る事に感謝いたします。新しい焙煎機械(プロバットUG22)も昨日大阪から慣らし運転後の調整と整備に寄っていただき、10メートル移動引っ越しのL5のプロバットの移動の為の煙突の設計も無事終わり、着々と次の準備が進んでいます。しかしプロバットは、素晴らしい焙煎機ですが、焙煎は、非常に繊細な作業です。

新しい焙煎機械も慣らしが終わりつつあります。ようやく機械にも慣れてきました。
12月から本格稼働いたします。

今後の課題、メモ!
その1、小型焙煎機械(プロバットL5)の移動にともない、ケーキ工房を設置予定 

その2、それにより、お店で試供中のコーヒーのミルクを現在ポーションタイプから動物性の乳脂肪36%前後に変更予定、

その3、エスプレッソトレーニングルーム設置予定、

その4、現在、ホームページからの買い物かごで購入の時、手前のページへ戻るとき文字化けの問題を解決する(こちらは、既に解決策が見つかっておりますのでもうしばらくお待ちください。)

その5、コーヒーのパンフレット制作する。味の特徴がわかりやすい言葉で表現する。

その6、ホームページの表示速度の遅さの改善を検討します。

その7、楽天大学に入校してさらに便利で安心なお店になれるように努力いたします。

その8、受注専用携帯サイトの充実をはかる。


2004/08/23

Cafe Bel-laさん来店

投稿者:ヴォアラ

P1040591.JPG昨日は、大川で勉強会でしたが、
帰宅すると千葉のCafe Bel-laの伊東さん夫婦が、来店されました。


2004/08/22

今月は、福岡方面で勉強会です。

投稿者:ヴォアラ

P1040580.JPG今回の勉強会は、福岡方面です。
お昼の3時3分の国分発の急行で福岡に着いたのが、6時9分でした。
近くなりました。

会場が、大川なのでサンプルローストの準備で前日入りです。
夜は、一刻堂で前夜祭です。

中々評判のお店で、入り口にヤカンが、置いてあったので、聞いてみると
夜間(やかん)営業のお店ですからお店のシンボルマークです。との事でした。

今回の荷物は、先週アメリカへ行った時と同じぐらいの量でした。
今月、26日から今度は、焙煎の勉強にデンバーに行ってきます。


2004/07/14

ホンジュラス・オークション1位落札

投稿者:ヴォアラ

elpezote.jpg今回も無事1位を落札出来ました。私たちみたいな小規模焙煎人達のグループで世界の競合相手に落札出来るのも応援してくださる 珈琲愛飲家が、ガブガブ応援飲みしてくださる御陰です。感謝します。

今回の落札にも、最強ビッダーの丸山珈琲さんを筆頭にサポート組で現在マッキンキャシュ応援団(POSレジ)導入中の岐阜の七福珈琲さんと博多のハニー珈琲さんの徹夜の御陰です。

今度の珈琲も応援クラブの皆様方にお届け出来る事とそんな素材を焙煎出来る事に感謝します。
ホンジュラス・2004年オークション1位El Pezote

Gregorio Mart?nez - El Pezote, Lepaera, Lempira
Lot #: 1
Location: Lepaera, Lempira
Altitude: 1560 msnm
Total area: 30 hectares
Coffee growing area: 20 hectares
Variety: Pacas
Lot size: 10, 69kg bags
Jury Descriptions: Honey, smooth , mellow, rich, floral, buttery, clove, sweet cocoa, ripe mango, passion fruit, caramel, got better and better, elegant, well put together, multi layered body


★ 本日、ホンジュラス・オークションです。 ★

投稿者:ヴォアラ

honduras.gif本日のホンジュラスは、COE始まって以来の最高得点が付いた商品です。
だれが落札するのでしょうか?
出来れば応援クラブの皆さんに体験して欲しいと思っておりますが、、、、

ホンジュラス・オークション


2004/07/01

ニカラグアの2位落札

投稿者:ヴォアラ

Country-Column_04.gif今夜もオークションです。
今回もどうなることやらと思ったら2位落札です。
http://www.cupofexcellence.org/DesktopDefault.aspx?tabid=282
http://www.nicaraguancoffees.com/win_04_2.html

David Izaguirre - 15 de Septiembre/ Prodecoop R.L.
Lot #: 2
Location: El Ojoche, San Juan de R?o Coco
Altitude: 1300 msnm
Total area:
Coffee growing area: 63 hectares
Variety: Caturra
Lot size: 20 bags
Jury Descriptions: sweet, tangerine, jasmine, chocolate, tart cherry, balanced, stable, fine acidity, super coffee mango, floral, fresh tasting, juicy

ところで今回は、先日の勉強会で一番人気の2位を無事落札出来ました。
一位との評価点数は、ごくわずかでした。味方塾内部では、2位の方が良かったです。
ヴォアラ応援クラブの皆様にご紹介出来る事を楽しみにしております。


2004/06/30

パナマオークション5位落札

投稿者:ヴォアラ

pa2004.gif本日は、朝6時からパナマオークションです。
http://auction.stoneworks.com/observer_list_.html
今回は、どうなりますやら!と思ったら5位落札しました。

今年は、すでに買い付けは、済んでいますから善い買い物が出来ました。
応援倶楽部の皆様には、十分楽しんでもらえます。
Best of Panama Auction 2004
Item Number:PA105
Item Name:Lerida Estate
Lot Size:22 bags
Bag Weight:60 kg.
Variety:Caturra, Catuai
Farm:Lerida Estate
Slopes of the Baru Volcano
Altitude: 1600-1700m
Avg. Temp: 19° C
Rainfall: 2600 mm


2004/06/23

エル サルバドルのオークション落札4位

投稿者:ヴォアラ

4_1.jpg写真の彼女の農園です。今回も味方塾で参加して、善い珈琲を味方塾で落札しました。
国際審査員の丸山健太郎氏(丸山珈琲&珈琲の味方塾)が、強運なビットを決めました。ありがとう!
数ヶ月後にはヴォアラ応援クラブの皆様のコーヒーカップの中に登場します。お楽しみに!
さらに凄い知らせが届きました。

珈琲の味方塾の仲間の岐阜の七福珈琲の山田氏が、なななんと!
今年の6月のイタリアでWBCの2004年〜2005年の
国際審査員認定を受けることが出来ました。
その上、トリエステで
ジャッジをさせてもらう事になり
非常に貴重な体験させてもらいました。 と報告がありました。
おめでとう!
http://www.worldbaristachampionship.com/

エル サルバドルのオークション落札4位
Montelar S.A. De C.V. - El Tesoro (50)
Characteristics of the property
Lot #: 4
Score: 89.93
Variety: Bourbon
Altitude: 1300 Process System: Conventional
Contact: Silvia Larin De Cuenca
Mill: Larin E Hijos & Cia
Jury Descriptions: very citrus, floral, silky, smooth, velvet, sweet, bright acidity, sweet pleasant, elegant refined finish, rosehips, opened up in the mouth. honey, blooming


2004/06/19

ザンビア(アフリカ)へ農園視察に行きました。

投稿者:ヴォアラ

P1030044.JPG今回は、ザンビア(アフリカ)へ農園視察に行きました。
初めてのアフリカは、マラリアの怖さや、食べ物もサラダも生水を使用して調理するので食べられるのは、チキンカレーとコーラだけと聞いていたのでアフリカダイエットツァーになるかと期待しておりましたが、見事に旨かったのです。


2004/06/05

ブラジルのナチュラルの王様?

投稿者:ヴォアラ

03B838.jpg昨年ブラジル研修で行った農園のオーナーです。

なんと今年行われたブラジル・レイトハーベスト・オークションで堂々1位に輝き,私たち珈琲の味方塾が、落札しました。ヴォアラ珈琲には、5袋(300kg)まもなく入荷します。
お楽しみに!
新しいシステムに慣れるために一生懸命書き込みしています。

世の中、体験学習が、一番身に付きますからね。
それでも本や、セミナーに一生懸命参加して成功事例や、失敗事例だけ学んで
自分自身の体験を経て学ぶ楽しさを忘れている人が多いと思いませんか?
ブラジル・レイトハーベスト・オークションで落札


頑張りやの仲間です。

投稿者:ヴォアラ

P1020204.JPGヴォアラ珈琲を表で支えてくれている仲間です。

男性は、竹元俊一、バリスタです。ケーキのパテシィエも5年間体験してますし
本来凝り性なので詳しいです。現在の愛車は、イギリスのミニクーパ1300です、
女性は、私の妹の井ノ上雅子 サンキューレターを得意としています。現在販売修行中です。

仲間の御陰さまで私,井ノ上は、安心して生産地に出かけていけます。
お客様に恵まれて,仲間に恵まれて,この仕事が出来る事に感謝です。


2004/06/01

近況報告

投稿者:ヴォアラ

2006年2月スタッフ竹元が、バリスタ選手権九州沖縄大会へ出場予選勝ち抜き全国大会へ
2006年2月ニカラグア・エルサルバドル研修
2006年2月ホンジュラス・アマゾナス農園COE品評会3位受賞完売。
2006年2月コロンビア・バルバネラ農園COE品評会2位受賞完売。
2006年2月ブラジル・フォルタレザ農園ナチュラルコーヒー品評会 2位受賞完売。
2005年12月ベスト・オブ・パナマ4位受賞「パナマ・サンタテレサ農園」完売
2005年12月ホンジュラス・エル・オコティージョ農園COE品評会 1位受賞完売。
2005年12月エルサルヴァドール・エル・ガティピリン農園COE品評会3位完売
2005年11月ニカラグア・COE3位・ロスシプレス農園完売。
2005年10月コスタリカ・グラン・ソル農園クロップ・オブ・ゴールド3位受賞完売
2005年9月コロンビア・エストレージャ農園COE品評会 3位受賞完売。
2005年8月カッピングセミナー参加
2005年8月ロースターギルド参加
2005年8月コロンビア・ロスノガレス農園COE品評会 1位受賞完売。
2005年7月エスプレッソ研修
2005年COE エルサルバドル「Hermanas Urrutia」珈琲の味方塾で落札
2005年COE ニカラグア「Herrera Ruiz」珈琲の味方塾で落札
2005年6月ボリビア・ペドロ・パタナ農園COE品評会 2位受賞完売。
2005年COE ホンジュラス1位・珈琲の味方塾で落札
2005年SCAAシアトル研修
2005年3月ブラジルCOE3年連続1位落札快挙御陰さまで完売。
2005年ニカラグア研修
2005年パナマ「Finca Santa Teresa 」珈琲の味方塾で落札
2005年LateHarvest「Fortaleza 」珈琲の味方塾で落札
2005年COE コロンビア1位 「Los Nogales」珈琲の味方塾で落札
2005年1月スタッフが、バリスタ選手権九州大会へ出場する。
2004年12月2日珈琲の味方塾でボリビアCOE2位を落札しました。
2004年11月18日珈琲の味方塾でブラジルCOE 3年連続1位落札しました。
2004年10月1968年製プロバットUG22焙煎機械を導入する。
2004年8月焙煎の研修にデンバーにキーストンで行われたロースターギルド初参加
で参加チーム.スリーピングジャイアントで優勝)
2004年7月ニカラグア2位を珈琲の味方塾で落札(昨年は1位落札)
2004年7月13日のホンジュラス・COE1位の『El Pezote』を珈琲の味方塾で落札
2004年6月パナマ5位を珈琲の味方塾で落札
2004年6月22日のエルサルバドル・COE4位の『El Tesoro』を珈琲の味方塾で落札
2004年6月ロンドン経由でザンビアへ研修
最終日にハイネスコーヒーに行けた事が今年最高の至福。
2004年5月アトランタSCAA参加 シアトルでゾッカ、カフェダルテ、カフェビッタ,等の焙煎工場見学、最終日にハイネスコーヒーに行けた事が今年最高の至福。
2004年3月ラマゾッコのFB70−3連デビットショーマ仕様をさらに改造して性能アップ

2004年イタリアで行われたブラジル・レイトハーベスト・オークションで1位落札
2004年1月29日から2月11日までイタリアへ今年のバリスタチャンピオンの横山氏とバリスタ研修に行く
2004年1月スタッフが、バリスタ選手権九州大会へ出場する。
2003年12月の販売量が、1.200kgを超える
2003年12月 珈琲の味方塾グループとして2年連続ブラジル1位落札
2003年11月初めての中米コスタリカへ研修
2003年 珈琲の味方塾グループとしてエルサルバドル5位落札 2003年10月グァテマラのオルガ女史と打ち合わせ                                  
2003年 珈琲の味方塾グループとしてニカラグア世界1位落札
2003年 珈琲の味方塾グループとしてパナマ1位2位7位落札
2003年 珈琲の味方塾グループとしてコスタリカ世界2位落札
2003年 6月 珈琲の味方塾グループとしてアグアリンパ農園・サマンバイア農園研修
2003年 1月 グァテマラ生産者と打ち合せ 3月 パプァニューギニア生産者と打ち合わせ 4月ブラジル大使館で生産者と打ち合わせ 5月ボストン開催SCAA参加ドミニカ生産者と打合わせ
パプァニューギニアへ国連のITCプロッジエクトで研修に行く
ブラジルへ研修に故人小室氏の案内で行く
1986年詩人&珈琲研究家の井上誠氏にヴォアラ珈琲の名前をいただく。


2004/04/10

ヴォアラ珈琲について

投稿者:ヴォアラ

鹿児島県霧島市の自家焙煎店です。
スペシャルティーコーヒー<生産地域(風土)・農園(生産者)・標高・品種・収穫時期・収穫方法・処理方法・などの品質チェックをカップテストで一定の基準を満たした素材>を珈琲の味方塾で直接共同買い付けして改造プロバット熱風式UG22kg焙煎機で自家焙煎して販売。
シアトルのビバーチェ社のオーナーであるディビット・ショマー仕様の「ラ・マゾッコ」のリニア3グループ(トレーニング用)とEVREPURE(エバーピュアの浄水システムとMazzer Roburがエスプレッソ用とカプチーノ用に使い分けて2台あります。2005年11月現在は、最新のラマゾッコFB5特別デザインマシーンとマッザーミル6台とディリカ浄水システム軟水使用
珈琲の味方としての観点から希望者には、実際使い心地を試してもらったり持ち込みの豆での検証にも応えます。
お店では、カプチーノや、エスプレッソや、夏場は、マンゴのスムージなど無料で試飲出来ます。

FreeDial.gif0120-86-4151(ハロー善い珈琲)フリーダイヤル
http://www.inouecoffee.com/
http://www.umaicoffee.com/


2004/04/09

当店の場所とご連絡先

投稿者:ヴォアラ

〒899-4332
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17 瀬戸口近代車となり(駐車場完備)
Phone 0120-86-4151(フリーダイアル)
Fax 0120-4151-89(フリーダイアル)
携帯電話/PHS/IP電話でのお問い合わせは、0995-46-5183 よろSIKU珈琲屋さん

インターネット地図検索サービスMapFan Webで地図を見る事ができます
以下のURLをwebブラウザーソフトで御覧下さい。
http://kokomail.mapfan.com/receive.cgi?MAP=E130.45.53.6N31.44.4.2&ZM=11

iモードを御覧の方は、下記の文字列をコピーして御覧下さい。
<iモードカーナビ:
<<tokyo,N31.44.04.29,E130.45.53.65>>


2004/03/29

自己紹介

投稿者:ヴォアラ

Tatsuya2
ヴォアラコーヒーの珈琲人の井ノ上です。

毎年、珈琲の基本を学びにアメリカで行なわれるSCAA(アメリカスペシャルティ協会)に参加しています。

スペシャルティコーヒーに適用可能な品質評価基準を習得するために毎年、欧米してコーヒーの基本を学んでいます。

カップオブエクセレンスTMを勝ち取った生産者の中から自分達の気にいった素材を珈琲の味方塾一員として落札し、それに合った焙煎方法と金属フィルターでの抽出方法を条件に、ヴォアラ珈琲を応援してくださる珈琲愛飲家へも日頃の感謝価格で提供していきます。

現在、ヴォアラ珈琲として最適と考えられる設備で焙煎しています。浄水設備(アメリカ製エバアピュア3連特別仕様・活水機ディレカ軟水システム)天日乾燥の生豆のヴォアラ流水洗処理(ユーメール特別仕様洗浄機)にも使っています・焙煎機械(ドイツ製プロバットL5ヴォアラ仕様45°4メーター/エントツ・温度表示豆表面温度表示0.1°単位・冷却4分以内・掃除10日サイクル)・焙煎機械(ドイツ製22Kgプロバット1968年製UG22ヴォアラ仕様/温度表示豆表面温度表示0.1°単位・冷却4分以内・掃除不要煙突水洗掃除仕様)・豆売り専用ミル1台(マルケニッヒ200V単相)・豆売り専用ミル2台(マッザー特別仕様200V3相)・エスプレッソマシーン1台(マルゾッコLB70/3連特注デビットショーマ仕様認定品)・エスプレッソマシーン1台(マルゾッコFB5/2連特注ミストラル)・エスプレッソ専用ミル&カプチーノ専用ミル2台使用(マッザー特別仕様200V3相)・エスプレッソバリスタ選手権専用ミル1台使用(マッザー特別仕様100V)


珈琲の味方塾会員・金属フィルター推進科会員
SCAA会員 4年目
scaa.gif


2004/03/22

ザンビアの生産関係者

投稿者:ヴォアラ

IMG_2665.jpg僕の名刺の写真で盛り上がりました。?


2004/01/29

ヴォアラとは?

投稿者:ヴォアラ
maku.gif 大切にしたい、一粒一粒の個性と存在能力

voila ヴォアラ とは、『ここにこれあり』と言うフランス語です。
ヴォアラ珈琲は、大袈裟ですがカップコーヒーを通じて種子であるコーヒーからの熱い香りのメッセージを香りのカプセルに封じて届けたいと思っています。(ヴォアラ)の名のごとく真に(ここに我あり)と、どんな時にもどんなところでも自分の存在(個性)を香りを媒体に表現し、自らの力で考え行動し、生き抜いていける香りの伝染プロ集団を目指します。

かなり大袈裟な、わかり難い表現ですが、これが巷で噂のヴォアラ語です。

ヴォアラコーヒーの名前は、故人 井上 誠氏に生前頂いた名前です。

これが、コーヒーだ! て叫んでみたいですね。


2004/01/01

スタッフ紹介

投稿者:ヴォアラ

takemoto.jpg

パティシェの竹元です。


2003/12/25

2003年コスタリカコンテスト2位の農園主

投稿者:ヴォアラ

20031203210744.jpg

今年、珈琲の味方塾が、落札したラ・ローサの農園主


2003/12/22

コスタリカで収穫中の丸山さん

投稿者:ヴォアラ

20031203210333.jpg

完熟した実だけを丁寧にピッキングしているので農園主が、雄叫び?


2003年11月コスタリカにて

投稿者:ヴォアラ

今回、初めて中米のコスタリカへ行ってきました。
行った地域で生産者を目の前にしてカッピングでした。